語学に関する素朴な疑問など
by xabon
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
全体
英語
フランス語
スペイン語
日本語
ドイツ語
韓国語
その他の国の言葉
綴り
発音
文法
その他
未分類
最新のトラックバック
フランス語ノート 13
from Blog サイトぅ
スペインファッション用語辞典
from 地中海の街から バルセロナ/..
親になる瞬間から『モンス..
from 魚眼(ぎょがん)しんぶん
マルキンバイオ、サラリー..
from お酢大好きブログ@酢の情報バ..
旅行に忘れてはいけない持ち物
from 国内旅行・海外旅行の豆知識
TOEIC900最短コー..
from TOEIC900最短コース『..
めざせリスニング満点!
from スーパーエルマーでTOEIC..
これで駄目なら英語は諦めろ
from 脳みそ筋肉男が、たった2ヶ月..
闘牛はすごいよ。
from ストレッチ 柔軟
めざせリスニング満点!
from スーパーエルマーでTOEIC..
以前の記事
2015年 05月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
メモ帳
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


約1年ぶりでございます

ずいぶん長らく投稿していなかったものだ

twitterばかりになってしまった
まあ、そんなにしょっちゅう呟いてるわけでもないけど
[PR]
# by xabon | 2015-05-28 22:41 | その他

空中戦

空中戦を否定しておきながら、最後、空中戦だのみというのは如何なものか
[PR]
# by xabon | 2014-06-16 10:36

3連勝

Cerezo相手に押されながらも点を取られず、少ないチャンスではあったがうまいパスワークからきれいに点を取り、これで3連勝 甲府、大宮の上に出た
ま、まだまだ先は長いですが、応援するほうも、だいぶ元気が出てくる展開になってきた
次も手ごわい相手だけれどもいい試合を見たいものだ
[PR]
# by xabon | 2014-05-10 20:08 | その他

GWの終わりに

語学と全然関係ありませんが、
ようやくホーム初勝利です。
前半は「またか」という展開だったけど。
ここから勝ちを積み重ねていければいいなあ。
[PR]
# by xabon | 2014-05-06 19:52 | その他

渋滞

ドイツでも、長期休暇のときには、80キロもの渋滞が起きたりするんですね
[PR]
# by xabon | 2014-04-18 09:50

compromise

最近語学の勉強をさぼってばかり。
おべんきょーに関係なくてもブログを書けるよう、ブログ名を変更した。
これで、おべんきょー以外の話題も書き込むことにする。

今日の出来事。

監督交代。
2014シーズンのトップを切って監督交代だ。一番乗りといっても全然嬉しくないね。でもまあ、とにかくこれで流れが変わりますように。

小保方リーダーの記者会見。
STAP細胞は実在する、ような気がするが、とにかく、小保方さんの脇が甘かった、ということだと思う。
それにしても、水に落ちた犬を棒で叩くような騒ぎで、小保方さんが心の病にならないことをお祈りします。

In the end, I didn't want to compromise my beliefs as a coach.
compromiseは「妥協する」か。なるほど、「妥協したくなかった」というにはこういう風にいえばいいのか。
[PR]
# by xabon | 2014-04-09 21:49 | その他

Onsen

ということで、また、上級編から。
代名動詞。
用法としては、1.「再帰用法」 2.「相互用法」 3.「受け身用法」 4.「その他」 に分類されるとのことである。
そういえば、スペイン語では「再帰動詞」というが、「受け身」は「再帰動詞の受身用法」しか習った覚えがない。スペイン語では受動文ってあまり使わないんですかね? フランス語では「受動文」と「代名動詞の受け身用法」には使い分けがあるようだが?
スペイン語のことは置いておくとして。

La grande majorité des personnes aime tout simplement s'y détendre.
détendre 「緊張を緩和する」 tendre に接頭辞の dé- がついたものですな。se détendre は「自分自身の緊張を和らげる」=「くつろぐ」ということだ。これは「再帰用法」。行為が自分自身に帰ってくる、ということだ。
se déshabiller, se laver devant d'autres personnes
どうでも良いが、仙台というところは銭湯の少ない街で、いわゆる昔ながらの銭湯は4軒くらいしか残っていないとかいう話だったような。私が初めて仙台に来たときは、アパートの近所に2軒くらい銭湯があったが、すぐに1軒が廃業、まもなくもう1軒も廃業した。アパートは風呂のない安アパート(大家さんごめんなさい)で、仕方が無いので大家さんはアパートに共同浴室を作る羽目になった。

On pourrait se tutoyer maintenant, non?
これは相互用法。主語が複数で、「私とあなた」とか「彼と彼女」がお互いに相手に対して何らかの行為をする、というものですな。
Nous nous sommes échangé un regard.

Elle s'est lavé les cheveux et le corps avant d'entrer dans le bain.

代名動詞の複合過去では、再帰代名詞が直接目的語の役割を果たしているかそうでないかで、過去分詞の語尾変化が違ってくるので注意、という話だ。直接目的語であれば、過去分詞は性数の一致をさせなければならない。間接目的語ならそれは必要ない。

Tu te lèves tous les matins à 4 heures? C'est très tôt!
朝4時は早すぎるね。私は昔は5時くらいに起きられたものだが、最近は6時に起きるのがやっとだ。それも目覚まし代わりにラジオのタイマーをセットしてだ。今はタイマーが遅れていて、実際にラジオが鳴り出すのが6時10分くらいで、それまでは目が覚めない。
Vous vous êtes parlé récemment?
これは相互用法だな。「話合ってるかーい?」
Ces livres se vendent très bien en ce moment!
en ce moment は「いま」、à ce moment は「そのとき」だ。 se vendre は「売られる」 受け身用法だ。
英語では sell は「売る」と「売れる」という、他動詞と自動詞の意味があるが、フランス語では自動詞の意味を持たせるには代名動詞として用いる、ということですな。

Je me couche tous les soirs à minuit.
夜更かしだね。私も夜更かしすることはあるが、次の日が休みとか、でなきゃ仕事上片付けないといけないことがあるとか、そういうときだけだ。
Elles se sont accordé un mois de vacances.
これはフランスならではですな。スペインとかでもいいのだが、少なくとも日本では un mois de vacances ということはなかなか難しい。
Je me prépare pour aller à le travail.
Ils se sont serré la main.
これは「彼ら」が「彼+彼女」であっても ils で、「彼女+彼女」である場合に限り elles だ。「彼女+彼女」の場合には通常は「彼ら」とはいわず「彼女ら」というだろう。フランス語やスペイン語では「男女のペア」は文法的に 「彼ら」 (フランス語でいえば ils)でなければならないようだ。日本語は「緩い」ので、「彼+彼女」であっても「彼女」の方に主眼が置かれている、と、書き手が強調したければ「彼女ら」と書かれることがあるかもしれないし、それで文法的に正しくないということにはならないと思われる。
英語では shake hands であるが、フランス語で代名動詞を用いた場合には「手」は単数形なのだな。お互いに相手の手を握るので、握る対象になるものは1つの手だけ、ということだな。
Elle s'est promenée le long de la rivière.
[PR]
# by xabon | 2014-03-19 22:13 | フランス語

Koshien

職場だけでなく家でまでPCの前に座って連日数時間も仕事をしないといけない状況だと、その後語学の勉強までしようという気に、なかなかなりませんな。

ラジオのフランス語の上級編でいまやっているシリーズ。先週、甲子園と高校野球をテーマにしたスキットを放送していた。Marineさんが、サッカーより野球のほうが面白い、と言っていたようである。フランス人でもそういう人もいるのだな。私は野球よりサッカーが好きだ。
全然関係ないが、飛行機はどこに? 信号発信装置は機内から切れないようにしておくべきですな。

さて、まもなく新学期だ。4月からの目標は、ちょっとでもいいから何か勉強して、ブログに書き込む。
4月からではなく、早速今日からそういうことにしよう。

そのフランス語講座で関係代名詞の解説をしていたので、関係代名詞の復習。
Regarde ces deux garçons qui se lancent la balle!
この qui が関係代名詞。フランス語では pronom relatif というようだ。関係節の主語になるものは qui、直接目的語、属詞になるものが que。先行詞は物でも人でも良い。

Le Koshien, c'est la stade dans lequel se déroule, chaque année en août, le tournoi final du championnat de baseball inter-lycées.
dérouler「広げる」 se dérouler 「繰りひろげられる、展開する」

lequel は「基本的に前置詞を伴う関係代名詞」。性・数による語形変化がある語。
lequel, laquelle, lesquels, lesquelles。
前につく前置詞がà、deの場合には縮約形になる。
auquel, à laquelle, auxquels, auxquelles
duquel, de laquelle, desquels, desquelles

Ce n'est pas du tout ce à quoi je pensais...
関係代名詞の先行詞が ce の場合、用いることのできる関係詞は qui、あるいは que のみ。
これに前置詞がつく形の文になる場合は、前置詞+quoiということになる、ということだ。

Ces événement sportif dont tu me parles doivent être populaire auprès des Japonais, non?
dontは、それ自体に de を含む関係代名詞で、ここでは parler de +名詞 の de+名詞 に相当する。
de quoi と dont の違いはほとんどない、と解説されている。

Il y a un endroit où tu souhaites aller pour que je me fasse pardonner?
oùは時間・空間を表す名詞の代わりとして関係節内で働く。時空間を表す前置詞、à, en, chezなどを含むものとみなして関係節のなかで副詞句として機能する。関係副詞と呼ぶほうがより適切、と、講師の先生は言ってますな。

J'ai laissé le dossier que tu m'as demandé sur ton bureau.
dossier は「背もたれ」「一件書類」「ファイル」「問題」などのいう意味で辞書に載っている。ここでは「背もたれ」ではなさそう。
L'homme dont tu es amoureuse est une personne formidable.
être amoureux de 「...に恋いしている」
Les objet auxquels je suis attaché n'ont aucune valeur commerciale.
attacher à「執着する、愛着を覚える」

La femme qui nous a saleués est une amie.

C'est ce contre quoi je ai toujours lutté.

Le musée près duquel j'habite est le musée Grévin.

L'université dont je parle ost l'Université Lyon 3.

Je ne comprends pas la raison pour laquelle vous refusez mon invitation.

問題もあるし、ちょうどいいね。さかのぼって以前の分も復習することにしよう。
[PR]
# by xabon | 2014-03-16 21:49 | フランス語

文法のおさらい

しばらくフランス語の勉強をしていなかったのですっかり文法も忘れてしまった。
初級から復習することにする。
名詞の性数。こんなところからやり直しだ。
男性名詞と女性名詞。
男女の対になるもので全く形が異なるもの。
père - mère
frère - sœur
coq - poule 雄鶏と雌鶏
など
男女が同一語幹で語尾で男女を区別するもの。
étudiant - étudiante
ours - ourse これは熊
acteur - actrice 男優と女優
横道のそれるが、語尾が-eur のフランス語の単語は、英語では -or になるんですかね。actor、professorとか。とか、というが、他に何があったかすぐには出てこない。
しかし、男性名詞の語尾が -eurであっても、女性名詞の語尾は違う、というものがあり、
chanteur の女性形は chanteuse だ。
形容詞の男性形・女性形に準じているということで、基本は女性形は男性形+ -e。
男性形が「母音字+n」で終わるもののうち、-ien, -onで終わるものは-ienne, -onne という綴りになる。
男性形が -eux のものは女性形は -euse
-f のものは -ve
-er のものは -ère
-eur のものは -euse
なぜ女優が acteruse でなく actrice になるのかはわからない。

chien - chienne これは犬 ネコは chat - chatte
また横道にそれるが、ネコの鼻先は truffe, 鼻面は museau、ひげは moustaches で、これは人間の口ひげと一緒ですな。足はpatte ぷにぷにしたところ(肉球)は coussinet 指はdoigtであるが親指に当たる部分はergot。爪はgriffe。

男女同形のもの
élève 「生徒」 enfant 「子供」 touriste 「観光客」など。

文法上、一方の性しか持たないもの。ministre, professeur, crocodile など。大臣、先生などは、かつては男性の職業とされていたもの、ということであろう。ワニの女性形がないのは何故?
女性の先生などは un professeur femme とか une femme professeur などとする。前者は女性であっても文法上の扱いは男性だ。
女性名詞しかないもの。dupe, victime, girafe など。「だまされた人」「犠牲者」など、弱い立場のものは女性扱いされてきたのだな。
Il a été la dupe d'un escroc. おれおれ詐欺ですかね? フランスではおれおれ詐欺なんて成立しないんだろうな。「自分の面倒は自分でみなさい」とか一喝されておしまい。
[PR]
# by xabon | 2014-02-24 22:11 | フランス語

第24週(4)

過去完了形の復習。
Er hat völlig vergessen, was er gesagt hatte.
過去からみて既に完了したことを表現するのに用いられる。haben/seinの過去形+過去分詞の形。
Als ich am Bahnhof angekommen bin, war der Zug schon abgefahren.
Nachdem er seinen Aufsatz geschrieben hatte, hat er erfahren, dass jemand schon über das Thema ein dickes Buch geschrieben hatte.

愛情表現、他人に対する評価の表現。
Er gefällt mir.
Ich mag ihn sehr.
Ich habe dich lieb.
Ich liebe dich.
非常に好意的な表現。sehr sympathisch, total lieb
好意的な表現。sympathisch, lieb, nett
ネガティブではない、と言う程度ですかね? ganz nett, ganz okay
ややネガティブな評価。nicht so nett, unsympathisch
否定的な評価。arrogant, total unsympathisch

夫婦間、恋人間での愛称 (相性ではなく)。 Kosenameというらしい。
男性・女性いずれに対しても用いられる Schatz, Schätzchen 「宝物」
女性から男性に対して Teddy, Teddychen, Teddylein, Bärchen 「クマちゃん」
男性から女性に対して Mäuschen 「ネズミちゃん」 日本では、喜ばれるかどうか Häschen 「ウサちゃん」 ウサギならまあまあか、Engel, Engelchen 「天使」、Süße 英語なら my sweet というところかしらん、ま、いずれにしても、日本人にはちょっと言えないかな、と思う。

書いて覚えるページ。このシリーズもようやく最後までたどり着いた。
Karl Lügner ist Pharmazeut.

Er arbeitet bei einer Pharmafirma in Bonn.
「会社で」の「で」は beiで表すのだな。

Er hat im ICE eine Frau kennen gelernt.
ICEはIntercityexpress「都市間特急」で、Expressが男性名詞だからICEも男性名詞なのだな。

Nachdem Karl mit ihr Kaffee getrunken hatte, ist er eingeschlafen.
「一杯のコーヒー」というつもりであれば Kaffee に einen という冠詞をつけることもありうるようだ。

Als er aufgewachte, war seine Tasche weg.

Er beschäftigt sich mit einem Projekt.

Das Medikament, das er entwickelt, aktiviert die Gehirnzellen enorm.

Aber das Medikament hat tödlich Nebenwirkungen.

Er hat seiner Kollegin Lisa über sein Projekt Lisa erzählt.
これだと同僚は一人しかいない、ということになるんですかね? 何人かいる同僚のうちの一人、という場合でもこれでいいのかしらん?

Als Karl in einer Bar in München war, war Dr. Schmidt mit einem Mann dort.

Dr. Schmidt kauft Aktie von einer ausländischen Firma.

Die Firma stellt Waffen her und hat mit Terroristen zu tun.

Karl wurde von einem Auto angefahren.

Karl hat in einem Keller Dr. Schmidt getroffen.

Arbeiten Sie für uns!

Ich forschen um Menschen zu helfen, nicht um sie zu töten!
um ... zu か。そんなのがあったような。

Wenn Sie doch mehr Verstand hätten!
接続法2式か。そんなのがありましたな。

Sie sind verhaftet, Dr. Schmidt.

さて、次は、もう少しサボらずに勉強しないと。
英語とフランス語のやりかけがあったが、それはリセットして、フランス語の復習をしますかね。フランス語検定3級受験目指して。
[PR]
# by xabon | 2014-02-02 22:14 | ドイツ語

第24週(3)

愛情の表現、人の評価の表現。

nett 辞書では「親切な」とあるが、テキストによると「その人の印象や一般的な行為から、肯定的・好意的評価を下す」とある。自分の身内や恋人に対して使うと不自然になるようだ。
Die Beamtin war so nett. Sie hat mir geholfen.

lieb 辞書には「愛する」「好ましい」「心の優しい、親切な」といった意味で載っている。これは恋人に対しても使えるとのことである。
Mein Freund bringt mir immer Blumen mit. Er ist so lieb zu mir.

Er gefällt mir. 「私は彼を気に入っている」 少し上から目線の表現になるようだ。
Ich mag ihn sehr. 恋愛感情は入っていないとのこと。
Ich habe dich lieb. 恋愛感情を表すのに多く用いられる表現らしい。
Ich liebe dich. これは強い恋愛表現で、ここぞというときにしか使わないとのことである。
[PR]
# by xabon | 2014-01-08 21:17 | ドイツ語

第24週(3)

vonの様々な用法。
「...の」「...から」という意味が代表的であるが日本語の「...の」「...から」とはだいぶ離れた用法もある、ということだ。
Das war nicht klug / dumm von mir.
英語でも of を、評価を表す形容詞とともに用いて、その評価の対象になっている人物を示すのに使いますな。
Es war sehr nett von Ihnen, dass Sie mich besucht haben.

Er ist Fremd von mir.
Er ist mein Freund. となると「私の友人は彼しかいない」という意味が含まれるのだろうな。英語の He is my friend. というのはそういうことだ、と、マーク・ピーターセン先生が書いていた。たくさんいる友人のなかの一人、ということなら He is one of my friends. とかいわないといけないのだろう。ドイツ語では上の文のように言う、ということだな。Er ist einer meiner Freunde. は文法的には誤りでないが好まれないとのこと。
Jeder von uns hat seine Fehler.
ドイツ語では jeder の所有冠詞は sein で受けるのだな。ihrじゃないんだ。ドイツではpolitical correctnessというのはどういう状況になっているんですかね?

Das ist eine Nachricht von großer Wichtigkeit.
英語でも、of +抽象名詞で、形容詞句になったりしますな。

Hast du das Angebot abgelehnt?
Ja, das war dumm von mir.

Hat er den Vorschlag abgelehnt?
Ja, das war nicht lug von ihm.

Hat sie dir geholfen?
Ja, das war freundlich von ihr.

Haben sie dich besucht?
Ja, das war nett von ihnen.
[PR]
# by xabon | 2014-01-07 21:16 | ドイツ語

第24週(2)

あと1日と少しで今年もおしまいだ。早いものだ。

過去完了形。
過去の時点を基準として、それ以前に完了している事柄を表す。haben/seinの過去形+過去分詞。
Als ich ihn besuchen wollte, war er schon umgezogen.
umgezogen は umziehen 「引っ越す」の過去分詞。ziehen は「引く」という動詞。
Seine Kinder waren schon ins Bett gegangen, als er mit den Geschenken für sie nach Hause gekommen ist.
Nachdem ich gegessen hatte, habe ich ein bisschen ferngesehen.

Konnten Sie ihn sehen?
Nein, er war schon nach Hause gegangen.

Konnten Sie den Zug nehmen?
Nein, der Zug war schon abgefahren.

Konnten Sie sie anstellen?
Nein, sie hatte schon angefangen, bei einer andern Firma zu arbeiten.

Konnten Sie Herrn Schmidt sehen?
Nein, er hatte schon die Firma verlassen.
[PR]
# by xabon | 2013-12-30 20:50 | ドイツ語

第24週(1)

昨日今日と寒かった。サッカー日和ではなかったね。かなり厚着をして出かけたが、それでも体の芯まで冷え切ってしまった。来週もまたサッカー観戦だ。少しは暖かい日でありますように。

Akiko — ihr richtiger Name ist Erika Schröder — arbeitet für Interpol! Sie hatte als Angestellte der PharmaX mit Dr. Schmidt gearbeitet, um an den entscheidenden Beweis zu kommen.
Angestellte は「サラリーマン、社員」 entscheidend 「決定的な」 entscheiden 「決める」という動詞の派生語だな Beweis 「証明、証拠」

Sie sind von Interpol? Warum haben Sie mir dann im Zug dieses Schlafmittel gegeben?
国際警察だからって、他人に睡眠薬飲ませて鞄の中身を勝手に調べる権利はないのではないかと思うがどうなんですかね? お話だからいいのか?
Es tut mir sehr leid. Damals war ich nicht sicher, ob Sie wirklich nichts wussten. Auf der Speicherkarte habe ich nichts Kriminelles gefunden. Aber sie war mit einem besonderen Computervirus infiziert.
3格+leid tun 「...を残念に思わせる、申し訳ないことである」 damals は「当時、その頃」 sicher「確かな」 他に 「安全な」 という意味もあるがここでは前者の意味で用いられているようだ Kriminell は形容詞 kiriminell 「犯罪の」の名詞化したもので、nichts Kriminelles で「犯罪になるようなものはなにもない」ということだ infiziert は infizieren「感染する」の過去分詞.

Dieser Virus schickt Kopien aller Dateien und Mails an eine bestimmte Person.
schicken 「送る」 aller Dateien und Mails は2格で、「全てのデータとメールのコピー」ということだと思うがDateienとMailsと両方まとめてallerという語がつくのだな
An Herren Schmidt! So ist er also an meine Daten gekommen.
kommen は an+4格と共に用いて「手に入れる」という用法があるのだな.他にもいろいろあるみたいだ. um+4格 で「...を失う」、auf+4格「思いつく」、など。
Genau. Deshalb habe ich Ihren Computer zu Hause überprüft. Da er genauso infiziert war, habe ich den Virus beseitigt. Das war aber nicht klug von mir. Denn dadurch dachte Herr Schmidt,dass Sie von seinem Vorhaben wüssten. Deshalb musste ich schnell handeln.
überprüfen 「検査する、点検する」 genauso「まったく同じように」 beseitigen 「取り除く」 klug 「利口な、賢明な」 Vorhaben 「計画」 vorhaben「予定している」の派生語で中性名詞. handeln 「商売をする、取り扱う」「行動する」

Nach einer Woche. In einem Restaurant.
Ist alles wieder in Ordnung?
Ja, endlich. Ich habe der Polizei alles erzählt. Ich werde auch vor Gericht aussagen.
Gericht 「裁判」 aussagen 「陳述する、供述する」
Und was machst du jetzt mit deinem Projekt?
Ich habe das Projekt aufgegeben und arbeite jetzt an einem neuen.
aufgeben は「断念する、諦める、放棄する」
Und was ist das für ein project?
Ich möchte dein Herz gewinnen, Lisa. Ich liebe dich. Ich konnte es dir in letzter Zeit einfach nicht mitteilen.
einfach 「簡単な」 mitteilen 「伝える」
Karl, ich bin so froh, dass du lebst ...
froh 「喜んでいる」 leben 「生きている」
Lisas Lippen nähern langsam denen von Karl.
[PR]
# by xabon | 2013-12-15 21:51 | ドイツ語

第23週(6)

寒いです。明日も寒い予定です。明日はユアスタでサッカー皇后杯があります。見に行きます。ご当地チームが勝って欲しいが、それ以上に、けが人がでなきゃいいけど。今季の開幕戦も雪でした。今年のレディースは天気には祟られました。

第23週の復習。
使役の助動詞 lassen
lassen + 4格目的語 + 不定詞. 「誰々に...をさせる」「誰々に...してもらう」
Die Mutter ließ die Kinder weiter schlafen.
Ich lasse das Auto reparieren.

話法詞、心態詞。
wohl 「おそらく、多分」
Du hast wohl Recht.

doch 「...じゃないか」
Das war doch so, oder?

ja 「...だからね」
Ich bleibe zu Hause. Draußen ist es ja so heiß.

aber 「...だなあ」
Du spielst aber gut Tennis!

denn 「一体...の?」
Was machst du denn da?

応用。
関係代名詞。2格、3格、前置詞と使われる場合。
2格。男性・中性名詞では dessen、女性・複数名詞は deren。
3格。男性・女性・中性名詞では定冠詞と同じ形、ということは dem, der, dem、ということだな。複数名詞では定冠詞の den と異なる denen という形。前置詞+関係代名詞、という使われ方をする場合には、関係文の先頭に「前置詞+関係代名詞」というセットで置かれる。

Ich habe einen Freund, dessen Frau eine berühmte Sängerin ist.
( Ich habe einen Freund. Die Frau des Freundes ist berühmte Sängerin.)

Die Kinder, denen ich geholfen habe, waren mir sehr dankbar.

Wer ist der Mann, mit dem Karl spricht?

Lisa hat eben mit der Frau gesprochen.
Wo ist die Frau, mit der Lisa eben gesprochen hat?

Karl dankt dem Professor.
Wo ist der Professor, dem Karl denkt?

Der Vater der Studentin ist Politiker.
Wo ist die Studentin, deren Vater Politiker ist?

Du arbeitest mit dem Mann zusammen.
Wo ist der Mann, mit dem du zusammen arbeitest?

引き続き復習問題 「書いて覚えるページ」
関係代名詞 1格から4格まで
男性名詞 der - dessen - dem - den
女性名詞 die - deren - der - die
中性名詞 das - dessen - dem - das
複数名詞 die - deren - denen - die

Ich kaufe einen Regenschirm, der sehr leicht ist.
とても強い風の日に、傘を一本駄目にしてしまった、というか、風に向かって傘をさしたら風に押されて骨が大きく曲がってしまったのでそれを直せばまだ使えるのかもしれないがすぐには直せないので一本新しい傘を買った。カーボンファイバーの骨とかいうので軽くて丈夫らしいが値段も高めであった。壊すともったいないのでおっかなびっくり使っている。まあ、壊れたら仕方がないが、失くしたり盗まれたりしたらショックだな。
Das ist die Frau, mit der Frank jetzt zusammenwohnt.
一緒に住んでいるといってもいろいろあるようだ、とダニエル君が言っていた。
Deutsch ist eine Sprache, deren Grammatik ein bisschen kompliziert ist.
ドイツ語の文法は確かに難しい。しかし英語は文法でないところがややこしかったりするから、文法が難しい言語だけが難しい言語とはいえないだろう。ラテン語の文法はドイツ語よりもっと難しいような気がする。
Hast du das Buch gelesen, das ich dir geschenkt habe?
自分の好きな本が、他の人も好きとは限りませんな。私は村上春樹が好きだが。

Das Kind geht in die Stadt.
Ich lasse das kind in die Stadt gehen.
お遣いですかね?
Der Mann geht zum Rathaus.
Ich lasse den Mann zum Rathaus gehen.
市役所に行かせるというのはどんな用事ですかね?
Das Baby schläft.
Ich lasse das Baby schlafen.
寝た子を起こすなというし。
Er putzt das Fenster.
Ich lasse ihn das Fenster putzen.
Ich lasse das Fenster von ihm putzen. ともいえるようだ。

Er lässt das Auto reparieren.
日本語では修理工場に持ち込んで修理してもらうような場合でも簡略に「車を修理する」ということが多いと思うが、ドイツ語では自分が直すのでなければ、reparieren lassen なのだな。これは英語やフランス語でも同じようだが。
Ich lasse mich die Haar kurz schneiden.
「髪を切る」も「切って貰う」だ。
Du hast aber viele Bücher.
「それにしても」みたいなニュアンスか。
Wo warst du denn gestern?
これは「一体全体」みたいなニュアンスであろう。
Das habe ich dir doch gesagt.
「だから言ったでしょ」というところ。
Das wird wohl wahr sein.
wohlは「多分」
Nimm doch den Mantel mit. Draußen ist es ja kalt.
「ほら、外は寒いんだから」みたいな。
Ich fahre morgen nach Deutschland.
Weil Ich mich erkältet habe, kann ich nicht mehr zur Universität gehen.
weilを使うのか。
[PR]
# by xabon | 2013-12-14 22:06 | ドイツ語

第23週(4)

日本語とドイツ語の時間のとらえ方のずれ
Ist er schon da? そのまま訳せば「彼はもういますか」だが日本語では「彼はもう来ましたか?」が自然だ、というようなことだな.
Sie sind verhaftet.

Es tut mir leid, ich bin erkältet und kann nicht mehr zu Party gehen.
日本語では「行けなくなった」というように「...になった」というような言い方がよく使われるがドイツ語では「...になる」という言い方はしないということだ.

Ich fahre mögen nach Deutschland. / Ich bin ab morgen in Deutschland.
「明日からドイツに行く」というが、1週間滞在するとして、「行く」のは明日だけで、明後日はドイツに「居る」けれども「行く」わけではない、という理屈だな.
Der Unterricht beginnt um 10 Uhr.
授業が「始まる」のは10時で、始まった後、11時とか11時半までとか続く、のであって、10時に始まり、また10時10分にまた始まり...、とかいうわけではないので、ドイツ語では「10時に」始まるが、「10時から」は始まらないのだな.

Der Unterricht beginnt um 9 Uhr.

Ich fahre übermorgen nach Deutschland.

In einer Stunde bin ich wieder hier.
「1時間で戻る」は「1時間後、ここに居る」というのだな. 「戻る」「帰ってくる」という語がないが、ドイツ語ではそういう言い方をする、ということだ.

Es tut mir leid. Ich kann nicht mehr ins Konzert gehen.
[PR]
# by xabon | 2013-12-08 19:31 | ドイツ語

第23週(3)

話者の判断、信条を表す言葉、話法詞、心態詞
判断を表す言葉を「話法詞」、心情を表す言葉を「心態詞」というとのこと。
wohl 「多分」
Ich habe wohl keine andere Wahl.
Das kann man wohl sagen!
 「そうともいえるだろうな」てな感じ?

doch 「...じゃないか」  否定されかかっていることを、強く肯定する
Du bist doch kein Kind mehr!
「いやいや、おまえももう子供じゃないんだから」みたいな感じか。

ja 「...だからね」 相手が知っていると思われることを挙げたり、確認したりする
Du weißt ja, wie Herr Schmidt ist.

aber 「...だなあ」 自分が想定しなかったことを認めて驚きを表す
Du bist aber groß geworden.

denn 「一体?」 疑問文に使われ、自分の関心が高いことを表す
Was machst du denn da?

Bleib zu Hause und lern fleißig.
Ich habe doch die Hausaufgaben gemacht!

Du darfst nicht abends ausgehen.
Ich bin doch kein Kind mehr.

Ich kann nicht mitkommen. Ich muss arbeiten.
Das ist aber schade.

Ich nehme das Medikament.
Du bist wohl nicht richtig bei Verstand.
[PR]
# by xabon | 2013-12-03 21:23 | ドイツ語

第23週(2)

使役の助動詞 lassen
ドイツ語では lassenは助動詞扱いなのだな。lassen +4格目的語+不定詞で、「誰々に...させる」「誰々に...してもらう」という使役文になる。
ich lasse, du lässt, er lässt, wir lassen, ihr lasst, sie lassenと主語の格により変化する.
不定詞が自動詞であれば4格目的語は不定詞の意味上の主語になる.

Ich lasse ihn arbeiten.
Er lässt sie in die Stadt gehen.
不定詞が他動詞の場合には、不定詞の意味上の主語の4格目的語と不定詞の目的語の4格が連続する。
Ich lasse meinen Sohn das Auto waschen.
息子に車を洗わせるのだな。waschenの動作主が meinen Sohnで、waschenの目的語がdas Autoというわけだ。
Er lässt das Auto waschen. と、意味上の主語を省略することが多いとのことだ。また、意味上の主語をvonで示すこともあり、Er lässt das Auto von seinem Sohn waschen. ということもある。
Ich lasse mir die haare kurz schneiden.

Dein Sohn langweilt sich.
Ja, ich lasse ihn draußen spielen.

Deine Tochter will den Film sehen.
Ja, ich lasse sie ins Kino gehen.

Deine Schüler sind faul.
Ja, ich lasse sie fleißiger arbeiten.

Lisa wacht nicht auf.
Ja, ich lasse sie schlafen.
[PR]
# by xabon | 2013-11-28 21:22 | ドイツ語

第23週(1)

Dr. Schmidts grausamer Plan ist an den Tag gekommen. Was macht Karl jetzt?
grausam 「残忍な」
関係ないが、シュミット君の来季チーム加入が内定したとかいうことだ。
Arbeiten Sie für uns?
Nein. Das kann ich nicht machen.
Sie haben keine andere Wahl. Nicht für uns arbeiten bedeutet Ihren Tod.
Wahl は女性名詞で、「選択」
Dann bringen Sie mich um.
umbringen は「殺害する」
Bitte lassen Sie uns gehen!

Ich verspreche Ihnen ein Vermögen. Sie können weiter in Ihrem Labor arbeiten. Niemand würde es merken.
versprechen は「約束する」 Vermögen は中性名詞で「財産」 merken 「気付く」
Ich forsche, um Menschen zu helfen, nicht um sie zu töten!
forschen は「研究する」 
Ich frage Sie zum letzen Mal. Arbeiten Sie für uns oder nicht?
Nein.
Schade. Dann habe ich wohl keine andere Wahl.

Dr. Schmidt hält seinen finger am Abzug. Er drückt ab. Nichts passiert. Akikos Stimme hallt im Keller.
Abzug は男性名詞で、ここではどう考えても銃の「引き金」ですな. abdrücken は「銃の引き金を引く」  hallen 「(声が)響く」 
Sie sind verhaftet, Dr. Schmidt!
verhaften は「逮捕する」 ここでは受動文で、verhaftet は過去分詞ですな。
Wie bitte? Was hast du gesagt?
Sie sind wegen Mordversuchs, Unterschlagung und krimineller Machenschaften verhaftet.
wegen 「...のために」 Mordversuch 「殺人未遂」 Unterschlagung 「横領」 unterschlagen が「横領する」 kriminell 「犯罪の」 Machenschaft 「「陰謀」 
Was soll das, Akiko?
Ich heiße nicht Akiko. Mein Name ist Erika Schröder. Und ich bin Oberkommissarin von Interpol.
Oberkommissarin は ober と Komissar の合わさった言葉の女性形だな。Komissar は「警部」 oberがつくのは「上級」ですかね。「警視」と訳されているな。インターポールの警部だったのだな。銭形のとっつぁんか。
[PR]
# by xabon | 2013-11-27 20:24 | ドイツ語

第22週(6)

書いて覚えるページ。
1格と4格の関係代名詞。
男性 1格 der 4格 den
女性 1格 die 4格 die
中性 1格 das 4格 das
複数 1格 die 4格 die

「君が昨日見た映画は何ていうの?」
Wie heißt der Firm, den du gestern gesehen hast?
もともと学生の頃までは映画を見なかった。その後たまに映画館に行くこともあったがこの20年で映画に行ったのは子供に付き合ってポケモンを見に行ったくらいだし、それももう10年くらい昔のことになってしまった。

「カールが今開発している薬には致命的な副作用がある」
Das Medikament, das Karl jetzt entwickelt, hat tödliche Nebenwirkungen.
天才になれるけどやがて薬の効き目がなくなり元に戻ってしまう、とかね。まあ元に戻るだけならまだましかも。凄いアスリートになれるけれど体がぼろぼろになる、とか、女性の身体が男性化してしまう、とかいうアナボリックステロイドもありますな。

「君は教授が綿湿地に勧めている論文をもう読んだかい?」
Hast du den Aufsatz, den Der Professor uns empfiehlt, schon gelesen?
それはすぐ読まないと。

「私はドイツ語で書かれている小説を読むのが好きだ」
Ich lese gern Romane, die auf Deutsch geschrieben sind.
ドイツ語で小説が読めたとして、読みたい小説というものは思いつかないな。ドイツ語で書かれた小説で読んだのはカフカぐらいか。あれをもう一度読むのは、精神的に辛い。初めて読んだときも辛かったが。カミュをフランス語で読むのとどっちが辛いかといえば、どっちもしたくない。

「私は、私の夫と話している女性を知りません」
Ich kenne die Frau, die mit meinem Mann spricht, nicht.
怪しい? Ich kenne die Frau nicht, die mit meinem Mann spricht.でも良いのだな。

「君の助けで私はその問題を解決できる」
Mit deiner Hilfe kann ich das Problem lösen.
= Ohne deine Hilfe könnte ich das Problem nicht lösen.

「そのお金で彼女はその家を買える」
Mit dem Geld kann sie das Haus kaufen.
= Ohne das Geld könnte sie das Haus nicht kaufen.

「その新しいコンピューターを使えば、それはたやすい」
Mit dem neuen Computer ist das einfach.
= Ohne den neuen Computer wäre das einfach nicht.
ist は wäre にせんといかんのだな。それにしても形容詞の格変化が相変わらずわかってない。

「彼はSabineに、彼女に明日その本を返すと約束した」
Er hat Sabine versprochen, ihr morgen das Buch zurückzugeben.

「私は冬にオーストリアに行く予定です」
Ich habe vor, im Winter nach Österreich zu fahren.

「私はもうすぐ君に会えることを願っています」
Ich hoffe, dich bald zu sehen.

「彼女はその子供に、1時間以上コンピューターゲームで遊ぶことを禁じた」
Sie hat dem Kind verboten, über eine Stunde mit dem Computerspiel zu spielen.
[PR]
# by xabon | 2013-11-18 21:05 | ドイツ語

第22週(5)

復習。
4格の関係代名詞。4格の定冠詞と同じ形。英語と異なり、関係代名詞を省略することはできない。
Wo ist das Buch, das ich gestern gekauft habe?
Der Computer, den ich benutze, ist schon ziemlich alt.

wennの無い仮定文。接続法2式を使った文で、仮定の部分が wenn に導かれる節でなく、主文の中の要素で表される場合がある。
An deiner Stelle würde ich das nie machen.
Ohne seine Zustimmung wäre der Plan umrealisierbar.

不定関係代名詞 wer, was。どちらも先行詞なしで「およそ…である人」「およそ…である物」を表す。
諺などによく使われる、ということである。ドイツの諺はよく知らないが。
Wer nicht arbeitet, soll auch nicht essen.
「働かざる者食うべからず」
ドイツでもそうですか。まあ、ドイツはそうだろうな。イタリアあたりじゃ違うかも。「頭のいいやつは働かなくても食っていける」みたいな。
Wer zuletzt lacht, lacht am besten.
「最後に笑う者が最もよく笑う」
Wer A sagt, muss auch B sagen. 「Aと言ったらBも言わなければならない」 日本だと「乗りかかった船」ということになるようだ。「毒喰らわば皿まで」はちょっと違うかしらん?
Wer nicht hören will, muss fühlen. 「聞く気が無いものは感じなければならない」 テキストでは「=言うことを聞かないとひどい目に遭うぞ」とあるが、なんかピンと来ませんな。
Was schön ist, ist nicht immer gut. 「美しいものがいつも良いとは限らない」 これはまあわかる。日本の諺にこれに当たるものはないかもしれないが。
[PR]
# by xabon | 2013-11-13 21:41

第22週(4)

10月半ばから多忙である。まあ、忙しいといっても、本当に忙しい人からみたら大した忙しさではないかもしれないが、私にとっては十分忙しい。別に、近所に本拠地を置く野球チームの応援に忙しかったわけではない。まだまだ忙しい日々は続く。いつになったら解放されるやら。

目的語にzu不定詞をとる動詞
empfehlen 「...に〜することを勧める」
Der Professor hat mir empfohlen, das Buch zu lesen.
hoffen 「望む」英語の hope ですな。
Ich hoffe, Sie bald weiterzusehen.
versprechen「約束する」
Sie hat mir versprochen, mich Abendessen einzuladen.
einladen は「招待する」 ich lade ... ein, du lädst ... ein, er lädt ... ein, wir laden ... ein, ihr ladet ... ein, sie laden ... einと活用する。du, er のところで変音する。過去形 lud ... ein.
vorhaben「予定する」
Wir haben vor, zu Weihnachten nach Deutschland zu fahren.

Was hat sie dir versprochen?
Sie hat mir versprochen, mir das Buch zu leihen.

Was hat er dir versprochen?
Er hat mir versprochen, die Ware zu kaufen.
消費税が上がるからね。

Was haben Sie jetzt vor?
Ich habe jetzt vor, ein Haus zu kaufen.
消費税が上がる前にね。
我が家も、家のメンテで○○万円かかるらしい。来年になる前に終わらせないと、私の1ヶ月分の小遣いくらい違ってくる。その分、「今月はお小遣いなし」などと言われると困る。

Was hat sie ihm empfohlen?
Sie hat ihm empfohlen, den Plan aufzugeben.

Was haben sie gehofft?
Ich habe gehofft, das Geld zu bekommen.
[PR]
# by xabon | 2013-11-05 21:11

第22週(3)

モンテが赤いチームに勝ちましたな。2010年のJ1での対戦を見て以来であったが、あのときとは内容が全然違った。あのときは、モンテディオが「おしん」のように赤いチームの攻撃を耐えまくり、虎の子の1点を守りきった、という試合だったように記憶している(記憶違いかもしれんが)が、強は打ち合い。まあ、見ていて面白い試合であった。赤いチームのサポーターにはストレスの溜まる試合であったかもしれん。

wennの無い仮定文。

接続法2式を用いた文で、仮定が wenn でない形で示されている場合がある。

Für mich wäre das undenkbar.
「他の人にはともかく、私だったら、そんなことは考えられない」ということだな。
Das Medikament wäre perfekt für Terroristen.

Ohne deine Hilfe könnte ich das nicht schaffen.
schaffen は「やり遂げる」

Für mich ist das völlig in Ordnung.
Ja, aber für mich wäre das undenkbar.

Für jung Leute ist die Musik sehr angenehm.
angenehm は「心地よい」 どこかの地方の言葉では「あづましい」という。
Ja, aber für alte Leute wäre die Musik eifach unerträglich.

Für Thomas sind die Arbeitsbedingungen undenkbar.
Ja, aber für Frank wären die Arbeitsbedingungen perfekt.

Für Karl hat das Angebot keinen Wert.
Ja, aber für Dr. Hosoi hätte das Angebot viel Wert.
[PR]
# by xabon | 2013-10-16 22:00 | 英語

第22週(2)

大型台風が接近中。明日はどんな事態になるやら。仕事には行かないわけにいかないし。

関係代名詞 4格。
4格の関係代名詞は4格の定冠詞と同じ形。
英語では関係代名詞を省略できる場合があるが、ドイツ語では関係代名詞を省略することは付加。フランス語でも関係代名詞は省略できなかったと思う。スペイン語では関係代名詞が出てくるレベルに到達していません。英語の方が例外的で、ドイツ語やフランス語のように、関係代名詞は省略できない、というほうが一般的なのかしらんと思うが、そもそもそれ以外の言語をろくに知らないので全然見当違いかもしれん。
Der Film, den ich gestern gesehen habe, war sehr interessant.
← Der Film war sehr interessant. + Ich habe gestern den Film gesehen.

Ein Medikament, das keiner verwenden kann, hat doch keinen Zweck.

Wo ist eigentlich die CD? (Du hast gestern die CD gekauft.)
→ Meinst du die CD, die du gestern gekauft hast?

Wo ist eigentlich das Buch? (Du hast vorhin das Buch gelesen.)
vorhin は「さきほど」か。vorher は「その前に」
→ Meinst du das Buch, das vorhin du gelesen hast?

Wo ist eigentlich der Anzug? (Ich habe dir den Anzug zum Geburtstag geschenkt.)
→ Meinst du den Anzug, den ich dir zum Geburtstag geschenkt habe?

Wo sind eigentlich die Briefmarken? (Anne hat die Briefmarken vorgestern bei der Post gekauft.)
→ Meinst du die Briefmarken, die Anne vorgestern bei der Post gekauft hat?
[PR]
# by xabon | 2013-10-15 20:59 | ドイツ語

第22週(1)

昨日は120分サッカーを堪能させて頂きました.
リーグ戦では行われない同点延長戦、さらにはPK戦。ご当地チームが辛うじて4回戦進出権を得た、とうところですが、まあ、中身はともかく、次に進むことができればOKです.  しかし、次の監督は誰になるのだろう. またフロントが迷走しなければいいのだが.

Dr. Schmidt und sein Komplize Dr. Hosoi erzählen Karl vom grausamen Gebrauch seines Medikaments.
Komoplizeは「共犯者」という男性名詞。弱変化名詞とのことだ。
erzählen は何だったっけ。「物語る」。そうだったそうだった。erzählen+4格で「...を物語る、話す」、erzählen von+3格/über+4格で「...について話す」
grausam 「残忍な、残酷な」
Gebrauch 「使用、用法」

Sie brauchen mir das nicht zu erklären. Ich bin es es, der dieses Medikament entwickelt.
entwickeln は「開発する」
Genau. Aber Sie verstehen nichts von seinem Gebrauch.
Ein Medikament, das keiner verwenden kann, hat doch keinen Zweck.
verwenden は「使う」。Zweck は「目的」、男性名詞ですな。
Doch. Wenn man es Terroristen verabreicht.
verabreichen 「与える」
Was? Terroristen?

Terroristen fürchten sich nicht vor dem Tod. Sie würden das Medikament bestimmt nehmen.
Ihnen ist es ja egal, ob sie nach ihrem Attentad noch leben oder nicht. Das Medikament wäre perfekt für sie!
fürchten 「恐れる」 他動詞として4格の目的語をとって「...を恐れる」という用法もあるが、ここでは再帰動詞で「怖がる」。怖がる対象が vor で示されている。
bestimmt はここでは副詞で、「きっと、確かに」という意味で用いているようだ。bestimmen 「定める」という動詞の過去分詞からの派生語で形容詞としては「定められた」「ある種の」などという意味のようだが。
Attentat 「暗殺」 中性名詞。最近は、ニュースで「殺害」とかいう言葉が平然と出てくる。いやな世の中だ。
Nein! Das können Sie nicht machen!
Das macht Sie selbst zum Terroristen, Sie Verbrecher!
Verbrecher は「犯罪者、犯人」。男性名詞である。女性の犯罪者は Verbrecherin.
Halten Sie den Mund!

Ich habe mit einer Waffenfirma gesprochen. Sie hat mir versprochen, das Medikament von uns zu kaufen und es an die Terroristen weiterzuverkaufen. Ein Geschäft, das Vermögen verspricht.
Waffenfirma は「兵器会社」。安曇野重工みたいな会社だな。安曇野重工、というのは、うろ覚えで、本当はちょっと違っていたかもしれないが、昔、マンガに出てきた、武器会社である。Googleで検索しても出てこない。サイボーグ009にも「死の商人」なんてのが出てきたな。冷戦の時代のマンガにはそんなのが多かった。
(「安曇野」じゃなく「安曇」だったか、と思って調べ直したら出てきた。「赤い牙」の出てきた会社名である。)
weiterverkaufen は辞書に出てないが、「転売する」というところであろう。weiter は「さらに」「先に進めて」みたいな意味で verkaufen は「売る」。
Geschäft は「商売」、中性名詞。Vermögen は「財産」、これも中性名詞。
Deswegen haben Sie Aktien von dieser Firma gekauft.
deswegen 「それ故」 「それであんたはその会社の株を買ったというわけだな」みたいなことを言っているわけだ。
Ja, aber wir müssen das Medikament noch ein bisschen optimieren.
bisschen は ein bisschen で「少しの、少し」、kein bisschen で「少しも...ない」という形で用いられるようだ。
Und dafür brauchen wir Sie!

まあ、どうでもいいが、この悪党どもは、秘密を安易にしゃべりすぎですな。まあ、お話の中に出てくる悪党というのは、「冥土の土産」とかいって、秘密をペラペラしゃべるのがお約束である。
[PR]
# by xabon | 2013-10-14 21:02 | ドイツ語

第21週(6)

もし時間が合ったら彼女とチェスをするのに。
Wenn ich Zeit hätte, würde ich mit ihr Schach spielen.
チェスじゃないでしょ、することが違う。日本人なら碁を打ちなさい。
ところで、アルビレックスの川又堅碁は、なんで名前に「碁」の字を使っているのだ?

もし私が鳥だったらあなたのところへ飛んでいくことができるのに。
Wenn ich eine Vogel wäre, könnte ich zu dir fliegen.
これは「仮定法」の定番の例文ですな。

もしカールに勇気があるなら、リーザに愛の告白をするだろうに。
Wenn Karl Mut hätte, würde er Lisa eine Liebeserklärung machen.

もしあなたが私の立場なら、あなたはどうしますか?
Was würden Sie machen, wenn Sie an meiner Stelle wären?

もし私がこの仕事を持っていなければ、今飲みにいけるのに。
Wenn ich diese Arbeit nicht hätte, könnte ich jetzt trinken gehen.
ドイツ人も、帰りにちょっと飲みにいく、なんてことがあるんですか? エーベルバッハ少佐はそんなことをしそうにない。部下Bはしそうだ。

学生たちは試験を受けなくていいならきっとまじめに勉強しないだろう。
Wenn die Studenten die Prüfung nicht machen müssten, würden sie sicher nicht fleißig lernen.

私にもっとお金があったらなあ!
Wenn ich doch mehr Geld hätte!
「大事なものはお金ではない」とは言うが、しかしやはりお金は必要だ。

彼女がここにいてくれたらなあ!
Wenn sie doch hier wäre!
碁が打てるのに。

私がペラペラドイツ語を話せたらなあ!
Wenn ich doch fließend sprechen könnte!

私は画面の大きいコンピュータを探しています。
Ich suche einen Computer, der einen großen Bildschirm hat.

昨日君と話していた女性は何という名前ですか?
Wie heißt die Frau, die gestern mit dir gesprochen hat?

まだ開発段階にあるその薬には致命的な副作用がある。
Das Medikament, das sich noch im Entwicklungsprozess befindet, hat tödliche Nebenwirkungen.

私に当時時間とお金があったなら世界旅行をしたのに。
Wenn ich damals Zeit und Geld gehabt hätte, hätte ich eine Weltreise gemacht.

昨日彼女とチェスをしていた男性はなんという名前ですか?
Wie heißt der Mann, der gestern mit ihr Schach gespielt hat?

あそこに立っている女性は私のピアノの先生です。
Die Frau , die dort steht, ist meine Klavierlehrerin.

彼が病気でなかったらきっとその仕事を引き受けたでしょう。
Wenn er nicht krank gewesen wäre, hätte er sicher die Arbeit übernommen.
[PR]
# by xabon | 2013-10-02 21:20 | ドイツ語

第21週(5)

復習。
非現実を表す接続法2式。
規則動詞の場合は過去形と同じ。
不規則動詞の場合は過去形の母音をウムラウトし、語尾に-eがなければ-eをつける。
sein→ wäre
habe→hätte
werden→würde
仮定の副文と結論を述べる主文、どちらも接続法2式を用いる。Wenn es draußen nicht so heiß wäre, würde ich gern ausgehen.

関係代名詞。
1格の関係代名詞は置換しと全く同形。関係詞に導かれる文は副文で、動詞は最後に置かれる。
Die Frau, die dort Flöte spielt, ist meine Frau.
Kennen Sie einen Dolmetscher, der Deutsch, Englisch, Französisch und Japanisch spricht?

過去の事柄に対する非現実話法。
「もし...だったら...だったのに」 完了形を用いる。完了の助動詞 haben, seinを接続法の活用形にする。
Wenn ich gestern Zeit gehabt hätte, wäre ich ins Kino gegangen.
Wenn er nicht reich gewesen wäre, hätte sie ihn nicht geheiratet.
こういう女の人と結婚していいものかどうか。
Wenn sie doch gekommen wäre!

Weil ich erkältet war, bin ich nicht zur Party gegangen.
Wenn ich nicht erkältet wäre, wäre ich zur Party gegangen.

Weil ich kein schönes Kleid hatte, wäre ich nicht zur Party gegangen.
Wenn ich ein schönes Kleid gehabt hätte, wäre ich zur Party gegangen.

Weil er viel Arbeit hatte, hat er am Wochenende gearbeitet.
Wenn ich nicht viel Arbeit gehabt hätte, hätte er nicht am Wochenende gearbeitet.

Weil die Pausen nicht lang genug waren, habe ich die Sätze nicht bis zum Ende ausgesprochen.
Wenn die Pausen lange genug gewesen wären, hätte ich die Sätze bis zum Ende ausgesprochen.
[PR]
# by xabon | 2013-09-23 20:37 | ドイツ語

第21週(4)

台風で、関西よりこっち、ずいぶんひどい事態に巻き込まれましたな。
京都の渡月橋もすごいことになってましたな。月に帰るときでなくて、ドイツ語講座には影響しなかったと思うが。

関係代名詞。
ドイツ語の関係代名詞は、性・数・格により形が変わる。
1格の場合は定冠詞と同じ形。

Die Person, die das Medikament einnimmt, bekommt ein Super-Gedächtnis.
= Die Person bekommt ein Super-Gedächtnis. + Die Person nimmt das Medikament ein.
Der Mann, der dort steht, ist unser Lehrer.
Kennst du den Mann, der dort steht?

Wer ist der Mann?
Meinen Sie den Mann, der dort steht?

Wer ist der Mann?
Meinen Sie den Mann, der mit Herrn Schmidt spricht?

Wer ist die Frau?
Meinen Sie die Frau, die ein rotes Kleid trägt?

Wer ist das Mädchen?
Meinen Sie das Mädchen, das Goethe liest?

Wer ist der junge Mann?
Meinen Sie den junge Mann, der dort Bier trinkt?
[PR]
# by xabon | 2013-09-16 21:18 | ドイツ語

第21週(4)

台風で、関西よりこっち、ずいぶんひどい事態に巻き込まれましたな。
京都の渡月橋もすごいことになってましたな。月に帰るときでなくて、ドイツ語講座には影響しなかったと思うが。

関係代名詞。
ドイツ語の関係代名詞は、性・数・格により形が変わる。
1格の場合は定冠詞と同じ形。

Die Person, die das Medikament einnimmt, bekommt ein Super-Gedächtnis.
= Die Person bekommt ein Super-Gedächtnis. + Die Person nimmt das Medikament ein.
Der Mann, der dort steht, ist unser Lehrer.
Kennst du den Mann, der dort steht?

Wer ist der Mann?
Meinen Sie den Mann, der dort steht?

Wer ist der Mann?
Meinen Sie den Mann, der mit Herrn Schmidt spricht?

Wer ist die Frau?
Meinen Sie die Frau, die ein rotes Kleid trägt?

Wer ist das Mädchen?
Meinen Sie das Mädchen, das Goethe liest?

Wer ist der junge Mann?
Meinen Sie den junge Mann, der dort Bier trinkt?
[PR]
# by xabon | 2013-09-16 21:18 | ドイツ語

第21週(3)

スペイン語の書類を読まなければならないことになり、スペイン語をべんきょーしていたのが役に立った。まあ、難しい文章なら読めなかったと思うが、それほど難しい文章ではなかったので、完璧とはいえないが、大体理解できた。いやあ、勉強はしておくものだね。

wenn文の独立用法と助動詞の接続法2式
接続法2式を用いた前庭部のwenn文の部分だけを述べることで、「...だったらなあ」という願望の表現になる、とのことである。強調の doch を伴うことが多いようだ。

Wenn Sie doch mehr Verstand hätten!
Wenn Lisa doch hier wäre!
Wenn es doch mehr Arbeitsplätze gäbe!
オリンピックが来ることになったが、就職口は増えるだろうか。
オリンピックが来るのはまあ結構なことであるが、「東京は福島から遠いので安全」とか述べた輩はけしからんと思う。暗に「福島は安全じゃないかも知れないけど」と言ったに等しい。
「汚染水は構内の限られた範囲内にブロックされている」と、口からでまかせを言った the Prime Ministerも、どうしようもないやつだと思う。ま、その外に汚染水が漏れているというデータが出ても箝口令を敷くのかもしれん。
Wenn ich doch fließend Deutsch sprechen könnte!
Wenn ich doch nicht jeden Tag arbeiten müsste!
ああ、まったくその通り。しかし、仕事をしなくなったら、私は何をして毎日を過ごすことになるやら。いや、お金があれば遊んで暮らしますけどね。使えるお金がない状態で仕事もない、となったらどうすればいいのか。被災地の被災者が、することがなくて毎日パチンコしているとかいう話が一頃あったな。今でもそうなのかしら? しかしパチンコするにはお金がかかるだろう。そのお金はどこから出てくるのかしらん? 時間とお金があっても私はパチンコはしないと思うが。ああいう単純作業(作業か?)は苦手だ。でもTVゲームで時間を潰すのはできるぞ。パチンコよりは複雑だから。
wennを省略する言い方もある。
Hätten Sie doch mehre Verstand!
Wäre Lisa doch hier!

Lisa ist nicht hier. Wenn Lisa doch hier wäre!
Karl ist nicht in Japan. Wenn Karl doch in Japan wäre!
Das Medikament ist so teuer. Wenn das Medikament doch nicht so teuer wäre!
Ich habe keine Freundin. Wenn ich doch eine Freundin hätte!
Es gibt so viele Autos. Wenn es doch nicht so viele Autos gäbe!
[PR]
# by xabon | 2013-09-11 20:47 | ドイツ語