人気ブログランキング |

語学に関する素朴な疑問など
by xabon
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
英語
フランス語
スペイン語
日本語
ドイツ語
韓国語
その他の国の言葉
綴り
発音
文法
その他
未分類
最新のトラックバック
フランス語ノート 13
from Blog サイトぅ
スペインファッション用語辞典
from 地中海の街から バルセロナ/..
親になる瞬間から『モンス..
from 魚眼(ぎょがん)しんぶん
マルキンバイオ、サラリー..
from お酢大好きブログ@酢の情報バ..
旅行に忘れてはいけない持ち物
from 国内旅行・海外旅行の豆知識
TOEIC900最短コー..
from TOEIC900最短コース『..
めざせリスニング満点!
from スーパーエルマーでTOEIC..
これで駄目なら英語は諦めろ
from 脳みそ筋肉男が、たった2ヶ月..
闘牛はすごいよ。
from ストレッチ 柔軟
めざせリスニング満点!
from スーパーエルマーでTOEIC..
以前の記事
2015年 05月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
メモ帳
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


語彙:基本動詞 faire と laisser

faire と laisser である。使役動詞の用法ばかりではないが使役動詞として用いられる動詞である。faire は英語の make、laisser は let に相当するわけである。英語の文法の使役動詞のところをみると、make は「強制的にさせる」、let は「相手がするにまかせる」という意味合いであったようだ。前にも書いたと思うが。さらに英語には have も使役動詞としての用法があり、これは「してもらえることを、その通り、してもらう」というような意味合いだったと思ったが、avoir には使役動詞としての用法はなかったようですな。laisser は let と同じように、「させておく」という意味合いの使役動詞であるようだが、faire は英語のmakeとhaveを併せ持ったような役割を果たしているという理解でいいのだろうか?
それにしてもfaire というのは広い使われ方をする動詞で、日本語の「する」に通じるものがありますな。日本語だと「料理する」とか「お茶する」とか、「名詞+する」という形でその行為を表す動詞になってしまったりするが、フランス語も faire la cuisineとかfaire le lit とか、faire + 定冠詞つき名詞、という用法がある。

それにしてもfaire の用法は多い。手元の辞書で、3ページ半くらいの分量だ。ちょっと気になる表現を書き写しておこう。
faire un livre は「本を書く、出す」、faire une fortune で「財産を築く」、私もfaire une fortune したいと思うが私はリスクをとるのが好きでないので、地道にこつこつと生きていくのに必要なお金を稼ぐのが身の程にあっているようだ。faire du pain で「パンを焼く」、faire du caféでコーヒーをいれる。faire du thé は辞書にないがコーヒーから類推すれば「お茶をいれる」という意味になるかな。日本語の「お茶する」とはちょっと違うようだ。
faire la chamber は「部屋を片付ける」。私は部屋の片付けが苦手だ。たまに、半年か1年に1回くらい、やる気が訪れることがあり、そういうときにはまとめて片付けたりするのだが。faire la vaisselle は「皿洗いをする」。皿洗いは割と好きである。しかし洗った物を食器棚に片付けるのは得意でない。若い頃は、食器を使ったら洗い、洗った物は水切りかごに置きっぱなしで、次に使うときにはまたそこから必要な食器を取り出して、という生活であった。
faire A de B は「BをAにする」。Tu feras de lui ce que tu voudrais. 「彼を好きなようにするがいい」という例文が出ている。Tu feras de moi ce que tu voudrais. という文もありですか?
Qu’est-ce que j’ai fait de mes lunettes? は「めがねをどこに置いただろう?」。「置いた」と書こうとしたら「老いた」と変換されてしまった。老眼で、近眼鏡を頭のほうにずらしたことを忘れて、めがね、めがね、と探すのは波平さんくらいだと思っていたが、自分も老化現象が進み、それに類することをしてしまい、「ああ、あれは本当のことなんだ」と痛感させられる日々である。
Je lui ferai la vie agréable. 「彼の人生を楽しいものにしてやろう」。しかし往々にして「大きなお世話」だったりする。
代動詞的な使われ方。Il fait 170 kilos. 「彼は170キロある」。いや、辞書では60なんですけどね。これはラジオの講座でもよく出てくる表現であるが、このfaire はpeser の代わりに使われている、ということなんですね。
faire Rome は「ローマ見物をする」。faire Londres は「ロンドン見物をする」ということですな。英語だとロンドンはもちろんLondonであるが、この単語末のnとrの違いはどういういわれがあるのだろう?
Cette école fait de bons ingénieurs. 「この学校は優秀な技師を養成している」ということで、「養成・育成する」という意味もあるようだ。
病気になる、もfaire。faire de la tensionで「血圧が高い」、faire de la fièvreで「熱を出す」。
dire の代わりに「言う」という意味でも使われたりするようだ。

まだまだあるが、長くなったので今日はこの辺で。
by xabon | 2010-03-21 20:36 | フランス語
<< 英作文の演習:関係詞(6) 英作文の演習:関係詞(5) >>