人気ブログランキング |

語学に関する素朴な疑問など
by xabon
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
英語
フランス語
スペイン語
日本語
ドイツ語
韓国語
その他の国の言葉
綴り
発音
文法
その他
未分類
最新のトラックバック
フランス語ノート 13
from Blog サイトぅ
スペインファッション用語辞典
from 地中海の街から バルセロナ/..
親になる瞬間から『モンス..
from 魚眼(ぎょがん)しんぶん
マルキンバイオ、サラリー..
from お酢大好きブログ@酢の情報バ..
旅行に忘れてはいけない持ち物
from 国内旅行・海外旅行の豆知識
TOEIC900最短コー..
from TOEIC900最短コース『..
めざせリスニング満点!
from スーパーエルマーでTOEIC..
これで駄目なら英語は諦めろ
from 脳みそ筋肉男が、たった2ヶ月..
闘牛はすごいよ。
from ストレッチ 柔軟
めざせリスニング満点!
from スーパーエルマーでTOEIC..
以前の記事
2015年 05月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
メモ帳
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


時制の一致・話法(2)

「私は、熱い空気は冷たい空気より軽い、ということを子供たちに説明した」
I explained to the children that hot air is lighter than cold air.

熱い空気が、地表近くにも漂ってるんですけど。
時制の一致の例外。
不変の真理、ことわざは、主節の時制が過去でも現在形で表す。歴史上の事実は常に過去形。
話している当時も現在も当てはまる事実は現在形。
仮定法は時制の一致に従わない。

「昔、多くの人は太陽が地球の周りを公転していると思い込んでいた」
In the past, many people believed that the sun revolved around the earth.

「太陽が地球を回る」というのは真理ではないから、これは現在形にはならないわけだ。
しかし、科学の進歩に伴い、「不変の真理」と思われていたことが、実は間違っていた、とわかる場合もあり得ますな。そういう時代に書かれた文には、今からみると間違っていることが、「不変の事実」として現在形で書かれているものもあるのだろう。

「私が高校生の頃、睡眠を十分とることは大切なことだ、とジョンソン先生はよく言っていた」
When I was a high school student, Mr. Johnson would often tell us that it is important to get plenty of sleep.

十分睡眠をとる、というのは、一般的には今も昔も常識的なことであろうから現在形でいいようだ。
しかし、絶対的な真理、というほどではなく、「人間なんて3時間も眠れば十分だ」という立場の人もいるだろう。そういう人なら was にするかもしれない。
十分睡眠をとる、というのは to get plenty of sleep といえばいいのだな。
ところでこの would はどういうニュアンスだ?

「妻は会社を辞める前に、仕事がとても楽しい、とよく言っていた」
Before she quit her company, my wife would often remark that her job was a lot of fun.

仕事が楽しかったのかあ。いいですねえ(遠い目)。ここにも would が出てきてしまった。仕方がないので用法を確認したところ、これは「過去の習慣」を意味しているようだ。
by xabon | 2010-08-07 09:27 | 英語
<< 語彙:衣類に関連した語 Lección 21 >>