語学に関する素朴な疑問など
by xabon
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
全体
英語
フランス語
スペイン語
日本語
ドイツ語
韓国語
その他の国の言葉
綴り
発音
文法
その他
未分類
最新のトラックバック
フランス語ノート 13
from Blog サイトぅ
スペインファッション用語辞典
from 地中海の街から バルセロナ/..
親になる瞬間から『モンス..
from 魚眼(ぎょがん)しんぶん
マルキンバイオ、サラリー..
from お酢大好きブログ@酢の情報バ..
旅行に忘れてはいけない持ち物
from 国内旅行・海外旅行の豆知識
TOEIC900最短コー..
from TOEIC900最短コース『..
めざせリスニング満点!
from スーパーエルマーでTOEIC..
これで駄目なら英語は諦めろ
from 脳みそ筋肉男が、たった2ヶ月..
闘牛はすごいよ。
from ストレッチ 柔軟
めざせリスニング満点!
from スーパーエルマーでTOEIC..
以前の記事
2015年 05月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
メモ帳
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


語彙

同じくらいのレベルの英和辞典と仏和辞典を比べると英和辞典の方が厚い。英語の語彙数というのは他の言語に比べてずいぶんと多いらしい。何かに書いてあったのだが、具体的にどのくらい多いかは忘れてしまった。英語はゲルマン語系の言語だが単語レベルではフランス語やラテン語からも数多く言葉を取り入れているから語彙が多くなったらしい。でもって、同じような意味の単語でも元から英語にあった単語と外来語をいろいろと使い分けているということだそうだ。pigが動物の豚としての意味で、フランス語から入ってきたporkは豚肉、とか、askは話し言葉で多く使うがdemandはもっと堅苦しい言葉とか。
日本語でも、大和言葉は話し言葉で柔らかい感じがするが公文書にはそぐわない場合があって、漢語を使ったほうがそれらしくなる、ということがあるけれども、同じようなことでしょうか。
私が仕事をしていて必要に迫られて読む英語の文章というのはまさにそういう「公的文書」なので、フランス語とか、ラテン語とかギリシャ語とか、そういう、英語の大和言葉じゃない単語が比較的多く使われている文章であることが多い。こういう文章に出てくる語彙というのは、同じジャンルの文章を読んでいる限り割と限られているので、私の語彙は増えないのである。英語のボキャ貧である。然るに、フランス語でも、同じジャンルの文章を読む分には英語の単語を知っていればそこそこ読めてしまったりするのである。まあ、avoirとかfaireとかいう基本的な仏単語と、仏文法がある程度わかっている、というのが前提であるが。これは専門用語が多く使われるジャンルの文章の話であって、日常的な文章となると随分と話は違ってくる。
これがドイツ語となると英語と違ってあまりフランス語やラテン語から語彙を取り入れて入ないようで、自分の専門領域であっても簡単にはいかず、ドイツ語の単語を知らないとさっぱり読めないのであった。これは私より遥かにできの良い先輩も同じ事を言っていたから間違いないと思うのである。
[PR]
by xabon | 2005-08-29 18:32 | その他
<< 英語の言文一致 前置詞 >>