人気ブログランキング |

語学に関する素朴な疑問など
by xabon
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
全体
英語
フランス語
スペイン語
日本語
ドイツ語
韓国語
その他の国の言葉
綴り
発音
文法
その他
未分類
最新のトラックバック
フランス語ノート 13
from Blog サイトぅ
スペインファッション用語辞典
from 地中海の街から バルセロナ/..
親になる瞬間から『モンス..
from 魚眼(ぎょがん)しんぶん
マルキンバイオ、サラリー..
from お酢大好きブログ@酢の情報バ..
旅行に忘れてはいけない持ち物
from 国内旅行・海外旅行の豆知識
TOEIC900最短コー..
from TOEIC900最短コース『..
めざせリスニング満点!
from スーパーエルマーでTOEIC..
これで駄目なら英語は諦めろ
from 脳みそ筋肉男が、たった2ヶ月..
闘牛はすごいよ。
from ストレッチ 柔軟
めざせリスニング満点!
from スーパーエルマーでTOEIC..
以前の記事
2015年 05月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
メモ帳
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


...の息子

日本の姓には「...の息子」という意味の姓はないと思うが、英語などでは「...の息子」という意味のファミリーネームが多々あるそうだ。

一番わかりやすいのが、「...ソン」とか「...セン」とかいうやつですな。「アンデルセン」なんかもそうだと思うが。「アンデル」の息子 son なので Anderson とか「ジャック」の息子なので Jackson とか。これは北欧系ですかね。女の子の場合はどうなるのかよくわからない。やっぱりヨーロッパというのは男系社会なんだな、きっと。

アイルランド系だったか、O’-...というのも「...の息子」という意味だとか。「オマリー」もそうかな。「ブライアン」の息子は「オブライアン」 英語のスペルがわからん。miso soup は「つけ」。これに「御」がついて「おつけ」。さらに「御」をつけて「みおつけ」。さらに「御」をつけて「おみおつけ」。これは全然関係ないな。

Mac- (or Mc) ... というのも「...の息子」という意味の姓だそうだ。ドナルドの息子は MacDonald ですか。これもアイルランド系だったかな。

Fitz-... というのも同じだそうだ。ジェラルドの息子がフィッツジェラルドなんですな。これはウェールズだったっけ? 忘れたなあ。

英米ではないが、ユーゴスラビアだった国あたりに多い「なんとかビッチ」という、あの「ビッチ」(-vicでしたか)も「...の息子」という意味なんだそうですな。なんであの辺の国の人たちはみんな「なんとかビッチ」というのか不思議に思っていたのだが。ストイコビッチというのはストイコさんの息子なんですかね? なお、サノバビッチ、というのは全然違うし、上品な言葉ではないようなので、Zidaneさんの頭突きを喰らいたくなければ使わないように。

何日か前の「スペイン語講座」を聞いていたら、スペインにもその類の姓があるらしいが、細かいことは忘れてしまった。メモを取りながらラジオを聴くといいんだが、なにぶんにも車の運転中に聞いているものでメモどころではない。これはブログに書こう、と思ったことも家に帰ってくるころにはすっかり忘れてしまっていることもしばしば。歳はとりたくないねえ。
by xabon | 2006-07-20 19:50 | その他
<< vacaciones 名探偵オルメス >>