語学に関する素朴な疑問など
by xabon
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
全体
英語
フランス語
スペイン語
日本語
ドイツ語
韓国語
その他の国の言葉
綴り
発音
文法
その他
未分類
最新のトラックバック
フランス語ノート 13
from Blog サイトぅ
スペインファッション用語辞典
from 地中海の街から バルセロナ/..
親になる瞬間から『モンス..
from 魚眼(ぎょがん)しんぶん
マルキンバイオ、サラリー..
from お酢大好きブログ@酢の情報バ..
旅行に忘れてはいけない持ち物
from 国内旅行・海外旅行の豆知識
TOEIC900最短コー..
from TOEIC900最短コース『..
めざせリスニング満点!
from スーパーエルマーでTOEIC..
これで駄目なら英語は諦めろ
from 脳みそ筋肉男が、たった2ヶ月..
闘牛はすごいよ。
from ストレッチ 柔軟
めざせリスニング満点!
from スーパーエルマーでTOEIC..
以前の記事
2015年 05月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
メモ帳
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


びっくり

島谷師匠の「島谷的舞録゙」(http://qin.seesaa.net/)によると、「びっくり」の語源はドイツ語の Wirklich だそうである。テレビの「クイズ!日本語王」という番組でやっていたそうだ。島谷師匠の希望につき、今回はこの「びっくり」を取り上げます。

私はテレビのいうことはあまり信用しないことにしている。とくにこういう「教養番組風バラエティ」。諸説あるなかで自分たちに都合のいい説をもってきて「これこれこういう次第でござい」と、他説を無視して一方的にこうだと面白いなあと思うところだけ強調するという調子の番組が多いような気がするから。「面白ければいい」というのはフジテレビだけではないような気がするぞ。ま、人のことは言えないんですけどね。

第一次世界大戦でドイツが負けたとき、ドイツ人の捕虜が Wirklich と叫んだことから、驚くことを「びっくり」というようになったというんだが、ドイツが停戦を求めたのは1918年10月とWikipediaに書いてある。

1916年に死んだ夏目漱石が、「行人」のなかで「吃驚」と書いているようなので、どうも上記TV説は眉唾じゃないかと思うんである。漱石全集などは持っていないので、インターネットで検索しただけであるが、「青空文庫」とかいうところhttp://www.aozora.gr.jp/cards/000148/files/775_14942.htmlに掲載されているものをみると、
「自分は二人の後(あと)に跟(つ)いて、こんな会話を聴(き)きながら、すばらしく大きな料理屋の玄関の前に立った。自分は何よりもまずその大きいのに驚かされたが、上って案内をされた時、さらにその道中の長いのに吃驚(びっくり)した。」
という文章が第8章に出てくるようである。

「行人」は1912年から翌年にかけて新聞連載された小説なので、多分ドイツが第一次世界大戦に負けるより早く、漱石は「吃驚」という言葉を使っていたのだと思うわけである。
オウム真理教報道で死んでしまったテレビ局のいうことなど、100%真に受けないことをお勧めします。
[PR]
by xabon | 2006-09-08 20:34 | 日本語
<< surprise la histoire véçue >>