語学に関する素朴な疑問など
by xabon
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
全体
英語
フランス語
スペイン語
日本語
ドイツ語
韓国語
その他の国の言葉
綴り
発音
文法
その他
未分類
最新のトラックバック
フランス語ノート 13
from Blog サイトぅ
スペインファッション用語辞典
from 地中海の街から バルセロナ/..
親になる瞬間から『モンス..
from 魚眼(ぎょがん)しんぶん
マルキンバイオ、サラリー..
from お酢大好きブログ@酢の情報バ..
旅行に忘れてはいけない持ち物
from 国内旅行・海外旅行の豆知識
TOEIC900最短コー..
from TOEIC900最短コース『..
めざせリスニング満点!
from スーパーエルマーでTOEIC..
これで駄目なら英語は諦めろ
from 脳みそ筋肉男が、たった2ヶ月..
闘牛はすごいよ。
from ストレッチ 柔軟
めざせリスニング満点!
from スーパーエルマーでTOEIC..
以前の記事
2015年 05月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
メモ帳
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Who killed Cock Robin?

久しぶりに「ものしり英語塾」の話題である。今週の水・木の題材は nursery rhyme の Who killed Cock Robin? であった。

私が子供の頃は「まざあ・ぐうす」といっていたものだが、本場ではこういう nursery rhyme の総称として Mother Goose ということはないとか。

さて、この詩、谷川俊太郎氏の訳では「だれが こまどり ころしたの?」というタイトルになっていたようだ。
波多利郎氏の訳では「誰が殺した クックロビン(パパンがパン)」という風になっていたと記憶しているが、読んだのは20年くらい前のことなので間違っているかもしれない。ところで「パタリロ」って、まだ連載されてるんですか?

詩の中身はここに書き写すのが面倒なので、下記を参照されたし。
http://members.jcom.home.ne.jp/teletubbies/time/005sub.html
ただし全部は出ていない。きっとこのウェブ・ページの管理者も、途中でめんどくなったのだろう。(めんどく、というのはもちろんわざと使っています。)

最初の節だけ書いておくと、
Who killed Cock Robin?
I, said the Sparrow.
With my bow and arrow,
I killed Cock Robin.

英語の詩というのは脚韻を踏むのがお約束なんですかね。sparrow と arrow が韻を踏んでいる。この調子で14節まであるうちの13節目まで、2行目と3行目が韻を踏むというパターンである。

日本語に訳すとこういう韻はうまく訳せない。これは言語が違うとどうしようもない。
日本の俳句の場合を考えてもそうである。俳句は、五・七・五と季語というのがお約束である。英米にも haiku として、日本の俳句の英訳が紹介されたり、英語で句を作ったりされているわけであるが、季語はともかく、五七五というのは不可能に近いのではないだろうか。結局、「俳句」と haiku は別物だ、ということになるのだろう。英語の nursery rhyme も、日本語に訳されたものとは別物だと考えたほうがいいのかもしれない。

それにしても英語の nursery rhyme というのは変なのが多い。殺した、だの何だの。
短いやつを一つ。

My mother has killed me,
My father is eating me,
My brothers and sisters sit under the table
Picking up my bones,
And they bury them underthe cold marble
stones.

日本でも近頃流行りの児童虐待ですかね? イギリスでは日本の何百年か先を行っていたのかも知れない。しかし、こないだのフランスの民間伝承といい、この詩といい、なんでこういう不気味な話が伝わるんですかね? 「本当は恐ろしいまざあ・ぐうす」という本を出すと売れるかも知れません。
なお、変なところで改行されているのは、例によって韻を踏むためのようだ。

日本でこういうのを「童謡」と称して曲をつけてNHKの「みんなのうた」で流したら、抗議の電話が殺到するだろうなあ。まあ、イギリスだって、BBCではこんなの流さないのかもしれないが。それにしてもイギリス人のセンスというのは私にはさっぱりわからない。しかし、だからといって、(少なくとも現代の)日本人のセンスがよく理解できるというわけでもないのであった。
[PR]
by xabon | 2006-09-14 21:31 | 英語
<< フランス語の疑問文の復習 それってほめ言葉? その2 >>