語学に関する素朴な疑問など
by xabon
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
全体
英語
フランス語
スペイン語
日本語
ドイツ語
韓国語
その他の国の言葉
綴り
発音
文法
その他
未分類
最新のトラックバック
フランス語ノート 13
from Blog サイトぅ
スペインファッション用語辞典
from 地中海の街から バルセロナ/..
親になる瞬間から『モンス..
from 魚眼(ぎょがん)しんぶん
マルキンバイオ、サラリー..
from お酢大好きブログ@酢の情報バ..
旅行に忘れてはいけない持ち物
from 国内旅行・海外旅行の豆知識
TOEIC900最短コー..
from TOEIC900最短コース『..
めざせリスニング満点!
from スーパーエルマーでTOEIC..
これで駄目なら英語は諦めろ
from 脳みそ筋肉男が、たった2ヶ月..
闘牛はすごいよ。
from ストレッチ 柔軟
めざせリスニング満点!
from スーパーエルマーでTOEIC..
以前の記事
2015年 05月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
メモ帳
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


フランス語の疑問文の復習

フランス語での疑問文。

1) 肯定文と同じ語順で、イントネーションで疑問を表す。つまり、文末を挙げる。これはくだけた会話中に多く用いられるそうだ。日本語と大差ないですよね? 
C'est un chapeau (↗) ? 「これ、帽子(↗)?」
文末をあげると疑問を表す、というのは万国共通ですかね?

2) Est-ce que を肯定文の頭につける。
 Ees-ce que c'est un chapeau? これも、「これは帽子ですか?」 これはニュートラルな表現らしい。通常の会話で用いられる。日本語で、文末に「か?」をつけるようなものか?

3) 倒置による疑問形。
Est-ce un chapeau? これは書き言葉での疑問形。会話でも用いてもよいそうであるが、ちょっとかしこまった感じになるのでしょうか? ドイツ語の疑問文も、主語と動詞を倒置させるようであったが、英語以外のヨーロッパの言語では一般に公的な疑問形というのは倒置によるのでしょうか?
主語が代名詞の場合には単純に主語と動詞をひっくり返すだけだが、母音の連続を避けるために -t- という音が挿入されることがある。
Il aime la viande. 「彼は肉好きだ」は「彼は肉が好きですか?」になると、Aime-t-il la viande? となる。
主語が代名詞でない場合にはちょっとややこしい。
Zidane aime le sport. 「ジダンはスポーツが好きだ」を疑問形にした「ジダンはスポーツ好きですか?」は Zidane aime-t-il le sport? と、主語を、もとの名詞と代名詞、2回示さないといけない。Aime-Zidane le sports? とはいわないらしい。

疑問文だけでなく、フランス語では一つの文の中に同じ主語が代名詞としてもう一回出てくるということが結構あるようだ。Un boa c’est tres dengereux. 「大蛇、それはとても危険だ」これくらい簡単な文なら私のような初心者でもわかるが、ちょっと長い文だったり、間に副詞句が挟まったりするとわからなってしまう。
Moi, je voudrais aller á Musée du Louvre. というようなのもある。先に別の人が「私は凱旋門に行きたいなあ」と発言した後を受けて、「私はルーブル美術館に行きたいんだけど」というように「自分なら」「自分としては」というような場合ですかね。moi という強勢形と je という主語代名詞が一度に出てくる。英語ではあまりこういうのはないような気がするが気のせいだろうか。フランス人はこういう「私としては」と、自分の立場を主張した表現をしたがるのかなあと思うのだが、ただの偏見かもしれない。
[PR]
by xabon | 2006-09-16 21:10 | フランス語
<< 強勢形 Who killed Cock... >>