語学に関する素朴な疑問など
by xabon
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
全体
英語
フランス語
スペイン語
日本語
ドイツ語
韓国語
その他の国の言葉
綴り
発音
文法
その他
未分類
最新のトラックバック
フランス語ノート 13
from Blog サイトぅ
スペインファッション用語辞典
from 地中海の街から バルセロナ/..
親になる瞬間から『モンス..
from 魚眼(ぎょがん)しんぶん
マルキンバイオ、サラリー..
from お酢大好きブログ@酢の情報バ..
旅行に忘れてはいけない持ち物
from 国内旅行・海外旅行の豆知識
TOEIC900最短コー..
from TOEIC900最短コース『..
めざせリスニング満点!
from スーパーエルマーでTOEIC..
これで駄目なら英語は諦めろ
from 脳みそ筋肉男が、たった2ヶ月..
闘牛はすごいよ。
from ストレッチ 柔軟
めざせリスニング満点!
from スーパーエルマーでTOEIC..
以前の記事
2015年 05月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
メモ帳
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


可算・不可算、単数・複数

日本語には、可算名詞・不可算名詞とか、単数・複数という概念がほとんどないようなので、なぜ英語やフランス語などにこういう文法事項があるのかよくわからない。何か利点があるからいちいち区別するんだと思うけれども、フランス語なんかは、書けば単数と複数の区別はあるけれども、発音すると名詞そのものでは単数か複数か区別がつかないものが多い。まあ、冠詞まで含めて聞けばちゃんとわかるからいいのだ、といわれそうだが。

よく、money が不可算名詞だということで、「どうしてお金が数えられないんだい」という話を、半分冗談、半分本気でいったりするわけであるが、money がなぜ不可算か何となく理解できたとしてもそれをまた「カネが数えられないとはおかしいじゃないか」といっている人が理解してくれるように説明するのは実に容易でない。

またよく引き合いに出るのが家具である。英語の furniture は不可算名詞で、 a furniture とか two furnitures というのはありえず、試験でこんな答案を出せば×である。
これも、「たんすが2棹、テーブルが1台(「台」でいいんですか?)とちゃんと数えられるじゃないか、なんで家具が数えられないんだい」と文句の一つもつけたくなるが、英語の furniture というのはそういう一つ一つの家具を指しているんじゃなくて、「家の中に備わっている道具類」、という概念を表しているので数えられないのだ、という理解でよろしいでしょうか。
家具のうちの一つ、という場合には a piece of furniture と言わないといけないそうである。

これは英米人の常識であって、フランス人の「家具」の概念はそれとは違うようだ。
meuble という名詞は可算名詞だそうである。 辞書には acheter des meubles などという用例が挙げられている。「家具類を買い揃える」だそうだ。フランス人にとっては、家具というのは数えられるものなわけである。ameublement という、集合的に用いられる「家具類」という意味の単語もあるようだが。
可算か不可算か、というのは、その区別がある言語で常に共通というわけじゃなく、言語によって、可算か不可算かの考え方は違うわけだ。
フランス人が英語を習ったときに、furniture に、a とか -s をつけたくなって困るかどうかはよくわからない。
[PR]
by xabon | 2006-10-07 21:47 | 文法
<< 姓 敬称の話はまえに書いたような気... >>