語学に関する素朴な疑問など
by xabon
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
英語
フランス語
スペイン語
日本語
ドイツ語
韓国語
その他の国の言葉
綴り
発音
文法
その他
未分類
最新のトラックバック
フランス語ノート 13
from Blog サイトぅ
スペインファッション用語辞典
from 地中海の街から バルセロナ/..
親になる瞬間から『モンス..
from 魚眼(ぎょがん)しんぶん
マルキンバイオ、サラリー..
from お酢大好きブログ@酢の情報バ..
旅行に忘れてはいけない持ち物
from 国内旅行・海外旅行の豆知識
TOEIC900最短コー..
from TOEIC900最短コース『..
めざせリスニング満点!
from スーパーエルマーでTOEIC..
これで駄目なら英語は諦めろ
from 脳みそ筋肉男が、たった2ヶ月..
闘牛はすごいよ。
from ストレッチ 柔軟
めざせリスニング満点!
from スーパーエルマーでTOEIC..
以前の記事
2015年 05月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
メモ帳
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


スカートとシャツ

skirt と shirt は、同じ語源なんだそうである。確かに英語の綴りをみると k と h の違いだけだ。
k と h は形もちょっと似ているような気がするがそれは関係ないんだろうなあ。

fish も、もともとは fisk あるいは fisc という形だったとか。

sch-という綴りもあって、sk-と-shの中間点みたいな感じ。
ドイツ語だと schは「シャシュショ」の子音である。Schule は「シューレ」。
英語だと school は言うまでもなく「スクール」である。

「いうまでもなく」という言葉は私は嫌いなのである(言うまでもなければ言わなきゃいいのだ)が、流石にschoolの読み方を今調べてわかったと思われるのも悔しいので敢えて「言うまでもなく」と書いております。

それはさておき、英語で sch- が全部「スク」と読まれるかというとそうでもなくて、 schedule なんぞは、合衆国では「スケジュール」であるが、連合王国では「シェジュール」だそうである。

(これは比較的最近まで知らなかった。何しろ学校で習ったのは米国式の英語ばっかりで、Queen's English なんぞに触れる機会は少ないものだから。)

OALDで調べてみると、概して使用頻度の高い単語は sch-の綴りは「スク」で、使用頻度の少ない単語では「シュ」と読まれるものもあるような雰囲気であるが違うかもしれない。
あいまい母音 発音記号で e をひっくり返したような字で表されるやつであるが、あれは「シュワー」という炭酸水みたいな名前がついているそうであるが、英語で書くと schwa だそうである。「スクヮ」とは読まないのだな。

さて、語源が同じで sk と sh の違いで別の単語になっているものが他にあるかと考えてみるに、disk と dish というのはそうではないかと思ったわけである。どっちも丸くて平べったい。丸くない皿もあるけれど。
OALDで調べてみると、案の定どっちもギリシャ語の diskos に由来する単語ということらしい。
元が diskos なら -sh のほうが後からの変化で出来た言葉だと思うが、何で-sk が -sh に変わるんでしょうね?
「スク」が「シュ」に変わるなら、schedule はもともと「スケジュール」だったのが、イギリスでは「シェジュール」に変わったんですかね?それともdisk と schedule では事情が違うんだろか?

日本語も、昔[h]の音がなかったころには中国で[h]の音だった文字は[k]の音として伝わっている。チンギスハーンがジンギスカンとなるが如く。これはしかし英語の話とは直接関係するような話ではないでしょうね。

さて、skirt - shirt、disk - dish のほかでは何かないかと再び頭をひねってみるに、英語の desk とドイツ語の Tisch は同じ語源だろうかという疑問が浮かんできたのであった。
再度OALDにconsultするに、desk というのはなんと disk と同じ、ギリシャ語の diskos に由来する単語らしい、ということであった。うちの机は、平べったくも丸くもないのだが、まあ確かに郵便局とか銀行とかにいくと丸机というのも見かけないことはない。脚をべつにすれば平べったいといえば平べったい。問題はTischのほうであるが、こちらのほうは我が家にある独和辞書には語源については言及がない。今のところ、この単語が desk と同じ語源なのかどうなのか、私にはわからないままである。
[PR]
by xabon | 2006-10-31 21:19 | 綴り
<< 20進数 スペイン語講座上級編から >>