人気ブログランキング |

語学に関する素朴な疑問など
by xabon
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
全体
英語
フランス語
スペイン語
日本語
ドイツ語
韓国語
その他の国の言葉
綴り
発音
文法
その他
未分類
最新のトラックバック
フランス語ノート 13
from Blog サイトぅ
スペインファッション用語辞典
from 地中海の街から バルセロナ/..
親になる瞬間から『モンス..
from 魚眼(ぎょがん)しんぶん
マルキンバイオ、サラリー..
from お酢大好きブログ@酢の情報バ..
旅行に忘れてはいけない持ち物
from 国内旅行・海外旅行の豆知識
TOEIC900最短コー..
from TOEIC900最短コース『..
めざせリスニング満点!
from スーパーエルマーでTOEIC..
これで駄目なら英語は諦めろ
from 脳みそ筋肉男が、たった2ヶ月..
闘牛はすごいよ。
from ストレッチ 柔軟
めざせリスニング満点!
from スーパーエルマーでTOEIC..
以前の記事
2015年 05月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
メモ帳
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


20進数

子供が小さい頃、数字を少しずつ覚えて「...、じゅうはち、じゅうきゅう」と19まで進んだあと、19の次を問われて「じゅう...じゅう (10-10)」と答えたことがあったか、なかったか。

数詞の話は前にも書いたが、今日のフランス語講座で数詞の話をしていたのでまたフランス語の数詞の話を蒸し返そう。

フランス語では69の次は soisante-dix (60-10)だし、90も quatre-vingt-dix (80-10)なわけである。
かつての20進数の名残、ということだそうだ。今日のフランス語講座によると、かつてフランスの地にいたケルト人の数え方が20進数であったことによるとか。

しかし、20進数の名残にしても、では何故 30や50が vingt-dix や quarante-dix でないのだろう?
40が、deux-vingts でないのは? 60が trois-vingts でないのはどうして?

論理的でないものはフランス語でない、というけれども、フランス語の数詞は論理的に構築されているような気はしないなあ。どっかの都知事のように「フランス語は数を数えられない言語だ」などというつもりは毛頭ございませんが。
日本語のほうが、数詞に関しては、合理的だと思う。もちろん日本語といっても漢数詞による数え方である。大和言葉だと「とお」までしか数えられないので。私が知らないだけかもしれないが、11は大和言葉でどのように数えるのですか? 「ひとつ、ふたつ、みっつ、よっつ、いつつ、むっつ、ななつ、やっつ、ここのつ、とお、たくさん」でしょうか?

同じフランス語圏でも別のところでは80は quatre-vingts じゃなく octante になるとかいう話をどこかで読んだような気がするが、何に書いてあったかな。やっぱり 80 が quatre-vingt となるのは理解しにくい、と思った人もいるのであろう。
辞書によると octante はベルギー、スイスのフランス語圏での 80 だそうだ。ウェブ上で検索すると、huitante というのも出てくるなあ。70は septante、90 は nonante だそうだ。

http://www.classes-de-francais.com/ishihara/jp/i1401.html にはフランス語の数詞についての考察がなされている。私のおちゃらけブログでは用が足らん、という方はぜひご一読を。20進数による数え方と10進数による数え方が併用されていたのが、60までは10進数、70からは20進数だけになっちゃった、というあたりがフランスの謎である。フランス人は結構不合理なことが好きなのかもしれない。
by xabon | 2006-11-02 22:58 | フランス語
<< 今週の復習 5 スカートとシャツ >>