人気ブログランキング |

語学に関する素朴な疑問など
by xabon
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
英語
フランス語
スペイン語
日本語
ドイツ語
韓国語
その他の国の言葉
綴り
発音
文法
その他
未分類
最新のトラックバック
フランス語ノート 13
from Blog サイトぅ
スペインファッション用語辞典
from 地中海の街から バルセロナ/..
親になる瞬間から『モンス..
from 魚眼(ぎょがん)しんぶん
マルキンバイオ、サラリー..
from お酢大好きブログ@酢の情報バ..
旅行に忘れてはいけない持ち物
from 国内旅行・海外旅行の豆知識
TOEIC900最短コー..
from TOEIC900最短コース『..
めざせリスニング満点!
from スーパーエルマーでTOEIC..
これで駄目なら英語は諦めろ
from 脳みそ筋肉男が、たった2ヶ月..
闘牛はすごいよ。
from ストレッチ 柔軟
めざせリスニング満点!
from スーパーエルマーでTOEIC..
以前の記事
2015年 05月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
メモ帳
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


孤立語 屈折語 膠着語

このほかに「抱合語」というのもあるのだそうだが,昔習ったのがこの3つだったので抱合語は省略。
高校の授業のレベルでは,「孤立語」は語形が変化せず,単語を並べる順番で主語とか目的語とか述語とかを区別する言語で代表は中国語。「屈折語」は単語が I, my, meのように変化(屈折)して「私が」「私の」「私を」といった意味の区別をするもので,ラテン語などがこれに当たる。「膠着語」は単語に「が」「の」「を」などの助詞をくっつけることで意味の区別をするもので,日本語はこれに当たる,と習ったのでそんな風に理解していたが,改めてウィキペディアやはてなダイアリーで調べてみるとこれはちょっと単純化しすぎのようである。詳しい解説はこれらのウェブページを参照されたし(正確な解説なのかどうかは私のレベルではよくわからないが,私の解説よりはちゃんとした解説でしょう)。
授業の際には「英語は屈折語である」と教えられたのであるが,ラテン語などに比べると英語はずいぶん名詞や代名詞の格変化や動詞の人称変化が少なくなって孤立語の特徴をずいぶん持つようになっているようだ。これはブリテン島にフランスやらスカンジナビアやらいろんなところから侵入者が多々入り込んだことが原因と書かれている。とくに,英語と系統の近いゲルマン語系統の言語を使う人たちとコミュニケーションをとる際に言語によって少しずつ違う語尾変化で意味の違いのやりとりをしようとするとうまくいかないために語尾変化が消失したという。
なるほど,英語というのは異民族が交流接触したことで屈折が磨り減ったのだな,と思った。クレオール英語とかピジン英語とかいうのはさらに磨耗が進んだ形態なんではないだろうか。

さて,ある日のこと,中国のことについて「中華があって東夷・西戎・南蛮・北狄が周りにあったのではない,東夷・西戎・南蛮・北狄が混ざり合って中華になったのだ」という意味のことを書いてあるものに出くわした。これを読んだとき,中国語が孤立語であるわけがわかったような気がした。中国語というのは究極のピジン語なのではないだろうか。中国の方言というのがあるが実際にはまったく別の言語といってもいいほどちがっているらしい。違う言葉を話す東夷・西戎・南蛮・北狄の民族が真ん中に集まったとき,もともとは孤立語でなかった言語が磨り減って,孤立語の中国語になったのではないんだろうか,と。
日本語だって「わたし,これ,あげる,あなた」というような感じで助詞とか動詞の活用など使わないでたどたどしく単語を並べれば何とか意味は通じることも多いのである。
http://www.linelabo.com/bk/2003/bk0303a.htmの「読書録」というウェブページをみると『大航海』No.46(2003年4月、新書館)で石川九楊氏が中国語が孤立語化したプロセスについて考察しているらしい。参考になるかもしれないので一度読んでみたいものだ。
by xabon | 2005-05-05 20:45 | その他
<< 曜日の名前 C >>