人気ブログランキング |

語学に関する素朴な疑問など
by xabon
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
全体
英語
フランス語
スペイン語
日本語
ドイツ語
韓国語
その他の国の言葉
綴り
発音
文法
その他
未分類
最新のトラックバック
フランス語ノート 13
from Blog サイトぅ
スペインファッション用語辞典
from 地中海の街から バルセロナ/..
親になる瞬間から『モンス..
from 魚眼(ぎょがん)しんぶん
マルキンバイオ、サラリー..
from お酢大好きブログ@酢の情報バ..
旅行に忘れてはいけない持ち物
from 国内旅行・海外旅行の豆知識
TOEIC900最短コー..
from TOEIC900最短コース『..
めざせリスニング満点!
from スーパーエルマーでTOEIC..
これで駄目なら英語は諦めろ
from 脳みそ筋肉男が、たった2ヶ月..
闘牛はすごいよ。
from ストレッチ 柔軟
めざせリスニング満点!
from スーパーエルマーでTOEIC..
以前の記事
2015年 05月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
メモ帳
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


スペインで病気になったら(2)

なかなか英語の聞き取りの話に戻れないが次は何とか善処したいと考えております。

今日のところはまたスペイン語圏で具合が悪いときどうするかという話である。そうそう、前の回もそうだが、スペイン語の例文は小学館の 「ポケットプログレッシブ西和・和西辞典」による。一部手を加えたりしているところもあるかもしれないが丸写しのところもある。
ラジオの講座の講師陣も多く執筆者に加わっているようなので、講座を聞いているということで勘弁して頂きたいものである。

「医者に診てもらいたいんだけど...」は Quisiera consultar a un médico. だそうだ。quiesiera は接続法過去。婉曲な要求の表現ということでしょうか。急を要する場合には婉曲も何もないので、Quiero consultal a un médico. と、直説法で叫んでも許してもらえるのではないかと。
「病院に連れて行ってくれ」は Lléveme al hospital. llevar は「連れて行く」。英語のtakeに相当する動詞のようだ。
あとは痛いところを言えれば何とかなるだろう。
頭は前にやった。歯も前回やった。
肩は hombro だそうである。hombre は「人間」という全然別の単語だ。フランス語では épaule であるので、全然違う。ラテン語では何といったのだか。肩が凝る、外国にいくとなかなかくつろげないので肩が凝る人も多いかもしれないが、「肩が凝る」というのは日本人に特有の症状だとか、何かに書いてあったような気がする。欧米人は肩が凝らないのかしらん?
あしは、くるぶしから下の部分、「足」、英語でいうところの foot に相当するのが pie で、これはフランス語が pied なので共通しているのだな。くるぶしより上、「脚」のほうは pierna だそうである。
命に関わるのは「胸痛」であるが、これはなんと言ったらいいのかしらん? 「胸」は pecho (女性の、乳房も pecho らしい、女性だからといって女性形にしようとして pecha と語尾を-aにした場合にどういうことが起こるのかは定かでない)なので、Tengo dolor al pecho. といえば通じるだろうか? 心臓は corazón だそうである。 Corazón latino がオープニングだった 「宝の半島」の講座が懐かしいなあ。それはともかくとして、Tengo dolor al corazón. でもいいだろうか? 通じないことはないと思うんだが。
日本では、病院にいって「風邪です」というと「風邪かどうかはわしが診察して診断するのだ 素人に風邪かべつの病気かなぜわかる!!!」と怒られたりすることもあるみたいだが、スペインでも「胸が痛いのは心臓のせいか他が悪いのか、自分で勝手に診断をつけるな」と怒られたりするんだろうか?
by xabon | 2006-12-12 23:04 | スペイン語
<< 発音のくずれ(5) スペインで病気になったら >>