人気ブログランキング |

語学に関する素朴な疑問など
by xabon
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
カテゴリ
全体
英語
フランス語
スペイン語
日本語
ドイツ語
韓国語
その他の国の言葉
綴り
発音
文法
その他
未分類
最新のトラックバック
フランス語ノート 13
from Blog サイトぅ
スペインファッション用語辞典
from 地中海の街から バルセロナ/..
親になる瞬間から『モンス..
from 魚眼(ぎょがん)しんぶん
マルキンバイオ、サラリー..
from お酢大好きブログ@酢の情報バ..
旅行に忘れてはいけない持ち物
from 国内旅行・海外旅行の豆知識
TOEIC900最短コー..
from TOEIC900最短コース『..
めざせリスニング満点!
from スーパーエルマーでTOEIC..
これで駄目なら英語は諦めろ
from 脳みそ筋肉男が、たった2ヶ月..
闘牛はすごいよ。
from ストレッチ 柔軟
めざせリスニング満点!
from スーパーエルマーでTOEIC..
以前の記事
2015年 05月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
メモ帳
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


命令文

英語の命令文というのは、単数あるいは複数の二人称に対する言い方しかなくて、主語 you は省かれ、動詞は原形(なのか、二人称単数あるいは複数の現在形なのか、結果的にはどっちでも同じであるが)を用いる。中学校で習う文法事項である。

フランス語では、単数あるいは複数の二人称に対する命令形のほか、一人称の複数に対する命令形もある。英語なら Let's ... で表現されるような文である。
やはり主語というのか、命令の対象になる人称代名詞は省かれ、動詞はそれぞれの人称に対する直説法現在形と同じ形、というのが原則だが、規則動詞の場合には二人称単数の語尾の-s は脱落する。
travailler は、直説法現在の活用は je travaille, tu travailles, il travaille, nous travaillons, vous travaillez, ils travaillent である。「君たち、勉強しなさい」なら、Travaillez. となるわけだ。「さあ、みんな、勉強しよう」なら Travaillons. 「君、勉強しなさい」なら、Travailles. ではなくて、Travialle. と書かれるわけである。発音しただけでは語尾に-sがついているかどうかはわからないが。
vous が、「あなた方」という意味ではなく、「あなた」という二人称単数の意味で使われる場合も、文法上の扱いは「あなた方」の場合と一緒である。
不規則動詞の場合には二人称で-sを落とすという規則は適用されないが、aller は例外で、Vas. ではなく Va. となる。

英語でもフランス語でも、もちろん、直接的な命令じゃなく、もう少し丁寧・婉曲に「...してもらえますか」というニュアンスの言い方は他にいっぱいある。

スペイン語では、命令法の対象は tú と vosotros だけらしい。
スペイン語の場合、もともと動詞の活用形で人称がわかるので命令文以外でも主語は省略されることが多く、主語の有無は命令文であるかどうかとは関係ない。
Vamos. というのは「私たちは行く」といういう意味の場合もあるが、フランス語の Allons. 、英語の Let's go. と同じように、「行きましょう」という意味にもなるようだが、文脈によるのだろう。とくに一人称複数に対する命令形とは認識されていないようである。
estudiar 「勉強する」の、túに対する命令形は Estdudia. 「直説法現在三人称単数の活用形と同じ」と説明されることが多いが、「直説法現在二人称単数の活用形語尾から-sを取ったかたち」でもある。そう説明されれば、「フランス語(規則動詞)と同じじゃないか」と思うが、「直説法現在三人称単数の活用形と同じ」といわれると「フランス語と違うルールなのかな?」と思ってしまう。不思議なものである。
vosotros に対する命令形は、不定形の語尾の-r を-d に変えた形だそうである。これはフランス語とは違いますな。
usted, ustedes に対する命令は、直接的な命令法による表現はなく、接続法を使う、と。
電話の応対で、(掛け手) Oiga. (受け手) Digame. というのは「もしもし」「はい」に相当する受け答えだが、「聞いてください」「喋ってください」ということだそうである。
日本語の「もしもし」は「申す、申す」から来ているとかいう話を何かで読んだような気がする。スペイン語では受け手が「言って」というのに対して、日本語では掛けた方が「話します」というのだな。しかし日本では受け手の方は「聞く、聞く」と答えたりはしなかったようである。
by xabon | 2007-01-20 11:18 | 文法
<< The rice cake i... Anne of green g... >>