語学に関する素朴な疑問など
by xabon
カテゴリ
全体
英語
フランス語
スペイン語
日本語
ドイツ語
韓国語
その他の国の言葉
綴り
発音
文法
その他
未分類
最新のトラックバック
フランス語ノート 13
from Blog サイトぅ
スペインファッション用語辞典
from 地中海の街から バルセロナ/..
親になる瞬間から『モンス..
from 魚眼(ぎょがん)しんぶん
マルキンバイオ、サラリー..
from お酢大好きブログ@酢の情報バ..
旅行に忘れてはいけない持ち物
from 国内旅行・海外旅行の豆知識
TOEIC900最短コー..
from TOEIC900最短コース『..
めざせリスニング満点!
from スーパーエルマーでTOEIC..
これで駄目なら英語は諦めろ
from 脳みそ筋肉男が、たった2ヶ月..
闘牛はすごいよ。
from ストレッチ 柔軟
めざせリスニング満点!
from スーパーエルマーでTOEIC..
以前の記事
2015年 05月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
メモ帳
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


一人称・二人称

日本語には英語のような意味での人称代名詞はない、と何かに書いてあったような気がする。
日本語の一人称・二人称といえば「吾(ワ)」と「汝(ナ)」というのがあったようだがこれはどうなのだろう? 今の標準的な日本語では自分自身のことを「わたくし(わたし、あたし)」とか「僕」とか「俺」とか「わし」とかいったりするが、「わたくし」というのは「公」に対して使われたもの、と説明されている。何のことやらよくわからないが、「プライベートなことになりますが自分自身のことを話させてもらいますと」というような意味で使われていたものが一人称のようになって今日に至る、と解釈しているがこれでいいのだろうか。「僕」というのは相手に対して自分を卑下して自らを呼んだのだろう。「俺」や「わし」はよくわからない。一人称として「自分」という言葉を使う人もいるが昔の軍隊っぽくて個人的にはあまり好きでない。「わたくし」以外は公の席で自分自身のことを指すのに使うのは適当でないで「わたくし」を使うことになるが、その「わたくし」という言葉が「公でない」という意味なのはなんだか皮肉である。
それでも一人称は「わたくし」と言っていれば済むのでまあ良いが、二人称はさらに厄介である。目下の相手に対しては「キミ、これ、ちょっと直しておいてくれたまえ」などと「キミ」呼ばわりでもいいかもしれないが、相手が目上のときに使える適当な二人称がない。そもそも「君」というのは相手を上に見て自分を下に置いた呼び方であったと思われるが今やそう思う人は誰もいないだろう。ためしに上司にむかって「キミ」呼ばわりして反応を確かめてみては如何かと思うがクビになってもそれは当方の関知するところではない。「あなた」。本来は「あっちのほう」という意味だったと思われ、相手に対する遠回しな呼びかけであってこの遠回しなところに相手に対する敬意を含めていたと思うのだがこれも今では目下の相手から「あなた」呼ばわりされると、相手が自分と対等かそれ以上であると思っているというニュアンスを感じ嬉しく思わない人が大多数だろう。「貴方様」と様付けしてみても、なんだか馬鹿にされているみたいだなあ、という感じはすれども敬われている感じはしない。「貴」「様」と相手を立てているようでありながら「貴様」なんてもっとひどい。これ、そもそも目上や対等の相手に対する呼びかけに使われたことはあったんだろうか? 日本語では、自分が相対している人物に対する呼称というのは最初は敬いの意味を持っていた言葉であってもそれが長く使われているうちにその意味がなくなる方向に変化するようだ。かくて、やむなく、かどうかわからないが、店では「お客さん(格式の高いところでは、お客様)」というのが一般的だが、そういう場合でなければ相手を呼ぶのに相手の肩書きを使う、ということになってしまっている。学校や病院などではお互いに「○○先生」「△△先生」と呼び合っている。無難なのであろう。ちなみに肩書きがよくわからないときにも「社長」か「先生」と呼んでおけばいいらしい。
[PR]
by xabon | 2005-05-13 18:45 | 日本語
<< 二人称の主語代名詞 母音 >>