人気ブログランキング |

語学に関する素朴な疑問など
by xabon
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
英語
フランス語
スペイン語
日本語
ドイツ語
韓国語
その他の国の言葉
綴り
発音
文法
その他
未分類
最新のトラックバック
フランス語ノート 13
from Blog サイトぅ
スペインファッション用語辞典
from 地中海の街から バルセロナ/..
親になる瞬間から『モンス..
from 魚眼(ぎょがん)しんぶん
マルキンバイオ、サラリー..
from お酢大好きブログ@酢の情報バ..
旅行に忘れてはいけない持ち物
from 国内旅行・海外旅行の豆知識
TOEIC900最短コー..
from TOEIC900最短コース『..
めざせリスニング満点!
from スーパーエルマーでTOEIC..
これで駄目なら英語は諦めろ
from 脳みそ筋肉男が、たった2ヶ月..
闘牛はすごいよ。
from ストレッチ 柔軟
めざせリスニング満点!
from スーパーエルマーでTOEIC..
以前の記事
2015年 05月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
メモ帳
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


書いても覚えられないドイツ語(11-1)

さて、先週のお題は前置詞と定冠詞の融合形であった。

英語にはこういうものはありませんな。英語の場合には綴りでどうこうというのではなく、実際の発音で調節されているようなところがあるような気がする。

フランス語やスペイン語でも前置詞と定冠詞がくっついた形がある。融合形といわず、縮約形といっていたような気がする。フランス語でいうとà + le でau、à + les でaux、de + le でdu、de + les でdesの4つで、この4つ以外にはないらしい。女性名詞につくlaの場合にはどんな場合でも縮約形にはならない。à / deにle / lesが続く場合には必ず縮約形になる。これはもっぱら発音上の都合なんですかね?

ドイツ語ではもう少し前置詞と定冠詞の融合パターンが多いらしい。
an + dem=am. anは前回やった、英語のon(の働きの一部)に相当する。demは男性3格につく形である。
in + dem=im. inも前回出てきた前置詞だ。これも男性3格の定冠詞と融合する。
von + dem =vom. vonはフランス語のdeに相当する、英語のfromとofの役割を合わせて持っているような前置詞のようだ。これも組み合わされる冠詞はdemである。
zu + dem =zum. zuは英語のtoに相当する前置詞。これまたdemと融合する。
zu + der =zur. zuの場合にはderとも縮約されるらしい。これは女性3格のderでしょうね。
bei + dem=beim. beiは「…の近くに(で)」という意味の前置詞で、英語ではnear とかatとかinに相当するようだ。これも組み合わせられるのはdem.
an + das=ans. in + das=ins. anとinはdasとも組み合わせられるらしい。これは中性4格ですね。
頻用されるものとしてはこのくらいらしい。ほかにも我が家の20年くらい前のテキストにはdurch+dasでdurchsとかfür+dasでfürsとかいうのも出ているが、あまり使われないということでしょうか。

フランス語ではà+leは例外なくauになるようだが、ドイツ語では「その、あの、例の」というところを強調したい場合には融合形でなく定冠詞を独立させた形で言っていいらしい。
an+derとかan+dieの融合形がないのはどうしてですかね? an + denは融合させてanになったら元の前置詞単独の形と区別がつかないから融合できないか。
by xabon | 2007-06-19 07:28 | ドイツ語
<< 書いても覚えられないドイツ語(... 定冠詞の用法の続き >>