人気ブログランキング |

語学に関する素朴な疑問など
by xabon
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
英語
フランス語
スペイン語
日本語
ドイツ語
韓国語
その他の国の言葉
綴り
発音
文法
その他
未分類
最新のトラックバック
フランス語ノート 13
from Blog サイトぅ
スペインファッション用語辞典
from 地中海の街から バルセロナ/..
親になる瞬間から『モンス..
from 魚眼(ぎょがん)しんぶん
マルキンバイオ、サラリー..
from お酢大好きブログ@酢の情報バ..
旅行に忘れてはいけない持ち物
from 国内旅行・海外旅行の豆知識
TOEIC900最短コー..
from TOEIC900最短コース『..
めざせリスニング満点!
from スーパーエルマーでTOEIC..
これで駄目なら英語は諦めろ
from 脳みそ筋肉男が、たった2ヶ月..
闘牛はすごいよ。
from ストレッチ 柔軟
めざせリスニング満点!
from スーパーエルマーでTOEIC..
以前の記事
2015年 05月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
メモ帳
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


英作文 トレーニング篇?

引き続き、英作文の練習。

水中に住んでいる虫は多い

Many insects lives in water.

日本語で「~する...は多い」という文を英語に訳す場合には「多くの...が~する」と考えればいいわけだ。many を few とか no とか some とかに代えると、「~する...はほとんどいない」とか「全然いない」とか「~する...もいる」とか、そういう応用もできるわけである。
「哺乳類の中には海に住むものもいる」 Some mammals lives in the sea. 「南極に定住する人はいない」No one settle in the antarctic. 

上手な英語を書くことはそう容易ではない

Writing good English is not so easy. そんなことはわかっている。It is not easy to write good English. といってもいいがこのほうが簡潔で、概ね完結であるということは良いことらしい。「正しい日本語を喋ることは難しい」 Speaking correct Japanese is difficult. 「甲子園で勝つということはそう容易ではない」Winning in Koshien is not so easy. 「選挙に勝つということはそう容易ではない、と総理大臣は言った」The prime minister said that winning the election was not so easy.

外に誰かいますか?

Is there anyone outside?

中に「誰かいますか」 Is there anyone inside? という状況はいろいろある。トイレの個室のドアが締まっている、Is there anyone inside? 聞かなくてもいるのはわかっているけれども、「早く出てくれ」という暗黙の催促であろう。 車のトランクの中から物音がする、「中に誰かいるのか?」しかし、何でまた盗んだ車のトランクに入り込んだりするのかよくわからない。
「外に誰かいますか?」というのはどういうシチュエーションだろう? 子供の頃、「猿の手」という怪談話を読んだ記憶がある。老夫婦が、どういう経緯だったか忘れたが、願い事をかなえてくれるという「猿の手」というものを手に入れる。そこに二人の息子が事故か何かで亡くなったという悲報が届く。お婆さんは「猿の手」に「息子が帰ってきますように」という願いをかける。すると、ドアを叩く音が...。そんな話だったような気がするが、そういうシチュエーションで、ドアの外に向かって、Is there anyone outside?  というのは間が抜けていますかね? 私の子供の頃の怪談話というのは、最近のホラー小説なんぞと比べれば可愛いものである。私は怖い話は苦手である。怖くない話としては「孫の手」とか「猫の手」というのがある。「孫の手」というのは、老夫婦が、どういう経緯だったか忘れたが、願い事をかなえてくれるという「孫の手」というものを手に入れる。お婆さんの背中が痒くなって、思わず「誰か背中を掻いてくれないかねえ」というと「孫の手」がお婆さんの背中をポリポリと掻く、という話である。「猫の手」というのは旅の宿を営む老夫婦のところに、客が「いいもてなしをしてくれた御礼に」と、願い事をかなえてくれる「猫の手」というもの置いていく。翌日、客がいっぱい宿にやってきてお婆さんは食事の支度にてんてこ舞い、「猫の手も借りたいくらい忙しい」とお婆さんがいうと、「猫の手」が動き出して、食事の支度を全部してくれるというお話である。「神の手」というのもあるのだが、これはちょっと違う話で、考古学の発掘現場にいくと、必ず何か貴重な出土品を掘り当てる「神の手」と呼ばれるアマチュア考古学者の物語であるが、功名心に取り付かれると大変なことになるという、別の意味で怖い話である。もう数年前の話だから、覚えている人はまだ覚えているかもしれないが、知らない人もいるだろうなあ。知らないと何のことだかわからないかもしれん。「亀の手」というのもあるのだが...。
by xabon | 2007-08-15 07:15 | 英語
<< 引き続き英作文の練習中 英作文 トレーニング篇(1) >>