人気ブログランキング |

語学に関する素朴な疑問など
by xabon
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
英語
フランス語
スペイン語
日本語
ドイツ語
韓国語
その他の国の言葉
綴り
発音
文法
その他
未分類
最新のトラックバック
フランス語ノート 13
from Blog サイトぅ
スペインファッション用語辞典
from 地中海の街から バルセロナ/..
親になる瞬間から『モンス..
from 魚眼(ぎょがん)しんぶん
マルキンバイオ、サラリー..
from お酢大好きブログ@酢の情報バ..
旅行に忘れてはいけない持ち物
from 国内旅行・海外旅行の豆知識
TOEIC900最短コー..
from TOEIC900最短コース『..
めざせリスニング満点!
from スーパーエルマーでTOEIC..
これで駄目なら英語は諦めろ
from 脳みそ筋肉男が、たった2ヶ月..
闘牛はすごいよ。
from ストレッチ 柔軟
めざせリスニング満点!
from スーパーエルマーでTOEIC..
以前の記事
2015年 05月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
メモ帳
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


語形成

先週から、大杉先生が「語形成」の話をされている。語形成とは何ぞや? 木谷さんのライバルですか。 それは呉清源だ。 ああ、また一部の人にしかわからないネタを使ってしまった。
車の運転をしながらの流し聞きなのでよくわかっていないのであるが、新しい単語を創造するシステムのことのようだ。別に英語に限った話ではないと思うが、既存の単語に接頭辞や接尾辞をくっつけて新しい派生語を作る、という方法や、2つの単語をくっつけて新しい単語を作り上げるという方法などがあるようだ。

派生語を作るのには、接頭辞や接尾辞をくっつけるのが普通だが、逆にもとの単語の一部を削るというのもあるようだ。英語にそういう例があるかどうか私には全然わからないが、フランス語ハンドブックには、動詞 travailler から 名詞 travail が派生した例などが挙げられている。
否定を意味する接頭辞には un- とか in- とか non- がある。in-は、後ろにくる語の最初の音によっては im- になったり ir- になったり il- になったりするようだ。ig- というのもそうですかね?
日本語でも「非」とか「不」とか「無」とか、否定を意味する接頭辞があるが、しかしどういうときに「非」でどういうときに「不」なのか、ルールがあるんですかね? よくわからない。

他にも反対、否定の接頭辞というのはいっぱいあるようだ。これもフランス語ハンドブックから拾っているのだが、大概英語でも使われているようだ。
contra-。英語ではあまり使わないかな。使っているのは多分外来語であろう。
 dis-。dislikeなんているのがありましたな。display というのは play の反対語ではないのだと思うが。
de-。detouch とか使いますな。
a-/an-。asymmetry などがその例と思われる。
anti-。 antiGiants なんているのがありますな、これは由緒正しい英単語ではないな。para-。 parapluie なんていう例が出ている。英単語じゃありません。フランス語の雨傘である。前に親切な誰かに教えてもらったなあ。pluie 雨をさえぎるものということで parapluie なわけだ。日光をさえぎるものなら parasol だ。
昔、「とーれこーちょ、とーれこーちょ、るそらぱるしんぺとーれこちょ、ペンシルパラソルチョコレート、るそらぱるしんぺとーれこちょ、不二家ペンシルパラソルチョコレート」というコマーシャルがあったというのはどうでもいい話であるが、悪いことをしていたのは不二家だけではないのであった。
それはどうでもいいことであるが、これだけ「反対、否定」の接頭語があって、どういう単語にどういう接頭辞をつけて否定するのか、そのルールがどうなっているんだか。
by xabon | 2007-10-23 22:19 | その他
<< haver 最強100フレーズ 9-12 >>