人気ブログランキング |

語学に関する素朴な疑問など
by xabon
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
英語
フランス語
スペイン語
日本語
ドイツ語
韓国語
その他の国の言葉
綴り
発音
文法
その他
未分類
最新のトラックバック
フランス語ノート 13
from Blog サイトぅ
スペインファッション用語辞典
from 地中海の街から バルセロナ/..
親になる瞬間から『モンス..
from 魚眼(ぎょがん)しんぶん
マルキンバイオ、サラリー..
from お酢大好きブログ@酢の情報バ..
旅行に忘れてはいけない持ち物
from 国内旅行・海外旅行の豆知識
TOEIC900最短コー..
from TOEIC900最短コース『..
めざせリスニング満点!
from スーパーエルマーでTOEIC..
これで駄目なら英語は諦めろ
from 脳みそ筋肉男が、たった2ヶ月..
闘牛はすごいよ。
from ストレッチ 柔軟
めざせリスニング満点!
from スーパーエルマーでTOEIC..
以前の記事
2015年 05月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
メモ帳
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Rの発音

Rはまた難しい文字である。まず日本人には聞いてLとの区別が難しいが,これは今更である。
同じRと書いても発音の仕方がずいぶん異なることがある。英語のRは舌をそっくり返らせるようにして発音する音である。しかし、-erとか-orとか-urとかとか(イギリス英語だと-reとか-ourとか)いう綴りのRは母音を長音化して発音する記号と化している。そしてアメリカでは最後に巻き舌の音を少し響かせ、イギリスでは巻き舌が入らない。イギリス英語ではこの綴りではRは[r]の音を表す働きはなくなってしまっている。なんでこんなことになったんだろう。
スペインでは語頭のR、あるいは語中RRで綴られていると巻き舌、語中のRは舌先で口蓋を1回弾いて出す音、ということである。ラジオのスペイン語ニュースなんか聞いてるとたしかに見事な巻き舌の発音が聞こえてくる。意味は全然わかってないんですけどね。
フランス語のRは英語と全然違い、喉の音のRで、口蓋摩擦音なんだそうである。そして口蓋垂をふるわせてRの響きを出すと書かれているが、口蓋垂はなかなかふるえてくれない。口蓋垂がふるえてくれないとRは喉から出す「ハ行」(スペイン語でGやJが表す音)のような音になってしまうようだ。フランス語講座を聞いていると,日本人講師の先生の発音は「ハ行」のようにしか聞こえなかったりする。そしてまさにブラジル・ポルトガル語にいたっては語頭のRは喉音の「ハ行」になってしまっている。NHKのポルトガル語ニュースを聞いていると、「ハディオ ジャポン」といっている。スペイン語では「ラディオ ハポン」でRが「ハ」になったりJが「ハ」になったり,ややこしいことである。ちなみに本家のポルトガルのポルトガル語では巻き舌あるいは喉音のRで発音するようである。たぶんブラジルに喉音のRが伝わった後、Rから「ハ行の子音に近い音」に変わったものと思われ、ブラジル人も口蓋垂をふるわせるのが苦手なのかもしれない。これも言語の磨り減りの一種じゃないかと,勝手に思っている。
by xabon | 2005-05-27 22:25 | 発音
<< Cの謎の続き 性別 >>