人気ブログランキング |

語学に関する素朴な疑問など
by xabon
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
英語
フランス語
スペイン語
日本語
ドイツ語
韓国語
その他の国の言葉
綴り
発音
文法
その他
未分類
最新のトラックバック
フランス語ノート 13
from Blog サイトぅ
スペインファッション用語辞典
from 地中海の街から バルセロナ/..
親になる瞬間から『モンス..
from 魚眼(ぎょがん)しんぶん
マルキンバイオ、サラリー..
from お酢大好きブログ@酢の情報バ..
旅行に忘れてはいけない持ち物
from 国内旅行・海外旅行の豆知識
TOEIC900最短コー..
from TOEIC900最短コース『..
めざせリスニング満点!
from スーパーエルマーでTOEIC..
これで駄目なら英語は諦めろ
from 脳みそ筋肉男が、たった2ヶ月..
闘牛はすごいよ。
from ストレッチ 柔軟
めざせリスニング満点!
from スーパーエルマーでTOEIC..
以前の記事
2015年 05月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
メモ帳
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


1月の復習

第1週
「君、いつか絶対に奈良に行かないと」
Du musst unbedingt einmal nach Nara fahren.
奈良はまあともかく、うちの奥さんはイタリアに行きたいといっている。いつか行かないといけないかもしれないなあ。

「ああ、何という日だ!」
Ach, was für ein Tag!
ドイツ語では、「何という~だ」というのに was für ein(e) ...! というのですな。
スペイン語でも感嘆文をやったような記憶があるが、この時期、各講座とも感嘆文を学習するという申し合わせでもあるのか?

「領収書が必要です」
Ich brauche eine Quittung.
この文とは関係ないが、ドイツの住所は「通りの名前+家屋番号」だそうである。ドイツに限らず、ヨーロッパについて書かれているものによると、あちらでは一般にどんな細い小路でも通りには名前がついているようだ。どこの国でもそうなんですかね? まあ、通りに名前がついていると便利ではある。家屋番号というのはどうやってつけるんだか、道のこっち側が奇数、あっちが偶数というような要領で通りの端っこから順に1,2,3...とつけていくんですかね? 1の隣が19番地だったりしたらわかりにくくて仕方ないだろう。いままで空き地だったところに家が建つ場合なんかはどうするんですかね? 通りが住所表示の土台であるのは現実的だ。日本の新しい(といってもそういうシステムになってから何十年も経っているが)住居表示システムでは、道路で囲まれた1ブロックに対して町名がついていることが多い。道を挟んだ向かい側は別の町名がついていたりする。地図を眺めている分にはわかりやすいが、住んでいる人間やそこを訪ねていく人間にとっては不便だったりする。

「そのセーターはとてもお似合いですよ、フックスさん」
Der Pullover steht Ihnen sehr gut, Herr Fuchs.
「何々が誰々に似合う」は 何々 stehen 誰々(3格) gut ですか。ドイツにいって女の子に、「君、その服、似合ってるね」などという機会はなさそうなので覚えても役に立ちそうにないな。
by xabon | 2008-02-10 18:59 | ドイツ語
<< 1月分の復習の続き 「北海道の山はスキーに適している」 >>