人気ブログランキング |

語学に関する素朴な疑問など
by xabon
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
全体
英語
フランス語
スペイン語
日本語
ドイツ語
韓国語
その他の国の言葉
綴り
発音
文法
その他
未分類
最新のトラックバック
フランス語ノート 13
from Blog サイトぅ
スペインファッション用語辞典
from 地中海の街から バルセロナ/..
親になる瞬間から『モンス..
from 魚眼(ぎょがん)しんぶん
マルキンバイオ、サラリー..
from お酢大好きブログ@酢の情報バ..
旅行に忘れてはいけない持ち物
from 国内旅行・海外旅行の豆知識
TOEIC900最短コー..
from TOEIC900最短コース『..
めざせリスニング満点!
from スーパーエルマーでTOEIC..
これで駄目なら英語は諦めろ
from 脳みそ筋肉男が、たった2ヶ月..
闘牛はすごいよ。
from ストレッチ 柔軟
めざせリスニング満点!
from スーパーエルマーでTOEIC..
以前の記事
2015年 05月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
メモ帳
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


2月の復習(1)

君が生まれたのはいつ?」

Wann bist du geboren?

英語と違い、フランス語と一緒で、一部の動詞は現在完了にするのに haben ではなく sein を助動詞としてとるのであった。もうすっかり忘れている。

「君は子供の頃、足が速かった?」

Konnteste due schnell laufen, als du ein Kind warst?

「...だった時に~した」という場合の「...だった時に」という副文を導く接続詞は als 。「...だった頃、~いつもしたものだ」と、繰り返して行われたことについていう場合なら wenn を用いるということである。英語ならどっちでも when でいいんだろうけれど。

「兄と私は同じくらいの身長だ」

Mein Bruder ist so groß wie ich.

英語でいうなら、My brother is as high as I. のような as ... as ~ に相当する構文だと思う。この英文は、「自分と兄の身長がほぼ同じ」ということを意味しているが「自分も兄も同じくらい背が高い」とは限らない。どちらも 160cmくらいで、他の人より背が低いかもしれないが、同じくらいなら as high as というわけである。「二人とも同じくらい背が高い」というときには「私は180cmくらいの身長がある。兄も私と同じくらいの身長だ」というように、一方が背が高いという情報を加える必要があるようだ。My brother is as short as I. といえば「兄も自分も同じくらい背が低い」という意味になり、この一文に「背が低い」という情報も含まれている。ドイツ語の場合も同じだろうか。まあ、ドイツで180cmというのは背が高いうちに入らないのだろうがそれはまた別の話である。

「これと同じものの白はありますか?」

Haben sie das auch in Weiß?

白が weiß、赤が rot、青が blau、緑が grün、茶色が braun、灰色が grau。このあたりは英語と語源が一緒だろうと思われる。
黒が schwarz。これは英語の black とは語源がまったく違うようだ。「黒」なんて基本的な色だから同じ語源の単語が使われてもいいと思うのだが。
黄色は gelb。英語の yellow とは似ているようにみえないが yesterday と gestern が同じ語源であるように、ドイツ語の g が英語で y になっている場合があるのでこれは怪しい、と思って OALD で調べてみるとどうやら同じ語源であるらしい。gold とも関係があるようだ。

「彼女は一番優秀な生徒だった」

Sie war die am beste Schülerin.

英語での political correctness は、stewardess も steward も flight attendant になり、policeman が police officer になるように、性差のある表現をなくする方向に働くが、ドイツ語の場合には(political correctness はドイツ語では何というのだ?)、男性名詞しかない職種名に対して女性形を新たに作る、というような形での男女平等を図る方向に働くらしい。大統領は、男性がなれば der Präsident であるが女性がなれば die Präsidentin だ。この Präsidentin という女性形が、political correctness の流れのなかで新しくできた形なのかどうかはわからないけれど。
上の文が、「彼女は女子生徒のなかで一番優秀だった」という意味と「彼女は生徒のなかで一番優秀だった」という意味と、両方にとれるのかどうかは私のドイツ語力ではわからない。

「両親は今からもう休暇を楽しみにしている」

Meine Eltern frauen sich schon auf den Urlaub.

再帰動詞の話だ。frauen は「...を喜ばせる」という他動詞であるが frauen sich と、再帰代名詞を目的語にすると、「自分自身を喜ばせる」=「楽しみにする、嬉しい」という意味になる。
さて、フランス語やスペイン語には、ほかにもいろいろな再帰動詞(代名動詞)の用法があったけれども、ドイツ語の再帰動詞は、そこまで多彩ではないようだ。再帰受身などという用法は、少なくとも手元にある(ちょっと古いが)テキストには出ていない。

「新聞には、新しいことはなにも載っていない」

In der Zeitung steht nichts Neues.

チベットで暴動があったらしい。でも中国の新聞には多分そんな記事は載らないのだろう、などという連想が働く例文である。何でも興味本位に仕立て上げるのがいいとも思えないが、報道の自由は大切である。

「君たちは何に興味があるの?」

Wofür interessiert ihr euch?

これも再帰動詞だ。sich (für 4格)interessieren で、「...に興味がある」。英語では be interested in と、受動態を使うしか「興味がある」といえないと思うのだが、英語にも昔は能動的に「興味がある」という言い方があったのだろうか?
wofür は was と für を一語にした疑問詞だ。woは単独では「どこに」なのに、どうしてwasfürじゃなくてwofürになるのだ?
by xabon | 2008-03-16 08:05 | ドイツ語
<< 2月の復習(2) ~するには...すぎる >>