人気ブログランキング |

語学に関する素朴な疑問など
by xabon
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリ
全体
英語
フランス語
スペイン語
日本語
ドイツ語
韓国語
その他の国の言葉
綴り
発音
文法
その他
未分類
最新のトラックバック
フランス語ノート 13
from Blog サイトぅ
スペインファッション用語辞典
from 地中海の街から バルセロナ/..
親になる瞬間から『モンス..
from 魚眼(ぎょがん)しんぶん
マルキンバイオ、サラリー..
from お酢大好きブログ@酢の情報バ..
旅行に忘れてはいけない持ち物
from 国内旅行・海外旅行の豆知識
TOEIC900最短コー..
from TOEIC900最短コース『..
めざせリスニング満点!
from スーパーエルマーでTOEIC..
これで駄目なら英語は諦めろ
from 脳みそ筋肉男が、たった2ヶ月..
闘牛はすごいよ。
from ストレッチ 柔軟
めざせリスニング満点!
from スーパーエルマーでTOEIC..
以前の記事
2015年 05月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
メモ帳
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


条件文

スペイン語の未来完了がどうして現在完了の内容の推量になったりするのかということを愚考するに、「未来時制」というのは未来を表すというよりも、未確定、不確実な事柄を表す動詞の活用形なのではないかと思うわけである。前にもちょっと書いたような気がするが。

現在時制を用いると、それは現時点でのニュートラルな事実を表すが、未来時制だと「不確実性」が入る。ということで「...だろう」というような推量の意味を持ってくるのではないかと考えたりするわけである。

さて、話は変わるが、「もし私が金持ちだったらこの家を買うのだが」というような仮定文を考えてみる。
英語なら、
If I were rich, I would buy this house.
といえばいいのだと思う。中学レベルの英作文ですかね。
フランス語だと、
Si j'etais riche, j'acheterais cette maison.
にすればいいのだと思うが、合っているかな?

この、「もし、金持ちだったら」というところに、英語でもフランス語でも、過去形(英語で be動詞が条件文に用いられるときは、1人称、3人称の単数でも was ではなく were を使うのが一般的であるところが単なる過去形とはちょっと違うが)を使うのはなぜかということをまた愚考してみたわけである。

過去形というのは、昔のことをいうというよりも、「もう動かせない、決まってしまったこと」を表す動詞の活用形なのではないかと思ったわけである。ちょうど未来形の反対である。
If I were rich, というと、「もし私が金持ちなら」という節のなかには、「(でも、実際には金持ちではなく、もうそれは今更動かしようのないことなのだ)」ということが含まれているから過去形が用いられるのかなあと思うのである。

主語が I では成り立たないはずだが、主語が自分でなければ、
If he is rich, he will buy this house.
も、
If he were rich, he would buy this house.
も、ありうる。
前者は、「(彼が金持ちかどうか私にはわからないが、)もし金持ちだったらこの家を買うだろう(し、金持ちじゃなかったら買わないだろう)」という文である。彼が金持ちかどうかは、話者からみて、どっちの可能性もある、ニュートラルな状態で、こういう場合には条件節には現在形を用いるわけだ。主節は直説法になる。
後者は「(私は彼が金持ちでないことを知っている。それはもう確実で、彼が金持ちである状態に変わることはあり得ないが、)もし金持ちだったらこの家を買うだろうに(、実際には金持ちではないので買うことはない)」という文で、条件節は過去形、主節は仮定法になる、ということである。

まとめ。未来形という動詞の活用形には「不確実性、未確定」という意味が含まれ、過去形という活用形には「確定、決定済み、変更不能」というような意味合いが含まれているのだと考察してみた。当たっているかどうかはわからない。
by xabon | 2008-03-22 22:48 | 文法
<< furniture NHK語学講座 >>