人気ブログランキング |

語学に関する素朴な疑問など
by xabon
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
英語
フランス語
スペイン語
日本語
ドイツ語
韓国語
その他の国の言葉
綴り
発音
文法
その他
未分類
最新のトラックバック
フランス語ノート 13
from Blog サイトぅ
スペインファッション用語辞典
from 地中海の街から バルセロナ/..
親になる瞬間から『モンス..
from 魚眼(ぎょがん)しんぶん
マルキンバイオ、サラリー..
from お酢大好きブログ@酢の情報バ..
旅行に忘れてはいけない持ち物
from 国内旅行・海外旅行の豆知識
TOEIC900最短コー..
from TOEIC900最短コース『..
めざせリスニング満点!
from スーパーエルマーでTOEIC..
これで駄目なら英語は諦めろ
from 脳みそ筋肉男が、たった2ヶ月..
闘牛はすごいよ。
from ストレッチ 柔軟
めざせリスニング満点!
from スーパーエルマーでTOEIC..
以前の記事
2015年 05月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
メモ帳
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


スペイン語で作文をしてみよう(14-3)

「建物の正面にはカエルが一匹いるはずだ」
Debe de haber una rana en la fachada.

deber は英語の must に相当するが助動詞ではなく動詞である。フランス語のdevoirとはたぶん同じ語源だろうと思うが、例により、フランス語のv がスペイン語ではb になっている。「...しなければならない」という義務を表すほか「...に違いない、...であるはずだ」という強い推量を表すのにも使われるというのはスペイン語、英語、フランス語、全部一緒である。フランス語では devoir のあとには不定詞が直接来るがスペイン語では「...しなければならない」の意味では deber + 不定詞、「...に違いない」なら deber +前置詞 de + 不定詞の形を取る、けれどもde は省略されることもある、ということで、結局どっちでもいいってことですかね?

Hay una rana. だと「カエルが一匹いる」. haber は非人称文では3人称単数形で用いられ、「...がある」という意味であった。フランス語では Il y a ... と、形式主語 il とか、これもあまり意味を持たないと思われる中性代名詞の y とかくっついているが、avoir の3人称単数形で「...がある」というので、同じようなものといえば同じようなものだ。フランス語の avoir は「持つ」という動詞の役割と、完了形を作ったりする助動詞の役割を兼任しているが、スペイン語では「持つ」は tener が担当しており haber は「持つ」という意味では使われないけれども、「...がある」という意味に用いられるというところは一緒だ。英語では there is (are) ... で、「存在するもの」が文法上の主語であり、動詞は have ではなくbe動詞が用いられ活用形は文法上の主語の数により変化するという違いがある、ということであるが、上の文を英語にするなら、There must be a frog in front of the building. とでもすればよかろうか。フランス語ならば Il y doit avoir una grenouille á la façade. とでもすればいいのかしらん? スペイン語では en fachada とテキストに書かれているが、フランス語で en façade というと「うわべの」みたいな、比喩的であまりよろしくない意味の熟語になるようだ。

フランスではカエルは食用にされるそうであるがスペイン人はカエルは食べるのかしらん? 中国では田鶏というとかいう話である。トリ肉のような淡白な味がする、という風にものの本には書いてある。腿の部分を食べるそうである。私は中華料理で1回食べたことがあったような気もするが記憶が定かでない。「蜂の子」なんぞを食べるのと比べれば、カエルの腿肉の唐揚げを食べることには全然対抗感がない。
by xabon | 2008-08-06 02:44 | スペイン語
<< 語根 posi スペイン語で作文をしてみよう(... >>