人気ブログランキング |

語学に関する素朴な疑問など
by xabon
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
全体
英語
フランス語
スペイン語
日本語
ドイツ語
韓国語
その他の国の言葉
綴り
発音
文法
その他
未分類
最新のトラックバック
フランス語ノート 13
from Blog サイトぅ
スペインファッション用語辞典
from 地中海の街から バルセロナ/..
親になる瞬間から『モンス..
from 魚眼(ぎょがん)しんぶん
マルキンバイオ、サラリー..
from お酢大好きブログ@酢の情報バ..
旅行に忘れてはいけない持ち物
from 国内旅行・海外旅行の豆知識
TOEIC900最短コー..
from TOEIC900最短コース『..
めざせリスニング満点!
from スーパーエルマーでTOEIC..
これで駄目なら英語は諦めろ
from 脳みそ筋肉男が、たった2ヶ月..
闘牛はすごいよ。
from ストレッチ 柔軟
めざせリスニング満点!
from スーパーエルマーでTOEIC..
以前の記事
2015年 05月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
メモ帳
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


ネコとイヌ

ネコ、という漢字はけものへんに苗である。苗は「ミャオ」というような発音になるようなので「ミャオ」となく動物、という意味なんですかねえ。なかなか面白い。猫という字そのものは「ミャオ」ではなく「マオ」という読み方になるようだが。イヌは「ワン」となくので「wang」という文字とけものへんを組み合わせるとどうなるかと思って「wang」と読む字を探すと「王」というのがでてくるが、けものへんと組み合わせると大変なことになってしまうではないか。そもそも、イヌはけものへんの総本家の「犬」という立派な文字があるのであった。冗談はさておき、猫である。英語ではcatである。スペイン語ではgatoで(「吾輩は猫である」は‘Soy gato’というのだろうか?)、ドイツ語ではKatze。どれも同じ起源の言葉から派生したのだろうとわかるような形をしてる。しかし鳴き声とは関係なさそうだ。スペイン語では「ガト」が猫でスペイン語とフランス語は同じラテン語由来の言葉で、フランス語にgateauガトーという単語があるとこれはフランス語で猫のことかいな、と短絡的な三段論法で考えてしまうがフランス語ではネコはchatであって、gateauはケーキ・お菓子のことなのであった。素人の推論はときとして危険です。ま、ネコとケーキを間違えてもせいぜい引っかかれるくらいで別に命に関わったりするわけじゃないと思うが。
しかし、フランスに行ってシャワーを浴びるときにはCとFのどっちがお湯でどっちが水か、というのは間違うと文字通り大やけどのもとになるかもしれないので注意したほうがいいかもしれない。英語のできる人はCはcoolで水かと思うようだがフランスではCはchaud---熱いなので気をつけましょう。これも何かで読んだ話なのだが、何に書いてあったのだったか、全然思い出せない。
犬は英語ではdogでフランス語ではchianである。ドイツ語ではなんだっけ。(調べました。Hundでしたね)ネコと違ってばらばらだ。犬はずーっと昔から人に飼われていたのでずーっと昔からそれぞれの言語に固有の「犬」を指す言葉が既にあった、ということだろうか。ラテン語ではcanis、フランス語はラテン語からの派生語らしい。犬という字を音読みすると「ケン」になるけれども、ラテン語とは関係ないだろうなあ。犬は中国語ではquanと読むらしい。キャンキャン鳴くからかなあ? もっとも、普通、イヌに対しては狗の字を用いるらしい。
スペインのカナリア諸島のカナリア、というのもラテン語のcanis由来で、この島に犬がいたのでそこから島の名前がついたというんだが、スペイン語では犬はperroなのである。多分、人にじゃれてペロペロ舐めるから、という由来ではないと思うが,なんでスペインでperroという言葉でイヌを意味するのかはスペイン人も知らないらしい。
by xabon | 2005-06-07 18:48 | その他
<< 漢字の読み方 スペインの雨は主に平野に降る >>