人気ブログランキング |

語学に関する素朴な疑問など
by xabon
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
英語
フランス語
スペイン語
日本語
ドイツ語
韓国語
その他の国の言葉
綴り
発音
文法
その他
未分類
最新のトラックバック
フランス語ノート 13
from Blog サイトぅ
スペインファッション用語辞典
from 地中海の街から バルセロナ/..
親になる瞬間から『モンス..
from 魚眼(ぎょがん)しんぶん
マルキンバイオ、サラリー..
from お酢大好きブログ@酢の情報バ..
旅行に忘れてはいけない持ち物
from 国内旅行・海外旅行の豆知識
TOEIC900最短コー..
from TOEIC900最短コース『..
めざせリスニング満点!
from スーパーエルマーでTOEIC..
これで駄目なら英語は諦めろ
from 脳みそ筋肉男が、たった2ヶ月..
闘牛はすごいよ。
from ストレッチ 柔軟
めざせリスニング満点!
from スーパーエルマーでTOEIC..
以前の記事
2015年 05月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
メモ帳
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


フランス語豆知識

NHKのテキストに「フランス語豆知識」というコーナーがあって、これが私には面白い。

7月号の「豆知識」のコーナーから。
「主語+動詞+属詞」の文の属詞が形容詞である場合には主語の性質・状態を表す、と書いてある。
このタイプの文を作る動詞としては être, rester, devenir, paraître, sembler などがあるということで、Il est français. などの例文が載っている。Je suis fatigué. というのもあるが、je というのが女性なら Je suis fatiquée. となるわけだな。je でなく nous が主語なら Nous sommes fatigués. となるか、nous が女の人だけで構成されているなら Nous sommes fatiguées. となるか。属詞の部分は主語の性・数に一致させるということである。

で、参照するべき事項として、「avoir l'air + 形容詞」の形が挙げられている。「...な様子をしている」という意味で用いられるようだ。この場合は形容詞は、主語に性・数を一致させても、air (男性名詞)に一致させてもいい、という風に書いてある。本当はこの形容詞は l'air を修飾していて、 air に一致させるのが本筋ではないかと思うが、上のパターンと混同されて属詞と解釈され、主語と性・数を一致させる用法が広がってしまったので慣用的にそれでも良いということになったのではないかと思ったのであるが、全然見当違いかもしれない。

別のページには、序数詞の話が出ている。序数詞自体は一応わかる。premier/première, second(e)/deuxième, troisième, ... 。問題は用法だ。「...世紀」の場合は序数を用いる。今は le vingt-et-unième siècle なわけだ。「1」のときだけ序数を使う、というのもある。日にちの場合、6月1日は le premier juin、6月2日になると、le deux juin という、これはよくテキストに書いてありますな。「国王や皇帝の名前」も同様に「...一世」は序数で、二世以下は基数を用いる、というのは知らなかった。
では、「ルパン一世」は、Lupin premier で、「ルパン三世」は Lupin trois というわけか? Lupin は「国王」でも「皇帝」でもないけれど。

Lupin III をどう読むかはともかくとして、こういう雑学的豆知識は楽しい。これだけでも380円出すくらいの価値はある、と思っている。
by xabon | 2009-06-20 23:14 | フランス語
<< その他の語根170(46) 近接未来形と dire >>