人気ブログランキング |

語学に関する素朴な疑問など
by xabon
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
全体
英語
フランス語
スペイン語
日本語
ドイツ語
韓国語
その他の国の言葉
綴り
発音
文法
その他
未分類
最新のトラックバック
フランス語ノート 13
from Blog サイトぅ
スペインファッション用語辞典
from 地中海の街から バルセロナ/..
親になる瞬間から『モンス..
from 魚眼(ぎょがん)しんぶん
マルキンバイオ、サラリー..
from お酢大好きブログ@酢の情報バ..
旅行に忘れてはいけない持ち物
from 国内旅行・海外旅行の豆知識
TOEIC900最短コー..
from TOEIC900最短コース『..
めざせリスニング満点!
from スーパーエルマーでTOEIC..
これで駄目なら英語は諦めろ
from 脳みそ筋肉男が、たった2ヶ月..
闘牛はすごいよ。
from ストレッチ 柔軟
めざせリスニング満点!
from スーパーエルマーでTOEIC..
以前の記事
2015年 05月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
メモ帳
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


2005年 05月 19日 ( 1 )

数詞

数詞
英語では、one, two, three, four, five, six, seven, eight, nine, ten, eleven, twelve, thirteen, fourteen, fifteen, sixteen, seventeen, eighteen, nineteen, twenty, 21以下は twenty-one, twenty-two,…と続いて30がthirty,31以下一桁のところは20台と同じくthirtyの後ろにハイフン付きで1-9の数詞をくっつけて, forty, fifty, sixty,…99まで同じように続いていく。10まではお互いに関係のなさそうな数詞ばかりでありこれはそういうものだと思うしかない。eleven, twelve、このあたりはもともと10余り1、10余り2といった語源からきているとなにかに書いてあった。13から19まではほぼ規則的である。11と12だけシステムが違うのは12進法の名残だという。人間の指が(両手合わせて)10本である以上10進法というのは自然だが12進法というのは人工的である。12は2、3,4,6と割り切れる数が多くて便利だから、というのがもっぱらの説明であるが、なんといっても数えにくいのが難点である。もしかするとヨーロッパのほうの人たちは昔、指が12本だったんじゃないか、とも思ったが、11が余り1、12が余り2という意味だとすると指は昔から10本だったようだ。ドイツ語も大体同じようなシステムであるが20以降、英語が20と1、20と2…という風にして増えていくのに対して、ドイツ語では1と20、2と20…と、一桁目を先にするところが違っている。最初に習った外国語がこの2つなのでヨーロッパの言語というのは12進法の名残を残した10進法に基づいているのかと思っていたら、フランス語はずいぶん違っていた。20まで、復習を兼ねて書いておこうっと。un(e), deux, trios, quatre, cinq, six, sept, huit, neuf, dix, onze, douze, treize, quatroze, quinze, seize, dix-sept, dix-neuf, vingt. 11-16は一桁の数詞をちょっと変えてzeがついたような形のものが多いように思えるがquinzeのところがわからない。seizeもsixとはだいぶ違うといえば違う。17-19はただ10と7(、8,9)となっているだけで16までとの扱いとはずいぶん差があって、17,18,19がいじけないかと心配になるほどだ。さて、英語では20がtwoと関係ありそうな形をしているのに対してvingtはdeuxとはどうみても他人の顔つきである。何でもフランス語では昔20進法を使っていたのでその名残だというのだが、17-19の表記の仕方は10進法以外の何者でもないのは何故だろう? フランス人が20進法を使っていた、ということは、彼らはきっと物の数を数えるときには、手の指では不足で、足の指までつかっていたんだろうなあ。同じく20進法の名残で70を「60と10」ということとか77が「60と10と7」と表されることや80が「4つの20」と表されるという話については今更ここで書くのもどうかというくらい有名な話なのであえて書かない。スペイン語でも20までの数詞はフランス語と同じような形である。しかしスペイン人は70を「60+10」,80を「20が4つ」などとまだるっこしいことは言わず,60がsesenta, 70がsetenta, 80がochenta, 90がnoventaと,10区切りである。
by xabon | 2005-05-19 05:44 | 文法