人気ブログランキング |

語学に関する素朴な疑問など
by xabon
カテゴリ
全体
英語
フランス語
スペイン語
日本語
ドイツ語
韓国語
その他の国の言葉
綴り
発音
文法
その他
未分類
最新のトラックバック
フランス語ノート 13
from Blog サイトぅ
スペインファッション用語辞典
from 地中海の街から バルセロナ/..
親になる瞬間から『モンス..
from 魚眼(ぎょがん)しんぶん
マルキンバイオ、サラリー..
from お酢大好きブログ@酢の情報バ..
旅行に忘れてはいけない持ち物
from 国内旅行・海外旅行の豆知識
TOEIC900最短コー..
from TOEIC900最短コース『..
めざせリスニング満点!
from スーパーエルマーでTOEIC..
これで駄目なら英語は諦めろ
from 脳みそ筋肉男が、たった2ヶ月..
闘牛はすごいよ。
from ストレッチ 柔軟
めざせリスニング満点!
from スーパーエルマーでTOEIC..
以前の記事
2015年 05月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
メモ帳
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


2005年 05月 26日 ( 1 )

性別

英語では名詞に性別というものはないと思っていたが,男性,女性,中性,通性の区別があるんだそうだ。たしかに,三人称に he, she, itとあるので男性,女性,中性があるわけだなあ。英語の場合は人間の場合,実際にそのものの生物学的な性別でheで受けるかsheで受けるか決まるので,あまり名詞の性別を意識しないでいいので,ないと思い込んでいた。ドイツ語を習ったら、名詞には性というものがある、と教えられた訳である。Mannは男で、男性名詞、Frauは婦人、女性名詞。なるほど。犬が男性、猫が女性。そういうイメージかなあ、と思っていると、Katzeというのが猫一般を指している女性名詞だが牡猫を指す言葉としては別にKarterというのがあったりする。まあ、犬でも猫でも、それぞれ性別はあるのだからいいだろう。かたつむり、は雌雄同体だそうだがドイツ語のかたつむりという単語の性別はどうなっているのだろう、などという疑問が頭をよぎる。そういうことを考えているときりがないので先に進もう。太陽が男性で月が女性。なんとなくわからないでもない。お嬢ちゃん Mädchenは中性。-chenという縮小語尾がつくと中性化するのだそうだ。英語ならお嬢ちゃんだろうがおねーさまだろうがおばさまだろうがばあちゃんだろうが,みなsheでいいのだが。小さい子供は中性的だからかなあ、と考えることにしてみるがやや釈然としない。中性子 Neutronは中性名詞だろうか? 陽子はどうなんだろう。反陽子は? また変な方向に向ってしまった。軌道修正しなければ。フランス語とかスペイン語など、ロマンス語の系統には中性名詞がなくて男性名詞と女性名詞だけである。当然出所のラテン語もそうだろうと思いきやラテン語には中性名詞があったのだという。それがいつしかなくなって男性名詞と女性名詞の2つになったのだとか。どうせならそれもなくなってくれればわかりやすかったんですけどね。しかし何で名詞に性別を区別しないといけないのだろう? 性別がもっともっとたくさんある言語もあるそうだが,そんなにいっぱい区別してなにかいいことがあるのだろうか? まあ,区別するだけなら勝手にやってくれればいいんだが、冠詞を性別にあわせて使い分けるとか形容詞にも性別にあわせた変化が起きるとか、ややこしくて敵いません。
漢字では海の中に母があり、フランス語では母 la mére の中に海 la mer があるとかいうので、なるほど、ヨーロッパの連中も海には生命の母という感覚があったのだなあ、などと感心していたら、スペイン語では海は男性名詞だという。ラテン語では海は中性名詞だったのだそうだ。ラテン語の中性名詞は、それが消滅した後、大部分は男性名詞化したそうだが、フランス語では多分「山」が男性名詞なのでそれに対するものという連想から女性名詞になった、というようなことがなにかに書いてあった。なんだ、その程度のことだったのか、感心して損をした。
by xabon | 2005-05-26 19:21 | 文法