人気ブログランキング |

語学に関する素朴な疑問など
by xabon
カテゴリ
全体
英語
フランス語
スペイン語
日本語
ドイツ語
韓国語
その他の国の言葉
綴り
発音
文法
その他
未分類
最新のトラックバック
フランス語ノート 13
from Blog サイトぅ
スペインファッション用語辞典
from 地中海の街から バルセロナ/..
親になる瞬間から『モンス..
from 魚眼(ぎょがん)しんぶん
マルキンバイオ、サラリー..
from お酢大好きブログ@酢の情報バ..
旅行に忘れてはいけない持ち物
from 国内旅行・海外旅行の豆知識
TOEIC900最短コー..
from TOEIC900最短コース『..
めざせリスニング満点!
from スーパーエルマーでTOEIC..
これで駄目なら英語は諦めろ
from 脳みそ筋肉男が、たった2ヶ月..
闘牛はすごいよ。
from ストレッチ 柔軟
めざせリスニング満点!
from スーパーエルマーでTOEIC..
以前の記事
2015年 05月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
メモ帳
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


2005年 05月 28日 ( 1 )

æ

「英語の歴史」(じゃなくて「英語の冒険」でした。失礼しました。)という本によると昔の英語のアルファベットは23文字だったそうだ。その中には今ある文字が入ってなかったり,今はない文字が含まれていたりする。その中にはæというのがあったそうだ。いまは発音記号に名残がみられる。猫をcatとかいて[kæt]と発音する,エと発音しながらアと発音しなければならないというややこしい母音,あれである。日本語にはない母音であるが日本語ではcatはキャットと表記する。エと発音しながらアと発音するのなら,ケァットのほうが実態に近いのではないかと思うがそんな日本語の表記はないので仕方がない。キャットでもそんなに不都合はないようであり,日本語にæという母音がない割には日本人のcatの発音は(ほかのæを含む単語よりは)悪くないとのことである。
「キャット」がcatが[kæt]であるならば「シャット」は[sæt]であるかというとそんな発音をする単語は英語にないのであって(嘘だ,sit-sat-satのsatは[sæt]でした。お詫びして訂正いたします)「シャット」はshutで発音記号で書くとsを縦に引き伸ばしたような積分記号∫のようなやつなのだがIMEでこれを出すのは容易でない。積分記号はintegralのIからできた記号なのでsの親戚のような音とは似て非なるものであるが,シャ行の子音の発音記号を知らなければ(そんな人がここを読むことなんてあるだろうか),まあこんな格好をした奴だと思ってください。次の母音はuを「ア」と読むときの音はvをひっくり返したような発音記号で表される口をあんまり大きく開けない「ア」であって,「エ」と発音しながら「ア」と発音する母音とは違うものである。やれやれ,やっぱり英語を日本語で表記するのにはなかなか無理がある。同じ拗音で書かれていても片や母音の問題,片や子音の問題とは。飛行機のチャーター便のchaterの最初の子音は「シャ」の子音の前にtがくっついたもので親戚筋である。次の母音は口を広く開けて奥のほうで発音する長母音でæではない。shutと同じくこの拗音はチャ行の子音であることを表すための記号と化しているようだ。satelliteのsの次の母音がæであるが,この単語をあえて日本語表記すると「サテライト」であって断じて「シャテライト」ではない。tabletだって「タブレット」であって「チャブレット」ではない。この辺は「サ行」「タ行」のなかでは母音が i のところでは子音が変わってしまうという事情があるので「カ行」とは同じに扱えないのは止むを得ないのだといわれるかもしれないからほかの行で見てみよう。mにはmapやらmadやらありますね。バ行ではbatなど。しかしこれらの単語はカナ表記するのに「マップ」「マッド」「バット」であって「ミャップ」「ミャッド」「ビャット」ではない。まあ確かに「マップ」を「ミャップ」と発音しても本来のmapの発音に近くなったような気はしないが,どうして「キャット」は「カット」より英語のcatの発音に近いように感じるのかと考えるに æは口の前のほうで発音する母音なので「カ」とは子音の発音の仕方がやや異なる。そのあたりにcatを「カット」ではなく「キャット」と書く事情がありそうだ。所詮英語をカナで書くのは無理があるのだろうが,「メァップ」「メァッド」「ベァット」などと書くのはどうだろう,と考えたがairとかhairとかいう,æとは違う二重母音を「エア」「ヘア」と書くのと紛らわしくなってしまうから駄目だろうなあ。
by xabon | 2005-05-28 15:23 | 発音