人気ブログランキング |

語学に関する素朴な疑問など
by xabon
カテゴリ
全体
英語
フランス語
スペイン語
日本語
ドイツ語
韓国語
その他の国の言葉
綴り
発音
文法
その他
未分類
最新のトラックバック
フランス語ノート 13
from Blog サイトぅ
スペインファッション用語辞典
from 地中海の街から バルセロナ/..
親になる瞬間から『モンス..
from 魚眼(ぎょがん)しんぶん
マルキンバイオ、サラリー..
from お酢大好きブログ@酢の情報バ..
旅行に忘れてはいけない持ち物
from 国内旅行・海外旅行の豆知識
TOEIC900最短コー..
from TOEIC900最短コース『..
めざせリスニング満点!
from スーパーエルマーでTOEIC..
これで駄目なら英語は諦めろ
from 脳みそ筋肉男が、たった2ヶ月..
闘牛はすごいよ。
from ストレッチ 柔軟
めざせリスニング満点!
from スーパーエルマーでTOEIC..
以前の記事
2015年 05月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
メモ帳
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


2005年 06月 06日 ( 1 )

スペインの雨は主に平野に降る

オードリー・ヘップバーンはいいなあ。ローマの休日のヘップバーンもヘボン式ローマ字のヘボンも、英語で綴れば同じになってしまうらしい。
今日は[ei]の発音の練習ではありません。Spainのことはスペインの言葉ではEspañolである。「英語でsp-で始まる言葉はスペイン語ではesp-になるものが多いんですよね」ということだそうで、フランス語でもそういう傾向があるが、sp-とかst-とかいう二重子音で始まるのを嫌うようである。何で?と思うが、「日本語はなんでほとんど全ての音節が開音節なの」と尋ねられても答えられないのと同じで、教えたくても答えられない類のことかもしれない。じゃあそういう単語がないかというと、sportなどという単語はフランス語でもsportである。英語からの輸入だろうか? そういえばドイツ語ではsp-, st-で始まる単語はあるがSpiegel, Steinなどは「スピーゲル」「スタイン」じゃなく、「シュピーゲル」「シュタイン」というような発音になるのであったが、なんか関係あるのだろうか?
言語ごとに発音とか綴りに制約みたいなものがありますね。英語から入ったヒトはllamarなどという綴りをみると、なんだか不自然な綴りだなー、と思ってしまう。それは私だけだろうか? もっともスペイン語でもllで始まる単語というのは決してたくさんあるわけではないようだが。フランス語のvraiのvr-などというのも英語にはない綴りではないでしょうか。しかしそう思っていると、savvyなどという英単語もあったりする。外来語らしいが、-vv-という綴りが異様で個人的には嫌いな単語である。もちろん英語にとっては私ごときの違和感などとるに足らないものであろう。ちなみにフランス語でoとeが続くと(というか,「エ」を発音するときの舌の位置で「オ」を発音する口の形をして発音する母音を表すのに,といったほうがいいのかもしれないが)œと綴るが、あれも嫌いである。なんでかといわれると困るが,多分見慣れていないからだろう。æは許せるのである。中学校の頃から発音記号で慣れ親しんでいるからだろう。スペイン人にとっては sp- という綴りは許せなかったのだろう,いや,そこまで大げさなものじゃないかもしれないが,sp-という綴りが嫌いな言語の国がSpainと呼ばれることには違和感はないのだろうか?
by xabon | 2005-06-06 05:23 | 綴り