人気ブログランキング |

語学に関する素朴な疑問など
by xabon
カテゴリ
全体
英語
フランス語
スペイン語
日本語
ドイツ語
韓国語
その他の国の言葉
綴り
発音
文法
その他
未分類
最新のトラックバック
フランス語ノート 13
from Blog サイトぅ
スペインファッション用語辞典
from 地中海の街から バルセロナ/..
親になる瞬間から『モンス..
from 魚眼(ぎょがん)しんぶん
マルキンバイオ、サラリー..
from お酢大好きブログ@酢の情報バ..
旅行に忘れてはいけない持ち物
from 国内旅行・海外旅行の豆知識
TOEIC900最短コー..
from TOEIC900最短コース『..
めざせリスニング満点!
from スーパーエルマーでTOEIC..
これで駄目なら英語は諦めろ
from 脳みそ筋肉男が、たった2ヶ月..
闘牛はすごいよ。
from ストレッチ 柔軟
めざせリスニング満点!
from スーパーエルマーでTOEIC..
以前の記事
2015年 05月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
メモ帳
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


2005年 06月 26日 ( 1 )

英文法

そういえばまとまった英文法の勉強というのは長らくしたことがない、ということに気づき、英文法のテキストを買って読み直しております。丸善から出ている「アレクサンダー 英文法」というテキストである。ちょっと古い本のようだが文法の本質的なところにはあまり関係あるまい。一読したところ数箇所の誤訳と思われる間違いがあるのはご愛嬌ということか、ま、有名大学のえらい先生方が何人かで訳した何千円かするテキストでさえ間違いがあるんだから、このブログに間違いがあったって仕方ないのだ。
英語で書かれたテキストの訳本らしく、どちらかといえば英語圏以外のヨーロッパ諸語を母国語とする人を読者として想定して書かれた本のようであり、ところどころ、「ほかのヨーロッパの諸言語と比べ英語は...」というような記述がでてくる。英語というのはヨーロッパの諸言語のなかでは磨り減った分だけほかの言語とは異質な面が多くなっているということだろうか。フランス語やドイツ語などを学習するときに、英語ではこうだからそれから類推すると...、と考えるとずいぶん違っていてびっくりすることが多いのは英語を基準に考えることに問題があるようだ。今までここで書いてきたようなことのいくつかも、そういう「ほかのヨーロッパ諸言語との違い」に含まれていたりするが、しかし何でそのように違うのか、その答えまでは書いてくれていない、それは文法書の役割を越えているということだろうから仕方ない。
まず、出てくるのは、多くのヨーロッパ言語は屈折言語であるが、英語は「かつて屈折言語であった」ということである。ということは著者は現代英語は屈折語ではないと考えているのであろう。実際には、屈折語とされている言語だって全てを単語の屈折で表せるわけではないだろうから(そういう言語もあるのかもしれないが)、実際には「屈折語としての性格が強い」とか「弱い」とかいうことなんだろうと思うが。
日本語では「てにをは」が「格」に相当するものを表すのに使えるので「イヌがある人を噛んだ」と書いても「ある人をイヌが噛んだ」と書いても「ある人がイヌを噛んだ」と誤解されることはないわけであるが、英語では「イヌ」と「ある人」の語順を入れ替えると噛んだものと噛まれたまで入れ替わってしまうわけで、「語順」が名詞の「格」を判断するための重要な役割を果たしているので、あまり勝手に語順を変えてはいけないわけだ。中国語もそうなんですかね?
ちなみに屈折語の特徴とは次のようなことだそうである。
1. 名詞の語尾が、動詞の主語であるか目的語であるかにより変化する。
(ラテン語だと「主格」「属格」「与格」「奪格」とか、2つ以上の格変化があるようだが、ここでは主格以外を全部「目的語」にひっくるめているのであろうか?)
2. 冠詞、または形容詞と名詞の間の複雑な呼応がある。
(フランス語では、男性名詞につく定冠詞がle、女性名詞ならla、複数ならdesなどと、名詞の性や数によりそれにつく冠詞や形容詞の形も対応して変化するということであろう)
3. 動詞が活用変化する。よって語尾変化をみれば主語の人称、単複がわかる。
(日本語も動詞は活用変化するけれどもそれをみても主語の人称、単複はわからないので、「活用変化する」ということから「よって」といわれてもぴんとこないが、ヨーロッパの諸言語では動詞の活用変化というのは人称・単複と切っても切れない関係なのだろう)
by xabon | 2005-06-26 16:55 | 文法