人気ブログランキング |

語学に関する素朴な疑問など
by xabon
カテゴリ
全体
英語
フランス語
スペイン語
日本語
ドイツ語
韓国語
その他の国の言葉
綴り
発音
文法
その他
未分類
最新のトラックバック
フランス語ノート 13
from Blog サイトぅ
スペインファッション用語辞典
from 地中海の街から バルセロナ/..
親になる瞬間から『モンス..
from 魚眼(ぎょがん)しんぶん
マルキンバイオ、サラリー..
from お酢大好きブログ@酢の情報バ..
旅行に忘れてはいけない持ち物
from 国内旅行・海外旅行の豆知識
TOEIC900最短コー..
from TOEIC900最短コース『..
めざせリスニング満点!
from スーパーエルマーでTOEIC..
これで駄目なら英語は諦めろ
from 脳みそ筋肉男が、たった2ヶ月..
闘牛はすごいよ。
from ストレッチ 柔軟
めざせリスニング満点!
from スーパーエルマーでTOEIC..
以前の記事
2015年 05月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
メモ帳
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


2005年 07月 06日 ( 1 )

親称

英語には2人称の親称がないという話は前に書いたが、例の英文法書によれば英語以外のほとんどのヨーロッパ言語に2人称の親称があるのだそうだ。しかしポルトガル語、とくにブラジル・ポルトガル語では2人称の使用頻度が少なくなっているということらしい(3人称で代用するようだがよくは知らない)ので、英語に限らず、親称と遠称の使い分けは面倒だ、というのはやはりあるのだろうと、勝手に思っているわけである。相手に親称で呼ばれて気に入らず裁判沙汰になる、ということもあったりする(何で読んだかわすれたが)ようなので、それならいっそ親称なんてやめればいいのに、と思うわけで、かつての英国でもきっとそんなことが多くてやめてしまったのに違いあるまい。
しかし、「英語以外のほとんどのヨーロッパ言語に親称がある」ということは「英語以外にも少しは親称がない言語がある」ということであろうか。英語以外ではどこの言葉で親称がないか、ということに興味があるなあ。

話は変わるが、むかーし昔、芸能界というところでは朝でも夜でも時間を問わず、挨拶するときは「おはようございます」というという話を読んだことがある。まったく別のところで読んだ話では「こんにちは」とか「こんばんは」とかいう挨拶は使い方が難しい面があるのだそうである。つまり、上下関係みたいなものがあるという意識がある場合、「おはようございます」には「おはよう」と、自分の方が立場が上ということを相手に認識させる答え方があるが、「こんにちは」「こんばんは」には「こんにちは」「こんばんは」と答えることになるわけで、少なくとも挨拶の上では対等になってしまう。というわけで「こんにちは」とか「こんばんは」と挨拶すると相手が「こいつ、俺と対等の立場だと思っていやがる」などと思うのではないか、と気を回すと「おはようございます」と挨拶するか、そうでなければ「どーも、むにゃむにゃ」と口ごもるか、そんなことになるのであるが、親称を使わなくなる、という現象にもそんな心理的な要素があるのではないかと考えるわけであるがイギリス人の考えたことは全然違うのかもしれない。
by xabon | 2005-07-06 22:03 | 文法