人気ブログランキング |

語学に関する素朴な疑問など
by xabon
カテゴリ
全体
英語
フランス語
スペイン語
日本語
ドイツ語
韓国語
その他の国の言葉
綴り
発音
文法
その他
未分類
最新のトラックバック
フランス語ノート 13
from Blog サイトぅ
スペインファッション用語辞典
from 地中海の街から バルセロナ/..
親になる瞬間から『モンス..
from 魚眼(ぎょがん)しんぶん
マルキンバイオ、サラリー..
from お酢大好きブログ@酢の情報バ..
旅行に忘れてはいけない持ち物
from 国内旅行・海外旅行の豆知識
TOEIC900最短コー..
from TOEIC900最短コース『..
めざせリスニング満点!
from スーパーエルマーでTOEIC..
これで駄目なら英語は諦めろ
from 脳みそ筋肉男が、たった2ヶ月..
闘牛はすごいよ。
from ストレッチ 柔軟
めざせリスニング満点!
from スーパーエルマーでTOEIC..
以前の記事
2015年 05月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
メモ帳
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


2005年 07月 19日 ( 2 )

日本語

しかし、日本語だって負けず劣らず難しいのである。こないだからこの話を書こうとおもっていたのに書く段になると忘れちゃうんですね。ボケの始まりかもしれない。忘れないうちに明日の分まで書いてしまおう、明日は帰りが遅くなるし。

「いっぽん、にほん、さんぼん、よんほん」
どういう場合に本が「ぽん」になって、どうなると「ほん」になって、どうすれば「ぼん」になるのか、説明しろと言われてもできないのである。
仮定表現だってそうである。英語の仮定法とかドイツ語の接続法とかフランス語の条件法やら接続法やら、訳がわからないのでこのブログのネタにできないでいるのだが、日本語の仮定表現を体系的に説明しろといわれてもできないぞ。福嶌先生の本だったか、「この薬をのんだらよくなるよ」を「この薬をのむならよくなるよ」というのは自然な日本語でないのが何故か、とても説明できません。降参です。
数え方に戻るが、「いち、に、さん、よん、ご、ろく、なな、はち、きゅう、じゅう」というのも中国語から入った数詞の読み方と日本語古来の数詞の読み方がごっちゃになっているようだが、「し」が「よん」になるのは縁起かつぎでしょうか。「しち」が「なな」と読まれるのはどうしてかなあ。「ななほん」は人によっては「しちほん」という人もいるような気がするが「よんほん」は「しほん」と読む人はいませんね、いたら名乗っていただければと訂正しますが。
フランス語が「数を数えられない言語だ」などととんでもないことをいう人もいるようだが、その前にこの日本語の数詞の体系について説明してくれないかなあ。
そういえば、日本語の固有数詞というのは「ひとつ、ふたつ(fito, futa)」「みつ、むつmi, mu)」「よつ、やつ(yo, ya)」と、倍数の間で同じ子音が使われ母音が交替する組になっているという話が何かに書いてあったが何だったかな。「ふたつ」と「よつ」の関係はどうしてくれるんだ、とか「いつつ」と「とお」はどうなんだ、と突っ込みたくなるんだが。「ひとつ、ふたつ」と「よつ、やつ」では母音がoからaに交替するが「みつ、むつ」の組では違っているのも、何故なんだろう。
by xabon | 2005-07-19 22:05 | 日本語

完了形

英語の完了形というのは I have a box made. 作られた箱を持っている、というような形から I have made a box. 私は箱を作った(そして今、持っている)、という現在完了の形になった、というふうに、物の本に書いてあるというのは前に書いたとおりである。しかし、これはいつこういう形になったのだろう? フランス語やドイツ語では自動詞の場合は違うが、他動詞の場合には「持っているという意味の動詞を助動詞とし、これに過去分詞を組み合わせて」完了形を作るのである(フランス語では「複合過去」という名前だが)。
説その1.英語・フランス語・ドイツ語などの共通祖語からすでに「持っている+過去分詞」の形で完了形を表していた。
説その2.どこかの言語で、上のような経緯を経て完了形が作られ、他の言語でも「haveに相当する動詞+過去分詞」という形が真似された。
説その3.各言語毎に、独立して上のような経緯を経て完了形が作られた。(ちょっと信じがたいなあ。)
ラテン語にも完了形があるようだがhabere+過去分詞などという形ではなく、語尾変化で完了を表していたようだ。だから説その1は間違いかなあ。しかし、ラテン語で語尾変化で完了形を表していたものが、現在のロマンス諸語で「持っている+過去分詞」になっているのがなぜなのか、これも不思議である。ラテン語が各言語に分かれていく過程でゲルマン語系の「持っている+過去分詞」という形の影響を受けた、などということがあるのだろうかと考えてもみるのだが、何しろゲルマン語系の言語の歴史というのはラテン語系の言語の歴史以上に知らないのである。
さて、前に買った英文法のテキストによれば、「英語以外のヨーロッパ言語を使っている人たちは、母国語が干渉するために英語の現在完了をまちがえてしまう、現在完了を過去のかわりに使える物と思い違いをしてしまう...」と書いてある。英語のように過去形と現在完了形を厳密に使い分けないといけないのは英語くらいのものだ、ということだろうか。
by xabon | 2005-07-19 20:40 | 文法