人気ブログランキング |

語学に関する素朴な疑問など
by xabon
カテゴリ
全体
英語
フランス語
スペイン語
日本語
ドイツ語
韓国語
その他の国の言葉
綴り
発音
文法
その他
未分類
最新のトラックバック
フランス語ノート 13
from Blog サイトぅ
スペインファッション用語辞典
from 地中海の街から バルセロナ/..
親になる瞬間から『モンス..
from 魚眼(ぎょがん)しんぶん
マルキンバイオ、サラリー..
from お酢大好きブログ@酢の情報バ..
旅行に忘れてはいけない持ち物
from 国内旅行・海外旅行の豆知識
TOEIC900最短コー..
from TOEIC900最短コース『..
めざせリスニング満点!
from スーパーエルマーでTOEIC..
これで駄目なら英語は諦めろ
from 脳みそ筋肉男が、たった2ヶ月..
闘牛はすごいよ。
from ストレッチ 柔軟
めざせリスニング満点!
from スーパーエルマーでTOEIC..
以前の記事
2015年 05月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
メモ帳
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


2005年 07月 21日 ( 2 )

米の国

明日も遅いから明日の分まで書いてしまおう。これが連載99回目になるようだ。内容は大したものじゃありませんが、目指せ100回。

シニアに属するという意識は全くないのだが、「シニアのためのものしり英語塾」はちょうど通勤しながら聞けるので楽しく聞いている。車を運転しながらなので、聞き流しているだけですが。
8月号のテキストに馬越先生が「日本と米国は緊密な関係にあります。日本は米を主食としている国ですから」というスピーチを訳した話が書いてある。
この話は知っている。どっかの政治家が「日本は米を主食とする米の国、アメリカも米の国、どっちも同じ米の国」みたいな話をアメリカ人相手にした、アメリカ人が自分の国を「米国」だなんて思ってるわけがないじゃないか、日本の政治家のレベルなんてこんなものだ、しょうもないなあ、というような趣旨の文章で読んだような記憶がかすかにあるが(しょうもないなあ、というのは、この文章の著者がそう書いていたんじゃなくこっちがそう思っただけだったかも)、いつ読んだか、誰が書いていたかなどということは全く覚えていない。これを通訳していたのが馬越先生だったとは。
そういえば「アメリカ」といってアメリカ合衆国のことを指すのは世界の中で必ずしも一般的なことではなさそうだ。「アメリカのスペイン語」といえば「合衆国でヒスパニック系の人々が使っているスペイン語」のことじゃなく、「中南米諸国で使われているスペイン語」のことらしい。フランスやスペインではEtats Unis, Estados Unidosなど、「合衆国」というのが彼の国の呼び方であるようだ。
ま、それはさておき、件の政治家氏は、フランス人相手にスピーチをする際には「日本は仏教を信じる仏の国、フランスも仏の国、仏の国同士、仲良くしましょう」なんてスピーチしただろうか、というのが興味のもたれるところである。
by xabon | 2005-07-21 20:44 | その他

2人称のはなしの続き

スペイン語の歴史についてかかれたものによると、昔は2人称複数形のvosを2人称単数の尊称としてつかっていたのが、徐々に尊称としての機能を果たさなくなったというのである。túというほど親しくない相手にはとりあえずvosといっておきゃ無難だろう、という感じでvosが多用されれば相手を敬うという意味は薄れ、場合によっては慇懃無礼に聞こえることも出てくるだろうし。これって日本語の場合と同じじゃありませんか。スペイン人もやっぱり相手をどう呼ぶかでは悩んでいたのだなあ、きっと。やがてvuestra mercedという呼び方から今の2人称遠称のustedが使われるようになったという経緯であるようだ。中南米のスペイン語圏では、こういう変化が本国で起きる前のスペイン語が伝わっていたため、人称代名詞の使われ方がちょっと異なっている部分があるようだ。2人称複数形のvosotrosを使わないで全部ustedesを用いるというのも、こういうことに関係するんでしょうね、詳しいことは書いてないが。

ブラジルのポルトガル語の代名詞の表をみると、2人称が書いてないので、何じゃ、これは? と思ったのは私だけだろうか。本国のポルトガル語では2人称単数(tu)はあるようだが、複数形はやっぱり使われなくなっているようだ。2人称がないのにどうやって相手を呼ぶのかと思ったわけだがvocêという、文法上は3人称扱いの2人称を使うのですな。スペイン語のvosに似た形だがあっちは文法上2人称複数形の2人称単数用呼称だったので、ポルトガル語のvocêがスペイン語のvosに対応する単語だったのかどうかは不明。このほかにo senhor, a senhoraという3人称扱いの2人称もあるらしい。vocêが近称でo senhor, a senhoraが遠称あるいは尊称ということであろうか?
2人称の近称というのは、相手との距離感が微妙なんだと思うんですよね。こっちは親しい相手と思ってtuを使ったのに相手はこっちにそれほど親近感をもっていなくて、なんでtu呼ばわりするんだ、と不快感を持つこともあるかもしれないし、その逆で遠称を使って呼んだらよそよそしいと思われたり... もともとその言葉を母国語にする人同士であればその距離感覚にある程度の共通認識がありトラブルになりにくいが「植民地」ではそれがないため、近称を使いにくくなり、無難な尊称を多用するうちに、尊称としての意味合いが消失する、ということかと。ところが尊称としての機能がなくなったvocêをみんなに使っているとまた「あいつもおれも同じかよ」と思う人が出てきて、別の呼び方を編み出す羽目になったのではないかと思ったわけである。o senhor, a senhoraなんて、日本語で「そこの旦那さん」とか「奥さん」とかいうのと一緒ではないか。日本語の文法書に、3人称として「旦那さん」「奥さん」という「人称代名詞」が載っている、そんなわけはないが。
by xabon | 2005-07-21 06:16 | 文法