人気ブログランキング |

語学に関する素朴な疑問など
by xabon
カテゴリ
全体
英語
フランス語
スペイン語
日本語
ドイツ語
韓国語
その他の国の言葉
綴り
発音
文法
その他
未分類
最新のトラックバック
フランス語ノート 13
from Blog サイトぅ
スペインファッション用語辞典
from 地中海の街から バルセロナ/..
親になる瞬間から『モンス..
from 魚眼(ぎょがん)しんぶん
マルキンバイオ、サラリー..
from お酢大好きブログ@酢の情報バ..
旅行に忘れてはいけない持ち物
from 国内旅行・海外旅行の豆知識
TOEIC900最短コー..
from TOEIC900最短コース『..
めざせリスニング満点!
from スーパーエルマーでTOEIC..
これで駄目なら英語は諦めろ
from 脳みそ筋肉男が、たった2ヶ月..
闘牛はすごいよ。
from ストレッチ 柔軟
めざせリスニング満点!
from スーパーエルマーでTOEIC..
以前の記事
2015年 05月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
メモ帳
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


2005年 11月 24日 ( 1 )

国語の授業

わが国の義務教育では「国語」の授業はあっても「日本語」の授業はありません。
イギリスやアメリカには English の授業はあるけれども national language という授業はないそうだ。「国語」の授業がある国は日本だけかしらん?
その「国語」の授業では、日本語の発音を教えることはない、という。確かに習った記憶はないなあ。「あ」という文字が書いてあったら「あ」と発音するんですよ、とか、「い」という文字は「い」と発音するんですよ、とか。当たり前、と思うが、ほかの国では、母国語の発音を学校で教える、と、何かに書いてあった。教えないのは日本くらいだ、と。ま、どこまでホントなのかはよくわからないのだが。英語なんぞは、母音がたくさんあって、綴りと発音が一致しないし、文字は文字として、それとは別に発音を教える必要がある、ということなんですかね? まあ、しかし、正しい発音を教える、というのは大事なことのような気はする。何をもって正しいとするのかは難しいが。方向を間違うと、「標準語がいい言葉、標準語の発音が正しい発音。方言の発音は悪い発音」という教育になりかねないし。
それにしても、日本の国語の授業というのは「文章を読んで答えなさい。波線部①の部分で○○さんの考えていたことはどのようなことだったでしょう? 30文字以内で書きなさい」などというような問題に答えるためのものであった。少なくとも私にはそう感じられた。いまでもそうだろうか? 私にはひどいストレスであった。国語の授業が一番嫌いだったかもしれない。さて、それでは国語の成績が悪かったかというと案外そうでもない。テストの問題、とくに当時はやりの客観テスト(選択肢方式ですな)には解き方のコツがあったのだ。清水義範博士が著書「国語入試問題必勝法」という作品のなかで「文章問題の問題文は読んではいけない」とか何か書いていたような気がするがまさにその通りだと思ったものである。かくて、今に至り、こんな文章を書いております。
さて、日本のほかの国では「文書を読んで、主人公の気持ちを100語以内で書きなさい」などという問題はでるのかしらん? 英国の英語の時間には、どんなことが教えられているんでしょう?
by xabon | 2005-11-24 21:44 | 日本語