人気ブログランキング |

語学に関する素朴な疑問など
by xabon
カテゴリ
全体
英語
フランス語
スペイン語
日本語
ドイツ語
韓国語
その他の国の言葉
綴り
発音
文法
その他
未分類
最新のトラックバック
フランス語ノート 13
from Blog サイトぅ
スペインファッション用語辞典
from 地中海の街から バルセロナ/..
親になる瞬間から『モンス..
from 魚眼(ぎょがん)しんぶん
マルキンバイオ、サラリー..
from お酢大好きブログ@酢の情報バ..
旅行に忘れてはいけない持ち物
from 国内旅行・海外旅行の豆知識
TOEIC900最短コー..
from TOEIC900最短コース『..
めざせリスニング満点!
from スーパーエルマーでTOEIC..
これで駄目なら英語は諦めろ
from 脳みそ筋肉男が、たった2ヶ月..
闘牛はすごいよ。
from ストレッチ 柔軟
めざせリスニング満点!
from スーパーエルマーでTOEIC..
以前の記事
2015年 05月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
メモ帳
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


2005年 12月 12日 ( 2 )

poder

今週のスペイン語講座はpoderの活用だ。poderは英語のcanに相当する「~できる」という動詞だそうだ。フランス語のpouvoirもそうだが、こういうのは助動詞扱いじゃないんですね、英語と違って。poderとpouvoirはp-で始まるところは一緒だが、同じ語源なんでしょうか?possibleもp-がつくけれどもこれはどうなんでしょう?
poderの活用は、puedo/puedes/puede/podemos/podéis/pueden
意味は「~できる」のほか、「~してもいい」という意味でも使われる、と。英語と一緒ですな。
ところで、フランス語ではpouvoirはpeux/peux/peut/pouvons/pouvez/peuventと活用するけれども、peux/peux/peutのeuの母音の発音とpeuventのeuの母音とは違うんだそうで、いやー、全然気づきませんでした。発音の違いはあるが綴りに注目することにすると、フランス語もスペイン語も単数+3人称複数のグループと複数1・2人称のグループに分かれるのは、どういう理由によるものなのでしょう?
by xabon | 2005-12-12 21:21 | スペイン語

句読点

日本語のルールが整備されていないのは「はい」と「いいえ」の用法だけではありませぬ。句読点の使い方もてんでバラバラだ。英語にもカンマを使っても使わなくてもいいところ、というのがあるのかもしれない(この「ところ、」の読点も、こんなところに読点をつかうか? と疑問視するヒトもいるかもしれない)が、カンマを使うべきところ、使ってはいけないところというのがあるわけだ。いくつかの物事が並列で3つ以上列記されているような場合、たとえば「私は、犬と猫と猿が好きだ」というときには I like dogs, cats, and monkeys. と、最後の項目以外はカンマで区切って、最後はandでつなげる、というようなルールがあるわけだが、日本語の場合には「私は、犬、猫、猿が好きだ」と書いても差し支えない。「私は犬と猫と猿が好きだ」と読点を付けないほうが普通かな。「私は犬と、猫と、猿が好きだ」とはあまり書かないかもしれない。まあ、あまり普通には使われない表記法もあるが、だからといって文法的に適切でないとはいえないだろう。
上の例なんかはカンマがなくても「犬と猫と猿」の並列関係がわかるといえばわかるから、文法的に正しいかどうかは別としてもあってもなくても意味は変わらないかもしれないが、関係代名詞の制限用法と非制限用法をわけるコンマなんかは文章の意味が違ってくるという意味でもっと決定的な役割を果たしている。マーク・ピーターセン先生の「英語塾」という本からみてみよう。例文は少し変えてあります。
Look at the people in the next room. The girl who wears a red T-shirts is his daughter.
「隣の部屋の人たちをみて。赤いTシャツの女の子が彼の娘だよ。」これは女の子は複数いて、そのうち赤いTシャツを着ているのは一人しかいないので彼の娘だと特定できる、ということがこの文の中に意味として含まれている。
Look at the people in the next room. The girl, who wears a red T-shirt, is his daughter.
これも日本語に訳すといろいろな訳文はありうると思うが、上と同じになったとしても間違いではないのではないかと思う。然るにこちらは隣の部屋には女の子は一人しかいないということが、後ろの文のThe girlの後ろの,で明らかになる、というわけである。
その点、日本語は自由度が高い。読点の打ち方などは書き手の好みである。新聞の文章なんか読んでいても、「ここで読点を打つかな~? 意味の区切りじゃないぞ」と思うようなところに点が打ってあったりするのである。しかし、あまり点を打ちたくないところでも打たないと仕方がない場合もある。この、「しかし、」というところには私としては読点は打ちたくないのである。けれども「しかしあまり」と仮名がずらずら続くのはちょっと読みにくいかな、と思うので点を打ったのであるが、そんなに読みにくくないと思って読点を打たないヒトもいるだろう。「ある日、森の中、熊さんに出会った」 この読点も、「ある日森の中熊さんにであった」と書くと、「ある日、森の中で熊さんに出会った」なのか「ある日森(「ひもり」というものがあるかもしれない)の中で熊さんに出会った」なのか「ある日、森の中熊さん(森地区に住んでいる中熊という苗字の人)に出会った」なのか、わかりにくいだろうと思うわけである。小学生の低学年のころの教科書や読本は「分かち書き」されているからいいが多くの日本語の文章というものは分かち書きされていないので単語とか文節の区切りを明確にするために読点を使わないと読みにくい、ということがあるのだが、どこで区切るか、日本語の単語とか文節という概念がそもそもしっかりしていないためだと思うのだが、それも人によってまちまちなのである。しかし、やたらと、読点ばっかりの文は、ぶちぶちと切れたそばやうどんを、食べるのと同じで、とっても、読みにくいので、そういう書き方は、やめたほうが、いいと思うなあ、と、清水博士風のオチをつけたつもり。
by xabon | 2005-12-12 21:03 | 日本語