人気ブログランキング |

語学に関する素朴な疑問など
by xabon
カテゴリ
全体
英語
フランス語
スペイン語
日本語
ドイツ語
韓国語
その他の国の言葉
綴り
発音
文法
その他
未分類
最新のトラックバック
フランス語ノート 13
from Blog サイトぅ
スペインファッション用語辞典
from 地中海の街から バルセロナ/..
親になる瞬間から『モンス..
from 魚眼(ぎょがん)しんぶん
マルキンバイオ、サラリー..
from お酢大好きブログ@酢の情報バ..
旅行に忘れてはいけない持ち物
from 国内旅行・海外旅行の豆知識
TOEIC900最短コー..
from TOEIC900最短コース『..
めざせリスニング満点!
from スーパーエルマーでTOEIC..
これで駄目なら英語は諦めろ
from 脳みそ筋肉男が、たった2ヶ月..
闘牛はすごいよ。
from ストレッチ 柔軟
めざせリスニング満点!
from スーパーエルマーでTOEIC..
以前の記事
2015年 05月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
メモ帳
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


2006年 03月 07日 ( 2 )

未来形

スペイン語では
「ir a + 動詞原型」
「未来形」
いずれでも未来の事を表せるそうである。
英語でも be going to ~ と will ~、2通りあるのと同じようなものである。
フランス語でも「aller + 動詞原型」と「未来形」の2通りあるが、前者は「近接未来」ということで、時間的に、あるいは、心理的に、近い将来のことを表すのに使う、という風に理解していたが、スペイン語では「ir a + 動詞原型」でも「未来形」でも、ほとんど違いはないようである。「ir a +動詞原型」のほうは「~するつもり」という意思を表すのには使わない(使えない)ようだが、未来のことをいう場合にはどっちをつかってもいい、気分で使い分ける、ということである。マドリードっ子のエバさんがそういっていたのだから、それでいいんだろう。
動詞の原型に、-é, -ás, -a, -emos, -éis, -án という語尾をつける、と。
Hablaré de eso mañana. 「それについては明日お話します」てな調子でしょうか。
「明日は忙しいのでここにこられません。」は、 No veniré aqui mañana. これでいいのかな。¡Hasta mañana!
by xabon | 2006-03-07 21:11 | スペイン語

地理の話

語学の話題ではないのだが、ヨーロッパの地理の話である。
スペインとポルトガルがヨーロッパ大陸の西の端だと思っていたら、そうではないらしい。ヨーロッパ大陸の西端はフランスらしい。イベリア半島はヨーロッパ本土ではないのだな。スペインは日本より広いのだが。
スペインの地形というのも、さっぱり飲み込めないのだが、無茶苦茶高い山はあまりないようだ。フランスとの国境地帯ピレネー山脈には3000m級の山が胃つくかあるようだし、南部のシエラネバダ山脈にも3000mクラスの山はあるようだが、日本のような、「スペインの屋根」みたいな山地が国土の中央に陣取って人々の往来を阻む、ということはなさそうだ。ま、でもそれなりの山脈があって、国土をいくつかの地域に分けているようではある。カタルーニャなんか、言葉も違うわけだし、半分くらい別の国でではないか。ポルトガルがスペインの一地方でないのが不思議なくらいだ。

ヨーロッパでは、スペインとフランスが日本より広い国だそうである。多分、ロシアはヨーロッパ扱いではないのだろう。
地図を見ただけでの印象であるが、スペインもフランスも、日本と違って国の真ん中に高くて険しい山があってヒトが行き来するのに不自由などころか、住むにも何か作るにも不自由、ということが少なそうだ。単純に面積が広い、という以上に、土地の有効利用がしやすいんだろうなあ。ドイツなんかも、日本よりちょっと狭いようだが、山は少ないようなので、「使える」土地は日本より広いんじゃないかという気がする。
日本みたいな、山のせいで行き来が不自由な上に細長い国は全国一律というのは本来難しいのだと思うのである。道州制でも導入してある程度まとまったブロック単位で物事を進めないと効率が悪くて仕方ないと思うんだが。さもなくば、みんなで田舎を捨てて、日本人はみんな関東平野から関西までの間の太平洋岸に住むことにするとか。多分、小泉君はそういう考え方の持ち主で、日本には都会だけあればいい、と思っているんだろう。郵政民営化は、その第1歩と思われるが。
by xabon | 2006-03-07 20:04 | その他