人気ブログランキング |

語学に関する素朴な疑問など
by xabon
カテゴリ
全体
英語
フランス語
スペイン語
日本語
ドイツ語
韓国語
その他の国の言葉
綴り
発音
文法
その他
未分類
最新のトラックバック
フランス語ノート 13
from Blog サイトぅ
スペインファッション用語辞典
from 地中海の街から バルセロナ/..
親になる瞬間から『モンス..
from 魚眼(ぎょがん)しんぶん
マルキンバイオ、サラリー..
from お酢大好きブログ@酢の情報バ..
旅行に忘れてはいけない持ち物
from 国内旅行・海外旅行の豆知識
TOEIC900最短コー..
from TOEIC900最短コース『..
めざせリスニング満点!
from スーパーエルマーでTOEIC..
これで駄目なら英語は諦めろ
from 脳みそ筋肉男が、たった2ヶ月..
闘牛はすごいよ。
from ストレッチ 柔軟
めざせリスニング満点!
from スーパーエルマーでTOEIC..
以前の記事
2015年 05月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
メモ帳
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


2006年 03月 29日 ( 1 )

hijo

英語では息子がsonで、娘はdaughter、全然違う単語である。ついでに、兄弟は brotherで、姉妹は sisterである。日本では「ご兄弟はいらっしゃいますか?」と尋ねて姉妹のことも含んでいることが普通であるが、英語では「兄弟か姉妹がいるか?」と尋ねる必要があるようだ。大和言葉では「はらから」という言葉があって兄弟姉妹を一緒くたにしていう言葉らしいが英語では兄弟姉妹を全部ひっくるめた言い方といのはあったかしらん? OALDのfamilyの項目をみてもみつけられない。sonとdaughterはひっくるめてchildrenであるが。
フランス語では息子がfilsで娘がfilleである。fil-まで共通しているが、同じ語源なのかどうかはよくしらない。多分同じなんだろうと思うが。子供はenfantsである。「兄弟姉妹」をひっくるめた言い方はないそうで、上の「ご兄弟はいらっしゃいますか?」に相当するのは Vous avez des frères et soeurs? というようである。
スペイン語になると、息子がhijoで、娘がhijaである。スペイン語にありがちであるが、語尾が-oなら男性形、-aなら女性形というわけである。スペイン人が日本にくるとhijoの方が日本語で「むすこ」というならhijaの方は「むすか」になるとはやとちりするかもしれないな。それは冗談だが、スペイン語で息子と娘をまとめてなんというのかは知らないのである。調べれば済むことだが、ほかの単語では、男性形の複数で済ますようなので、hijosで、「(息子も娘もひっくるめた)子供たち」という意味になるのかな。
さて、このhijo/hijaであるが、同じラテン語由来の言語なのにフランス語とは違うなあ、と思っていたら実は同じ語源らしい。ラテン語では息子がfiliusで娘がfiliaなので、フランス語の方が元のラテン語に近い形を残しているようだが、スペイン語では f が h になって、l が j になっている。l が j に変わる過程で l → ll → j という風に変わったかどうかはわからない。fille の場合もそうだが、フランス語では-illという綴りは「ヤ行」の子音みたいな発音になるし j もドイツ語などで「ヤ行」の子音を表す文字なので、そうなのかな、と思ってみたのであるが。

f-がh-になるほうは日本人にもちょっと理解しやすいと思われる。日本語でも「ハ行」の子音はかつては p-だったそうであり、それが f-(これが英語の[f]と同じ、歯唇摩擦音なのか、いまの「ふ」と同じ両唇摩擦音なのかは私は知らないのだが)になり、そして今の[h]になった、と、昔「ドント」という使い捨てカイロのCMに教えられた記憶がある。昔を思い出して、「チャップイ、チャップイ、ドント、ポッチイ」といっていたら奥さんに「古いわね」と言われてしまった。知っている自分も古いと思うが。今の若いもんはこのCM自体知らないんじゃないかな。
by xabon | 2006-03-29 21:42 | スペイン語