人気ブログランキング |

語学に関する素朴な疑問など
by xabon
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
英語
フランス語
スペイン語
日本語
ドイツ語
韓国語
その他の国の言葉
綴り
発音
文法
その他
未分類
最新のトラックバック
フランス語ノート 13
from Blog サイトぅ
スペインファッション用語辞典
from 地中海の街から バルセロナ/..
親になる瞬間から『モンス..
from 魚眼(ぎょがん)しんぶん
マルキンバイオ、サラリー..
from お酢大好きブログ@酢の情報バ..
旅行に忘れてはいけない持ち物
from 国内旅行・海外旅行の豆知識
TOEIC900最短コー..
from TOEIC900最短コース『..
めざせリスニング満点!
from スーパーエルマーでTOEIC..
これで駄目なら英語は諦めろ
from 脳みそ筋肉男が、たった2ヶ月..
闘牛はすごいよ。
from ストレッチ 柔軟
めざせリスニング満点!
from スーパーエルマーでTOEIC..
以前の記事
2015年 05月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
メモ帳
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


2006年 04月 10日 ( 1 )

フランス語の省略の美学

フランス語っていうのは、発音を随分と端折った言語だと思うわけである。
たとえば、「それは...だ」。英語では It is... であるが、フランス語では C'est 「セ」である。ずいぶんあっさりしている。
the United States 。英語では「ザ・ユナイテッド・ステイツ」
スペイン語では los Estados Unidos 「ロス・エスタードス・ユニドス」
早口でいうと「ロセスタードスニドス」くらいにはなるのかもしれないが、それでも長い。
フランス語にかかると les Etats Unis 「レゼタジュニ」である。だいぶ短い。

語末の子音を発音しなかったり、二重子音というのが基本的になかったり、二重母音もなかったり、と、「合衆国」のなかにフランス語が短い秘密がたくさん含まれているような気がする。発音が随分と省略されているような気がする。でもって、あんまり力みがないんですよね。英語みたいな強弱アクセントがないせいかもしれないが。
英語とかスペイン語が力んでいるかどうかはよくわからないが、力んでいるなあ、と感じるのは、北朝鮮のニュースですな。ま、それは本題でないのであっちに置いとくとして。フランス語のこのそっけなさで Ça m'est egal. 「どっちでもいいわ」とかいわれるとこっちまで力が抜けそうな気がしてしまうのであるが、私の思い込みかもしれない。

何で、フランス語は二重子音とか二重母音を好まないんでしょうね?
何で日本語に二重子音がないか、とか音節がほとんどみな開音節なのかとか聞かれてもだれも明確に答えられないのと同じで、そういう言語なんだ、としか答えてもらえないだろうなあ。

「眠い」は、J'ai sommeil. である。「私は眠気を持っている」というわけだが、フランス語では「私は...を持っている」という場合に、Je ai と母音が続くのを嫌ってエリジオンが生じる。
疑問文で 倒置疑問文というのがあるが、本来なら単純に動詞と主語をひっくり返せばいいはずのところ、「彼は...を持っていますか?」のような場合、A il では母音が連続するので A-t-il と、発音上以外意味のない-t-をわざわざ挟み込んだりする。on の前に母音で終わる単語がくる場合も l'on と、意味のない l' を付け加えたりする。
不思議なのは tu が主語のときには Tu as ...と、母音が続いても気にしないところである。何で、これほどまでに母音が続くのを避ける言語が、Tu が主語のときには母音が来ても許しちゃうんでしょう? Je を J'にするようには Tu を T'にはできないのかもしれないが、どうして tu が主語のときに、「母音の連続を避ける」という原則が働かなくなるのか、不思議で仕方がないのである。それを考えると夜も眠れないのであるが、地下鉄漫才なんていまや誰もしらないのである。若いモンに三球照代を説明しようとしてインターネットで検索してもあまり引っかからないらしい。知り合いがそんなことをいっとった。
そんなことを書いているうちに就寝時間が来てしまった。おやすみなさい。Bonne nuit.
by xabon | 2006-04-10 21:39 | フランス語