人気ブログランキング |

語学に関する素朴な疑問など
by xabon
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
英語
フランス語
スペイン語
日本語
ドイツ語
韓国語
その他の国の言葉
綴り
発音
文法
その他
未分類
最新のトラックバック
フランス語ノート 13
from Blog サイトぅ
スペインファッション用語辞典
from 地中海の街から バルセロナ/..
親になる瞬間から『モンス..
from 魚眼(ぎょがん)しんぶん
マルキンバイオ、サラリー..
from お酢大好きブログ@酢の情報バ..
旅行に忘れてはいけない持ち物
from 国内旅行・海外旅行の豆知識
TOEIC900最短コー..
from TOEIC900最短コース『..
めざせリスニング満点!
from スーパーエルマーでTOEIC..
これで駄目なら英語は諦めろ
from 脳みそ筋肉男が、たった2ヶ月..
闘牛はすごいよ。
from ストレッチ 柔軟
めざせリスニング満点!
from スーパーエルマーでTOEIC..
以前の記事
2015年 05月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
メモ帳
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


2006年 04月 18日 ( 1 )

気音のp

英語などでは ph の綴りは f と同じ発音になる。スペイン語では思い切って ph の綴りはやめて、発音どおり f にしてしまったようだが。
th の綴りは、発音記号の[θ]で表される、舌を前歯で挟む例の音だ。
ch は「チ」の子音に相当する音だ。shは「シャシュショ」の子音のような音だ。
なんで、-h-がつくと、その前に書かれている子音字とは違う音になるのかなあ。
gh というのもありますな。ghost。これは g 単独の場合と同じだと思う。enough。これは f と同じ音になる。night などでは黙字扱い。他にどんな読み方があったっけ。
ラテン語では、phとかthとかいう綴りは気音を表す、と本には書いてあった。気音というのがよくわからないのだが。
韓国語では、子音を「平音」「激音」「濃音」に分けるそうだ。このうち激音というのは t, p, ch, k にあたる子音を、強く息を吐き出しながら出す音なんだそうだが、気音というのはそれと同じようなものかなあ。とにかく、philosophyはラテン語では「フィロソフィ」じゃなく、「ピロソピ」と読まれていた、のかも知れないらしい。古い本の受け売りなので、最近の定説では違うかもしれないが、間違っていたらごめんなさい。
英語では、語頭のpは韓国語の激音みたいに息を強く出して発音する p だそうだ。語中、語末の p は平音の p に相当する発音の仕方らしい。日本語で普通に「パピプペポ」というときの子音に相当するんでしょうね。
激音の p というのは、多分、子供がピストルの音を真似て「パーン」というときの「パ」の子音に近いと思う。間違ってたらこれもごめんなさいだ。
韓国語ではbとpは区別しないで、語頭ではp、語中ではbとして発音されるのに対して、平音のpと激音のpは区別するのだな。英語は逆にbとpは明らかに違う音として認識されるのに、平音のpと激音のpは区別がなく、でも語頭では有気音、語中では無気音になるというわけだ。言語によって、「同じ音として認識される範囲」というのがこのように違うというのは面白いことだ。
ところで、このように、強く息を吐き出しながら発声をすると、相手に唾がかかるのであるが、こういうのがインフルエンザの伝染経路になっているとか。日本では普通はあまりそういう発音の仕方をしないので、インフルエンザが伝染しにくい、と。
前に「力んでいるように聞こえる言葉」の話を書いたが、韓国・朝鮮語というのは激音があるので力んでいるように聞こえる、という面もあるのかもしれない。北朝鮮のニュースが力んでいるのはそればかりではないかもしれないが。
フランス語の p は語頭でも気音ではないそうだ。フランス語がそっけなく聞こえるのはそのせいかもしれない。本当はこれを書こうと思って書き始めたのだった。ずいぶんと長くなってしまったなあ。
by xabon | 2006-04-18 21:01 | 発音