人気ブログランキング |

語学に関する素朴な疑問など
by xabon
カテゴリ
全体
英語
フランス語
スペイン語
日本語
ドイツ語
韓国語
その他の国の言葉
綴り
発音
文法
その他
未分類
最新のトラックバック
フランス語ノート 13
from Blog サイトぅ
スペインファッション用語辞典
from 地中海の街から バルセロナ/..
親になる瞬間から『モンス..
from 魚眼(ぎょがん)しんぶん
マルキンバイオ、サラリー..
from お酢大好きブログ@酢の情報バ..
旅行に忘れてはいけない持ち物
from 国内旅行・海外旅行の豆知識
TOEIC900最短コー..
from TOEIC900最短コース『..
めざせリスニング満点!
from スーパーエルマーでTOEIC..
これで駄目なら英語は諦めろ
from 脳みそ筋肉男が、たった2ヶ月..
闘牛はすごいよ。
from ストレッチ 柔軟
めざせリスニング満点!
from スーパーエルマーでTOEIC..
以前の記事
2015年 05月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
メモ帳
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


2006年 05月 03日 ( 1 )

前置詞

英語は前置詞が発達した言語だそうである。格変化というのが無くなった分を前置詞で補っているというということか。フランス語やらスペイン語やら、眺めてみるに、英語ではいくつかの前置詞で役割を果たしているものが、ほかの言語では一つの前置詞で済まされている、という例が多々あるようだ。
フランス語の前置詞をみてみると...
à six heures 「6時に」 at seven o'clock
à gauche 「左に」 to the left
au (=à + le) printemps 「春に」 in the spring
dificile à lire 「読みにくい」 easy to read
penser à toi 「君の事を思う」 think of you
などなど。of の意味になるのは例外的と思うが、英語のat, in, to などを兼ねた前置詞と認識。しかし、英語の in に当たるものとして en という前置詞もあるのがややこしい。at と in は、時間でも場所でも、「点と見るか」「ある程度の広がり・幅を持っていると見るか」で使い分けると習ったが、フランス語の à と en の使い分けというのは、英語同様、「点」と「範囲」での使い分けもあるが、en France と au Japon, au printemp と en hiver などのように、後ろにくる言葉の性やら母音で始まるかどうかといったことで使い分けているようにみえる場合もあり、一貫性がないように思える。
dans というのも「...の中に」という前置詞で、dans ta chambre 「君の部屋で(何をする気だ?)」 in your room と、これも英語の in に相当することがあるようだ。 into に相当することもあるみたいだが。

un tasse de café 「一杯のコーヒー」 un cup of coffee
venir du Japon 「日本から来る」 come from Japan
de は of と from を合わせたような前置詞という認識。しかし、動詞との組み合わせでは esseyer de ...「... してみる」 try to ...などと、形の上では英語の to に相当する例もあるようだ。

気が向けばほかの前置詞も。
by xabon | 2006-05-03 20:11 | 文法