語学に関する素朴な疑問など
by xabon
カテゴリ
全体
英語
フランス語
スペイン語
日本語
ドイツ語
韓国語
その他の国の言葉
綴り
発音
文法
その他
未分類
最新のトラックバック
フランス語ノート 13
from Blog サイトぅ
スペインファッション用語辞典
from 地中海の街から バルセロナ/..
親になる瞬間から『モンス..
from 魚眼(ぎょがん)しんぶん
マルキンバイオ、サラリー..
from お酢大好きブログ@酢の情報バ..
旅行に忘れてはいけない持ち物
from 国内旅行・海外旅行の豆知識
TOEIC900最短コー..
from TOEIC900最短コース『..
めざせリスニング満点!
from スーパーエルマーでTOEIC..
これで駄目なら英語は諦めろ
from 脳みそ筋肉男が、たった2ヶ月..
闘牛はすごいよ。
from ストレッチ 柔軟
めざせリスニング満点!
from スーパーエルマーでTOEIC..
以前の記事
2015年 05月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
メモ帳
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


2006年 05月 29日 ( 1 )

目的語

目的語には「直接目的語」と「間接目的語」があるわけだが、そもそも目的語というのは何だ、ということがよくわからない。「目的語」の定義をしておくれでないかい。

目的語の定義も定かでないのに、「直接目的語」と「間接目的語」の違いを論じても仕方がないと思うが、今日のスペイン語講座によれば、「だいたい日本語で『...を』というのが直接目的語で『...に』というのが間接目的語」ということであった。確かに「本を彼女にあげる」の「本」は直接目的語で「彼女に」は間接目的語であるが、「彼女にあった」の「彼女に」は直接目的語である。ちなみに韓国語では「彼女に会う」の「に」に相当する助詞は日本語の「を」に当たる助詞だそうである。

さらに細かい事を言い出すと、「自動詞」と「他動詞」の定義もしないといかんのだろうなあ。「動詞」の定義もよく知らないのだけれど。
動作がそれ自体で完結するのが自動詞で目的語がないと完結しないのが他動詞、ということであろうか。
日本語の場合、英語では他動詞である give に対応する「あげる」という動詞は、「ぼくがあげるよ」という風に文脈によっては必ずしも目的語がなくても文として成り立ってしまうので、英語の自動詞・他動詞を日本語にそのまま当てはめてもうまく行かないかもしれない。
英語では自動詞に対しては受身の文というのは成立しないのであるが、日本語では、「泣く」というような自動詞でも、「彼女に泣かれて、困った(おいおい、いったい何をやらかしたんだい)」てな受身文が成り立ってしまうのだそうである。これを「迷惑の受身」というのだそうだ。ことほど左様に英語と日本語の「他動詞・自動詞」というのは違うらしい。


I gave her this book.「彼女にこの本をあげた。」
this bookが直接目的語で、herが間接目的語である。
「を」とか「に」とかでなく、「本」が「あげる」という行為の主たる動作対象で、「彼女」の方は二次的な対象、という風に考えればいいだろうか。
I met her. は、「会う」ことの主たる動作対象(二次的な対象はこの場合ないが)なので直接目的語、ということで説明はできるけれども、しかし、「私は東京に行った」と言う場合の「東京に」も「行く」の直接目的語ということになるんでしょうか。 I went to Tokyo. のwent (go) は自動詞なんだが。

そういうわけなので、誰か「目的語」の定義を教えてください。
[PR]
by xabon | 2006-05-29 19:56 | 文法