人気ブログランキング |

語学に関する素朴な疑問など
by xabon
カテゴリ
全体
英語
フランス語
スペイン語
日本語
ドイツ語
韓国語
その他の国の言葉
綴り
発音
文法
その他
未分類
最新のトラックバック
フランス語ノート 13
from Blog サイトぅ
スペインファッション用語辞典
from 地中海の街から バルセロナ/..
親になる瞬間から『モンス..
from 魚眼(ぎょがん)しんぶん
マルキンバイオ、サラリー..
from お酢大好きブログ@酢の情報バ..
旅行に忘れてはいけない持ち物
from 国内旅行・海外旅行の豆知識
TOEIC900最短コー..
from TOEIC900最短コース『..
めざせリスニング満点!
from スーパーエルマーでTOEIC..
これで駄目なら英語は諦めろ
from 脳みそ筋肉男が、たった2ヶ月..
闘牛はすごいよ。
from ストレッチ 柔軟
めざせリスニング満点!
from スーパーエルマーでTOEIC..
以前の記事
2015年 05月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
メモ帳
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


2006年 07月 01日 ( 1 )

男系社会

スペイン語って、ちょっと男尊女卑のような気がする。

主語人称代名詞、複数形だと男性形と女性形があるけれども、nosotras, vosotras, ellas などの形は、その複数の人たちが「全て女性」の場合のみ使われるということである。女性5人に男性1人が混ざっている集団は、女性が代表して自分たちのことをいう場合でも nosotras とはならないで nosotros というわけである。
日本の「紅白歌合戦」では、男女混合のユニットで男の人数が多くても、リードボーカルが女性なら赤組である。ま、それはどうでもいいんだけれど、人称代名詞以外でもそういうものが多いようだ。

mis padres。 
padre は「父」で、その複数形である。お父さんらしき人物が何人かいる、という怪しい家庭問題の話ではないそうである。「パパ」が何人もいる、という話でもないそうである。mis padres で「両親」という意味だそうだ。「母」は madre 、念のため。mis madres という言い方はありえないのかどうかはよく分らない。
英語やフランス語での parent に相当する、「父」「母」という単語とは独立した、「親」という意味の単語があるのかどうかも知らない。調べりゃいいんですけどね。

人名。
スペインでは 「ファーストネーム」+「父方の姓」+「母方の姓」で、子供の氏名になるそうだ。父方の姓と母方の姓の順番はどっちが先でもいいようだが、最初の子供と2人目の子供で順番を入れ替えていいのかどうかはよく知らない。
日本みたいに、「結婚すると多くの場合、妻が夫の姓に変わる」ということはなくて、結婚しても妻は結婚前の姓で通すそうである。日本より男尊女卑じゃないではないか、といわれそうだが、やっぱり男性優位なのである。
スペイン語の姓でやると長くなりすぎるので日本人の苗字でやってみよう。(ところで「姓」と「苗字」と書いたが、私はこの2つの違いがよくわかっていないのである。) 

日本にこのシステムが導入されたとして、鈴木さんという男性と山田さんという女性が結婚すると、子供の苗字は「鈴木・山田」さんになる。
この「鈴木・山田」さんが男の子だったとして、佐藤さんという男性と中村さんという女性の間に生まれた「佐藤・中村」さんという女性と結婚したとする。
この二人の子供の苗字が「鈴木・山田・佐藤・中村」さんとなるかというと、そうはならないわけである。
まあ、それはもっともなのであって、全部くっつけていたら10代目くらいになったらとんでもないことになってしまう。
スペイン流では「鈴木・佐藤」と、「父方の父親の姓」と「母方の父親の姓」を残すんだそうである。やっぱり男系なのである。

万世一系というのは生物学的にY染色体がどうのこうの、という議論をどっかでやっていたが、生物学的にいうと、ミトコンドリアというのは母方から伝わるそうなので、そういう意味では「母方の母」の由来を残しておくのが正しい姓のつけ方ではないかという気もする。日本でこのシステムを導入するときには、「父方の父」の姓と「母方の母」を残すようにすることを提言したい。
by xabon | 2006-07-01 07:38 | スペイン語