人気ブログランキング |

語学に関する素朴な疑問など
by xabon
カテゴリ
全体
英語
フランス語
スペイン語
日本語
ドイツ語
韓国語
その他の国の言葉
綴り
発音
文法
その他
未分類
最新のトラックバック
フランス語ノート 13
from Blog サイトぅ
スペインファッション用語辞典
from 地中海の街から バルセロナ/..
親になる瞬間から『モンス..
from 魚眼(ぎょがん)しんぶん
マルキンバイオ、サラリー..
from お酢大好きブログ@酢の情報バ..
旅行に忘れてはいけない持ち物
from 国内旅行・海外旅行の豆知識
TOEIC900最短コー..
from TOEIC900最短コース『..
めざせリスニング満点!
from スーパーエルマーでTOEIC..
これで駄目なら英語は諦めろ
from 脳みそ筋肉男が、たった2ヶ月..
闘牛はすごいよ。
from ストレッチ 柔軟
めざせリスニング満点!
from スーパーエルマーでTOEIC..
以前の記事
2015年 05月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
メモ帳
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


2006年 08月 01日 ( 1 )

「もっている」と「ある」

英語でいうところの have と be動詞のことである。
have と フランス語の avoir、スペイン語の haber などというのは、似ているようで語源的には無関係なんだそうだな。本当にそうなんですか?と問いただしたくなるが、ものの雑誌にはそのように書いてあった。「言語」という雑誌である。ちょこちょこと斜読みしただけなので覚え違いがあるかも知れないが。
avoir と haber は、どっちもラテン語の habere だか何か、そんな動詞に由来する動詞だったと思う。ちゃんと調べればいいのだが、今、手許に本がない。別の部屋まで行けばあるんだが。

英語では There is a girl in the room. などとbe動詞を使っていうところ、フランス語だと Il y a une fille en la chambre. などと、所有を意味する動詞を使う、という話はもう何度も書いたような気がする。スペイン語では主語を言わないで Hay una niña... などとなるわけだろう。hay の -y は y (英語の and)じゃなくて、フランス語の Il y a の y (そこに)と同じ起源だとかいう話も書いてあった。同じラテン語起源の言語でも、イタリア語では所有を意味する動詞をこういう風には使わないらしい。これもうろ覚えであるから間違っているかも知れない。

「もっている」と「ある」の役割は相補的なんですかね。「もっている」が広い役割を果たしている言語、フランス語なんかは英語に比べればそうだと思うんだが、逆に「ある」が幅をきかせている言語、という風に。
英語だと、 I'm thirteen years old.「13歳です」というところ、フランス語だと、J'ai treize ans. でしたっけね、「13年を持っている」というわけであった。
日本語と英語を比べると、日本語は英語よりさらに「ある」のほうが頻繁に使われる言語ですかね? 英語なら I have ... というところ、日本語なら「ぼくにはこれがある」というような言い方をするけれど、逆のケースは思いつかない。
by xabon | 2006-08-01 21:21 | 文法