人気ブログランキング |

語学に関する素朴な疑問など
by xabon
カテゴリ
全体
英語
フランス語
スペイン語
日本語
ドイツ語
韓国語
その他の国の言葉
綴り
発音
文法
その他
未分類
最新のトラックバック
フランス語ノート 13
from Blog サイトぅ
スペインファッション用語辞典
from 地中海の街から バルセロナ/..
親になる瞬間から『モンス..
from 魚眼(ぎょがん)しんぶん
マルキンバイオ、サラリー..
from お酢大好きブログ@酢の情報バ..
旅行に忘れてはいけない持ち物
from 国内旅行・海外旅行の豆知識
TOEIC900最短コー..
from TOEIC900最短コース『..
めざせリスニング満点!
from スーパーエルマーでTOEIC..
これで駄目なら英語は諦めろ
from 脳みそ筋肉男が、たった2ヶ月..
闘牛はすごいよ。
from ストレッチ 柔軟
めざせリスニング満点!
from スーパーエルマーでTOEIC..
以前の記事
2015年 05月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
メモ帳
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


2006年 08月 05日 ( 1 )

まえに前置詞の話を書いたのはいつだったかな

フランス語に比べ英語は前置詞がやたらと多い気がする。
フランス語の sur は、「...の上に、...の上方に」というような意味の前置詞で、英語の on とか above を兼ねた働きをしているようだが、さらに、英語で about が使われるような場合にも sur が使われるようだ。フランス語には chez という、英語にない前置詞もありますけどね。 chez moi といったときに「私の家に・で」という意味にもなるし、「私の国に・で」などという意味にもなったりするようで、手広く使える前置詞で、 aller chez le coiffeur 「床屋に行く」 などという使い方もあるようだ。英語には chez に相当する前置詞はないですね。 in my house, to my house などt言わないといけないわけであるが、しかし chez 以外の基本的な前置詞というのはフランス語のひとつの前置詞が英語の複数の前置詞の役割を果たしていることが多いような印象を持つわけである。
フランス語に限らず、スペイン語でもドイツ語でもそうではないかと思うがあまり詳しいことはしらないのでここではフランス語と比べて、ということにしておく。
どうして英語はこんなにいっぱい前置詞があるんですかね? それとも気のせいですか?

during 「...の間(期間)」なんてのも英語では前置詞であるが、-ing というくらいでもともとは現在分詞か動名詞だったのだろうなあ。durer 「続く」というフランス語の動詞がある。スペイン語にも同じような動詞があるようだ。これが英語に入って、いつのまにか前置詞になったのだろうなあ。フランス語では pendant という前置詞がこれに相当するようだ。-ant というのはフランス語の現在分詞の語尾だ。pendre という動詞があるが、これからできた前置詞だろうか。pend+現在分詞の語尾という形は英語にも pending という言葉があるなあ。
of と from は、フランス語では de というひとつの前置詞で間に合う。ドイツ語には属格があるから of ...に相当する表現にあまり前置詞を使わないのかな。von でいいんでしたっけ? 英語も昔は格変化があったようだがそのころは of と from という2つの前置詞はなかったのだろうか。1つの前置詞で間に合うのであれば 試験勉強で、made of ... と made from ... の違いに悩まされることもなかったろうに。
by xabon | 2006-08-05 21:41 | 文法