人気ブログランキング |

語学に関する素朴な疑問など
by xabon
カテゴリ
全体
英語
フランス語
スペイン語
日本語
ドイツ語
韓国語
その他の国の言葉
綴り
発音
文法
その他
未分類
最新のトラックバック
フランス語ノート 13
from Blog サイトぅ
スペインファッション用語辞典
from 地中海の街から バルセロナ/..
親になる瞬間から『モンス..
from 魚眼(ぎょがん)しんぶん
マルキンバイオ、サラリー..
from お酢大好きブログ@酢の情報バ..
旅行に忘れてはいけない持ち物
from 国内旅行・海外旅行の豆知識
TOEIC900最短コー..
from TOEIC900最短コース『..
めざせリスニング満点!
from スーパーエルマーでTOEIC..
これで駄目なら英語は諦めろ
from 脳みそ筋肉男が、たった2ヶ月..
闘牛はすごいよ。
from ストレッチ 柔軟
めざせリスニング満点!
from スーパーエルマーでTOEIC..
以前の記事
2015年 05月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
メモ帳
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


2006年 08月 11日 ( 1 )

リンゴ

リンゴは英語で apple.
ドイツ語で Apfel. これは、男性名詞ですな。der Apfel, des Apfels, dem Apfel, den Apfel。複数だと die Äpfel, der Äpfel, den Äpfeln, die Äpfel と変化するのだな。
フランス語では pomme. フランスにいくとリンゴは女性名詞だ。pomme de terre になるとジャガイモである。pommes frites はフライドポテト。英語では french fry というんだったか。
スペイン語では manzana. これも女性名詞である。
ドイツ語と英語はどうみても同じ語源の言葉だと思うが、フランス語とは全然別だ。フランス語とスペイン語はまた違う。これはどっから来たのだろう? ラテン語ではリンゴは何といったのだろう? 印欧語では「鮭」という言葉は共通の語源を持っているそうで、印欧語の祖語が誕生したところには鮭がいたと推測されているそうだが、そこにはリンゴはなかったんですかね?

Adam's apple といえば「のどぼとけ」。聖書で蛇に誘惑されて禁断の木の実を食べた話に由来するんだと思うが、ドイツでもフランスでもスペインでも「アダムのリンゴ」というと「のどぼとけ」のことになるようだ。しかし「禁断の木の実」はリンゴではないという説もあったようだが。

ドイツとかフランスとかイギリスの人たちにとっては「果物」=「リンゴ」というイメージなのかなあという気がするわけである。
それでいつの間にか「木の実」が「リンゴ」になってしまったのではないかなあ。
pomme de terre も、ジャガイモがそんなにリンゴに似ているとは思わないんだけど、彼らにしてみるとジャガイモは地中になる木の実(地下茎だけどね)というイメージなんだろうと思ったのだが、見当はずれかもしれない。
pineapple なんてのも、そんなにリンゴに似てますかね? 「松ぼっくりに似た果物」というくらいのイメージでつけられた名前なんじゃないかなあ。

日本では大きくて甘くてきれいなリンゴが好まれ、酸っぱいリンゴは売れないので「国光」とか「紅玉」なんていう品種はほとんど作られなくなってしまったが、ヨーロッパでは適度に酸味のあるリンゴが好まれるとか。日本で売れないような酸っぱいリンゴがイギリスあたりでは売れるというような話をどこかで読んだような覚えがある。あっちの食事は油っぽいので食後に「ギトギト感」を中和する酸っぱいデザートが好まれるのかしらん。日本の食事はそれほど油を使わないから酸っぱくないほうがいいんだろう。日本では果物は「食後のデザート」というよりは水菓子というくらいで「おやつ・お菓子」だ。柿とか和梨なんかさっぱり酸味がありませんな。私個人の好みとしては甘いだけのリンゴというのは好きじゃないんだが。

pomme de terre の芽にはソラニンだか何だか、アルカロイド性の毒が含まれているので、芽の出たジャガイモを調理するときにはしっかり芽をとらないといけないそうである。
囲碁部の合宿で晩御飯のカレーを作っていたときに調理当番のチョウ君がジャガイモの皮をむいていたが、あまりちゃんと芽をとっていなかったのでタケミヤ君が「ちゃんと芽をとらなくちゃ」と注意したら、「僕はシノギが専門だから...」と言い訳していたとか。見かねたカトウ君が、「じゃあ、僕が芽をとってやろう」と代わってやったそうである。こんな話を「語学」のブログに書いても、何のことだかわからんだろうなあ。
by xabon | 2006-08-11 13:25 | その他