人気ブログランキング |

語学に関する素朴な疑問など
by xabon
カテゴリ
全体
英語
フランス語
スペイン語
日本語
ドイツ語
韓国語
その他の国の言葉
綴り
発音
文法
その他
未分類
最新のトラックバック
フランス語ノート 13
from Blog サイトぅ
スペインファッション用語辞典
from 地中海の街から バルセロナ/..
親になる瞬間から『モンス..
from 魚眼(ぎょがん)しんぶん
マルキンバイオ、サラリー..
from お酢大好きブログ@酢の情報バ..
旅行に忘れてはいけない持ち物
from 国内旅行・海外旅行の豆知識
TOEIC900最短コー..
from TOEIC900最短コース『..
めざせリスニング満点!
from スーパーエルマーでTOEIC..
これで駄目なら英語は諦めろ
from 脳みそ筋肉男が、たった2ヶ月..
闘牛はすごいよ。
from ストレッチ 柔軟
めざせリスニング満点!
from スーパーエルマーでTOEIC..
以前の記事
2015年 05月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
メモ帳
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


2006年 08月 15日 ( 1 )

liaison

西原画伯のことではない。それはりえぞう。家でこれをやっても、うちの奥さんは西原画伯のことを知らないのでツッコミを入れてくれないのだ。これからは毎日新聞を購読しようかしらん?
それはさておいて、リエゾンである。フランス語の発音のお約束事のひとつである。他には、エリズィオンとかアンシェヌマンとかある。
簡単にそれぞれの説明を書いておこう。覚え書きである。リエゾンとエリズィオンなどは、どっちがどっちだっけ、てなことがしょっちゅうであるから。
リエゾン 
単語単独では発音されない語末の子音が、母音で始まる単語と続けて発音されるときに、母音と続けて発音される現象。前の単語と後ろの単語の意味上の結びつきが強いときにリエゾンが行われるという。
 des amis 「友人たち」 des という不定冠詞は単独なら「デ」であって「デス」でも「デズ」でもないけれども、後ろに amis という母音で始まる名詞が続くと -s が読まれるようになって、「デ・アミ」ではなく、「デザミ」になる、というようなことである。
 vous avez... 「あなた方は...を持っている」 これも「ヴ・アヴェ」ではなくて、「ヴザヴェ」である。
 エリズィオンは、je, me, te, se, ce, de, ne, que, le, la, si といった、短い限られて単語で、後ろに母音で始まる単語が来る場合に、j', m', t' (以下略)などと、母音字が省かれる現象ということだそうだ。
 「私は (je) 持っている (ai)」 は、je ai ではなく、j'ai 「ジェ」となる、というようなことである。それで、「これは (ce) ...である (est ... )」も、ce est ではなく c'est 「セ」となるわけだ。
 アンシェヌマンは、パリを本拠地とするサッカーチームである。それは「パリ・サンジェルマン」。これも誰もツッコンでくれないから一人ツッコミするしかありませぬ。
 これは、「発音される語末の子音」+「母音で始まる単語の、頭の母音」が、一音節として発音される現象。
「彼女は (elle) ...である (est...)」が、「エル・エ」ではなく、「エレ」となるようなことである。
リエゾンなんぞは、「しなければならない場合」「してもしなくてもいい場合」「してはいけない場合」があるそうである。エリズィオンやアンシェヌマンについては読んだものに書かれていないので不明。
リエゾンしてはいけない例。主語が代名詞ではなくて固有名詞の場合。一般名詞の場合はどうなんだかよく分らない。アンシェヌマンも駄目なような気がする。
Paul est ... 「ポールは...である」 Paulの-l は発音するが、これは「ポル・エ」と読むべきで、「ポレ」と読んでしまうとその人の名前に関して誤解を招きやすいからだろう。
unのあとに母音で始まる単数名詞がくるようなケースでは unと後ろの単語の間ではリエゾンはしないんだそうである。これは何故だろう?
et のあとが母音で始まる単語の場合。これもリエゾンしてはいけないんだそうだ。 これも、主語の場合と同じで、et の次にくる単語が別の単語と誤認されにくくするためではなかろうか。
あとは「有声の h 」は子音扱いなので、リエゾンの対象にならない、と。

それにしてもフランス語というのはこういう、単語がつながって一まとまりの発音単位が一単語と一致しないので、初学者にとっては聞き取りが大変である。何といっているんだか、さっぱりわからないぞ。何とかしておくれやす。
by xabon | 2006-08-15 22:21 | フランス語