人気ブログランキング |

語学に関する素朴な疑問など
by xabon
カテゴリ
全体
英語
フランス語
スペイン語
日本語
ドイツ語
韓国語
その他の国の言葉
綴り
発音
文法
その他
未分類
最新のトラックバック
フランス語ノート 13
from Blog サイトぅ
スペインファッション用語辞典
from 地中海の街から バルセロナ/..
親になる瞬間から『モンス..
from 魚眼(ぎょがん)しんぶん
マルキンバイオ、サラリー..
from お酢大好きブログ@酢の情報バ..
旅行に忘れてはいけない持ち物
from 国内旅行・海外旅行の豆知識
TOEIC900最短コー..
from TOEIC900最短コース『..
めざせリスニング満点!
from スーパーエルマーでTOEIC..
これで駄目なら英語は諦めろ
from 脳みそ筋肉男が、たった2ヶ月..
闘牛はすごいよ。
from ストレッチ 柔軟
めざせリスニング満点!
from スーパーエルマーでTOEIC..
以前の記事
2015年 05月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
メモ帳
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


2006年 09月 04日 ( 2 )

「です・ます」と形容詞

このブログは、わざと「…だ」体やら「…である」体やら「…です・ます」体やら、混ぜて使っている(意識的にやってるんですよ)けれども、「…だ・…である」体と「…です・ます」体を混ぜて、「僕のお父さんは製薬会社の医薬情報担当だ。お母さんは看護婦です。」などと、文章を書くのは筋が悪い、と小学校のときに教わったので、業務上の文章を書くときにはそれを守るように、一応、心がけている。

「…だ」と「…である」を混ぜて使って良いのかどうかは習わなかったような気がするので、「これは本である。あれはノートだ。」などというような文を書いていいのかどうかはよくわからない。なるべくは混ぜないようにしているつもりではある。これも、わざと混ぜることはある。

公的な文書を書くときには「である」体は適しているが、「だ」体はあまり適していないように思うので、多分、本来は両者は違う文体なんでしょうね?

まあ、文章を読む相手のこともあるので、必要に応じて、「です・ます」体の文章も書いたりするわけであるが、困るのは形容詞の扱いだ。

「…その隣にみえるのは○○株式会社の本社ビルである。このビルは非常に高い。同社のホームページによると、高さ80mもあると書かれている。」などという文章を「です・ます」体で書いたときに「…ビルです。このビルは非常に高い。…」と書くのか、「…ビルです。このビルは非常に高いです。…」と書くのか、よくわからない。

たしか、形容詞には「です」はつけない、と習ったような記憶がかすかにあるし、どうにも好きになれないので、個人的には「高いです」などと形容詞に「です」をつけるのは避けるようにしているが、「です・ます」体で書かれている文章に、「高い」とか「白い」とかいう形容詞が混ざるのもなんだかそこだけ丁寧でないような感じになって違和感がある。で、「高いのです」とか「高く感じられます」とか「高いようです」とか、形容詞の後ろになにかくっつけて「です・ます」で終わるような文章に変えて、なんとか「高い」という言い切りかたで終わらないように工夫したりするのだが、文章の意味やらニュアンスやら、何だかちょっと変わってしまうのだなあ。どうしたらいいんでしょうねえ?
by xabon | 2006-09-04 19:42 | 日本語

crfl

(前回までのあらすじ)
フランス語の単語に同音異義語が多いのは語末の子音字を読まないためである。

これも前回引用した本からであるが、cour も cours も court も、発音は一緒だそうである。
これも語末の子音字を読まないからこんなことになるわけだが、そんなフランス語でも、語末が -c, -r, -f, -l の場合には発音することが多い (この「多い」というのが曲者であるが) そうだ。これはいろんな本にそう書いてあって、「careful の子音字はフランス語の単語の語末に来たとき読まれることが多いと覚えましょう」などと書いてある。フランス語の単語の話なのになんで英語の careful などという単語を持ち出さないといけないのかはよくわからない。

しかし、どうして -c, -r, -f, -l は語末でも発音されるんですかね? あと、q も語末で発音されるそうである。obaq とか。こんなのを書くと、本気でフランス語にこういう単語があると思って辞書を引いて「みつからない」といって焦るヒトもいるかもしれないが、「オバQ」と書いただけである。いまどきの若いもんは、ドラえもんは知っていてもオバQは知らないかもしれないなあ。

前にも書いたが-oi- が「オイ」じゃなく「ウワ」だったり、-ai-が「アイ」じゃなく「エ」だったりするのもそうだが、フランス語の綴りの読み方はいわゆるローマ字(日本語のローマ字表記)の読み方とは結構異なるのだけれども、ラテン語の発音はローマ字読みに近かったということなので、どっかで読み方が変わったのでしょうね?

英語の場合は、母音の読み方が時代とともに変わって、昔は綴りどおりに読まれていたのが時代とともに「ローマ字読み」では読めない読み方に変化した、というのはいくつかの本で読んだが、フランス語についてはそういうことについて書かれた本が出回っていないので、どうしてつづり字どおりに読まれないのか、事情がさっぱりわからない。

フランス人は一筋縄でいかない、素直でない連中だから綴りも素直に読めないのだろうか、なんていうと、どこかの都知事みたいなのでそういうことはいわないでおこう。

しかし、語末のcrflでも、読むことが多いといいながら読まない例もある、というのは、何とかして欲しいなあ。
by xabon | 2006-09-04 07:24 | フランス語