人気ブログランキング |

語学に関する素朴な疑問など
by xabon
カテゴリ
全体
英語
フランス語
スペイン語
日本語
ドイツ語
韓国語
その他の国の言葉
綴り
発音
文法
その他
未分類
最新のトラックバック
フランス語ノート 13
from Blog サイトぅ
スペインファッション用語辞典
from 地中海の街から バルセロナ/..
親になる瞬間から『モンス..
from 魚眼(ぎょがん)しんぶん
マルキンバイオ、サラリー..
from お酢大好きブログ@酢の情報バ..
旅行に忘れてはいけない持ち物
from 国内旅行・海外旅行の豆知識
TOEIC900最短コー..
from TOEIC900最短コース『..
めざせリスニング満点!
from スーパーエルマーでTOEIC..
これで駄目なら英語は諦めろ
from 脳みそ筋肉男が、たった2ヶ月..
闘牛はすごいよ。
from ストレッチ 柔軟
めざせリスニング満点!
from スーパーエルマーでTOEIC..
以前の記事
2015年 05月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
メモ帳
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


2007年 01月 13日 ( 1 )

結婚やらその周辺のことに関する、あまりおめでたくない話題

辞書に載っている例文をみているとなかなか面白い。固有名詞のところをちょっといじったりして遊べる。
Tomokazu est le mari de Momoe. 「トモカズはモモエの夫である」
Shin-ichi a été le mari de Masako. 「シンイチはマサコの夫であった」

Votre mari va-t-il bien? 「ご主人はお元気?」 夫婦の「夫」のほうを「主人」と呼ぶのが適切かどうかはここでは議論しないことにして、慣用とか辞書の表現に従うことにする。世の中には「ご主人はお元気?」と尋ねられて「うちじゃ私のほうが『主人』なの」と答える妻もいるそうである。フランス語に訳すにはどういえばいいんだか。
Mon mari est au loin en ce moment. 「主人は今、遠いところに行ってるの」  亭主元気で留守がいい、というのが昔あったがなあ。「遠く」って、どこでしょう? まさか...
「出て行ったきり帰ってこないの」はどう表現するんでしょう? 昔は「出て行ったきり帰ってこない」のは大概出て行った側に何か問題があったものだが、昨今は「出て行ったきり帰ってこないの」と嘆いている妻のほうもおかしかったりする怖い世の中である。
お互いにそういう不幸な目に会わないためには、Il faut trouver un bon mari. 「いい夫を見つけなければならない」 もちろん、Il faut trouver une bonne femme. でもある。なんで夫のほうばかりが例文にでているかというと、辞書の femme のところにはあまりこれといった例文がでてこないからである。

bon mari とか bonne femme と思って結婚しても、実はそうでなかったりすることもある。やむを得ないことであるが、警察とか何とかのお世話になるような事態を招くくらいなら結婚生活を無理して続けることもなかろうと思うのだが。「彼女、あのひどい夫と別れていたらなあ」というのは、接続法を使って表現するんですかね? 接続法はよく知らないのだが、Elle ait divorcé d'avec le mari cruel. でいいでしょうか?

離婚する divorcer は、代名動詞ではないそうである。婚約や結婚が代名動詞なのに離婚が代名動詞でない理由はよくわからない。離婚した人は divorcé(e) と呼ばれるそうである。現代日本なら「バツイチ」と呼ばれるわけですな。Elle a épousé un divorcé. 「彼女はバツイチ男と結婚した」 épouser は「結婚する」の格式語らしい。これも代名動詞じゃないのだな。
うちにある辞書には Elle a divorcé quatre fois. なんて例文も出ている。4度も離婚するのか。タフだなあ。フランスじゃこういうことって多いんですか?
by xabon | 2007-01-13 21:53 | フランス語