人気ブログランキング |

語学に関する素朴な疑問など
by xabon
カテゴリ
全体
英語
フランス語
スペイン語
日本語
ドイツ語
韓国語
その他の国の言葉
綴り
発音
文法
その他
未分類
最新のトラックバック
フランス語ノート 13
from Blog サイトぅ
スペインファッション用語辞典
from 地中海の街から バルセロナ/..
親になる瞬間から『モンス..
from 魚眼(ぎょがん)しんぶん
マルキンバイオ、サラリー..
from お酢大好きブログ@酢の情報バ..
旅行に忘れてはいけない持ち物
from 国内旅行・海外旅行の豆知識
TOEIC900最短コー..
from TOEIC900最短コース『..
めざせリスニング満点!
from スーパーエルマーでTOEIC..
これで駄目なら英語は諦めろ
from 脳みそ筋肉男が、たった2ヶ月..
闘牛はすごいよ。
from ストレッチ 柔軟
めざせリスニング満点!
from スーパーエルマーでTOEIC..
以前の記事
2015年 05月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
メモ帳
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


2007年 08月 17日 ( 1 )

引き続き英作文の練習中

秋になると木の葉は赤くなる。

Leaves turn red in fall.

「秋になると」は in fall で簡潔に表現できる、ということである。ものしり英語塾によると、spring time, summer time, winter timeとはいうが、fall timeとかautumn timeとかいう言い方はしないそうである。「秋」だけ、fall はUSAで用いられ、UKではautumnというらしい。私は、物心ついた頃に英語が英国流だったらしく、秋はautumnと言う、と最初に覚えたもので、秋は fall というより autumnのほうが先に出てくる。fall は、葉っぱやら林檎やら、いろんなものが秋になると落ちてくるのでfall というんですかね? ドイツでは、Harvestでしたか。秋は実りの季節ということであろう。autumnは、フランス語の automnの影響で使われるようになったとかいう話であるが、すると、もともとの英語では秋は fall で、それがUSAに持っていかれ、フランス語の影響を受けずにそのまま残り、UKでは、フランスの影響でautumnになってしまった、ということでしょうか? 「雷鳥の羽は冬には白くなる」なんてのは、Snow grouse's feathers turns white in winter. といえばいいのかな? JR西日本の特急に「サンダーバード」というのがあるが、英語でthunderbirdというのは、北米に伝わる伝説の巨鳥のことで、北アルプスにいる野鳥とは違うようだ。

その小屋で眠るのは難しかった。

I found it difficult to sleep in the hut.

findの用法、「...してみたけれども~だった」というのは動詞 findを用いて、found it ~ to ...で表すといいらしい。
I found it difficult to keep something from my wife. などと言えばいいわけだ。いや、本当になにか隠し事をしようとしたわけではありませんが。Norihiko found it difficult to keep something from the mass media. 「Norihikoはマスコミに隠し事をするのは難しいことを知った」などなど。
He found it exciting to be paid attention. 「注目されるのはわくわくすることだと知ってしまった」で、新発見の捏造なんぞに走ったりするわけであろう。

角を曲がったところにレストランがある。

There is a restaurant around the corner.

there is 構文は、不定のものの存在を述べる文で、存在するものは a (an)、あるいは冠詞なしの複数形、あるいは冠詞なしの不可算名詞になる、というわけだ。
「どこか、食事をするところはありませんか?」と尋ねられたりした場合にはこういう答になるだろう。ところで「どこか、食事をするところはありませんか?」は英語でどういえばいいのだ? Where is a restaurant? でいいだろうか?
「この辺に、このまえ雑誌に紹介されていたレストランや、博物館がある。博物館はこの通りをまっすぐに行ったところにある。レストランは角を曲がったところにある。」という場合には上の文は適切でなく、The restaurant is around the corner. とでもいうのだろう。

その知らせを聞いて、アンは幸せな気分になった。

The news made Ann happy.

直訳すると、「その知らせはアンを幸せにさせた」であるが不自然な日本語ですな。日本語にはこういう無生物主語の文って、本来ないんですかね。英文を和訳する場合に、自然な日本語になるように工夫する必要があるが、日本語を英訳する場合に、このような英文を思いつけるかどうか。どうでもよいが、上の文をみると、
Other day, Anne received a letter from M78 galaxy. According to it, Ultra Seven returned there uneventfully. The news made Anne happy.
などということを連想してしまう。この英文が適切かどうかは別として、内容としては実にどうでもよいことである。
by xabon | 2007-08-17 08:23 | 英語