人気ブログランキング |

語学に関する素朴な疑問など
by xabon
カテゴリ
全体
英語
フランス語
スペイン語
日本語
ドイツ語
韓国語
その他の国の言葉
綴り
発音
文法
その他
未分類
最新のトラックバック
フランス語ノート 13
from Blog サイトぅ
スペインファッション用語辞典
from 地中海の街から バルセロナ/..
親になる瞬間から『モンス..
from 魚眼(ぎょがん)しんぶん
マルキンバイオ、サラリー..
from お酢大好きブログ@酢の情報バ..
旅行に忘れてはいけない持ち物
from 国内旅行・海外旅行の豆知識
TOEIC900最短コー..
from TOEIC900最短コース『..
めざせリスニング満点!
from スーパーエルマーでTOEIC..
これで駄目なら英語は諦めろ
from 脳みそ筋肉男が、たった2ヶ月..
闘牛はすごいよ。
from ストレッチ 柔軟
めざせリスニング満点!
from スーパーエルマーでTOEIC..
以前の記事
2015年 05月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
メモ帳
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


2007年 09月 06日 ( 1 )

英作文 仮定法篇

前にやった作文も多いが、復習ということで。

彼は、弁護士を呼ぶように要求した

He demanded that his lawyer be called.

demand that … で、「…することを要求する」の場合には、...の部分は仮定法現在で、動詞は原型が用いられるということだ。
The doctor demanded that the yokozuna return to his mother country.
このような、that節をとった場合に、仮定法現在を用いる動詞として、以下のようなものがあげられている。
advise, agree, arrange, ask, command, decide, demand, desire, determine, insist, move, order, propose, recommend request, require, suggest, urge
仮定法現在が使われるのはUSAの用法で、UKでは should+動詞の形を用いるのが普通であるようだ。これらの動詞に続くthat節のなかでいわれていることはあくまでも「助言」だったり「提案」だったり「要求」だったりで、実際にそうであるかどうかはわからない。こういう場合に仮定法が使われるわけで、フランス語であれば「接続法」を用いるところだろう。
hopeは、that節には仮定法を取らず直説法をとるようだ。I hope that the baseball team will win. hope以下に述べられることは現実にそうである(そうなる)可能性が大きいと考えられているからかな? insistやsuggestは、that節に「仮定(接続)法」を用いる場合と直説法を用いる場合があるそうである。

もし水がなければ木は緑ではないだろう

If there were no water, trees would not be green.

1年中クリスマスだったらなあ

I wish it were Christmas all the time.

赤と黄色を混ぜるとオレンジ色が得られる

If you mix red and yellow, you get orange.

もし行ってくださるのであれば、必要なものは何でも差し上げます

If you will go, I will give you everything you need.

これはどういうシチュエーションですかね? 「おや、どうしました?」「魔物が来て、姫を連れ去っていってしまいました」「では私が姫を連れ戻しにいきましょう」「行ってくださるのですか? もし行ってくださるのであれば、必要なものは何でも差し上げます、どうか姫を連れ戻してください」てな場面を連想するなあ。
「...するつもりがあるのなら」という、意思を含むニュアンスは if (誰々)will …で表される。
「謝るんなら許してやるぞ」というのは、If you will apologize, I will forgive you. でいいでしょうか。

もし宝くじが当たったら、仕事をやめますか?

If you won the lottery, would you quit your job?

宝くじには、普通は当たらない、というのが前提で、「宝くじに当たったら」は、直説法ではなく仮定法が用いられる。
If I win the lottery, I will quit my job. というと、取らぬ狸の皮算用的な感じが出るのだろうか?
しかし、宝くじに当たる、といっても、3億円くらい当たらないと、仕事を辞めちゃうわけにもいかんだろうなあ。3億円当たらないかなあ。

もし今仕事中でなければ、君とマイアミビーチに行くのだが

If I weren't at work now, I would go to Miami Beach with you.

インターネットが突然機能しなくなったら、惨憺たる結果になるかもしれない

If the Internet were to suddenly stop functioning suddenly, the result could be catastrophic.

万一あなたの小切手が不渡りになったら、あなたは10ドルの手数料を取られる

If your check should bounced, you will be charged a $ 10 fee.

「万一」は should を用いて表現されるそうだ。
「万一大地震が起きた場合、システムは緊急停止する」
If a severe earthquake should occur, the system will be shut down urgently. などという例でいいかな。
これは、「もし...だったら~するのだが(実際には...しないので~することはない)」というのとは違って、「非常に可能性は低いがもし実際に...したら~することになる」ということなので、wouldじゃなくてwillが使われるということであろう。絶対起こらないことにはこのような If ... should ..., ... will ... .の形は使われないそうである。

それが作り話ならなあ。

If only it were just a story!

「総理、支持率ががた落ちです」
If only it were just a story! 
などと使うのであろう。支持率ががた落ち、というのを英語でどういえばいいのかはよくわからん。

もうそのことに何らかの手が打たれてもいい頃だ

It is time something was done about it.

手の打ちようもないのかもしれん。こう次々とぼろが出てきては。
「もう...してもいいころだ」は It is (high) time +(仮定法過去)の形で表すそうである。
「もう独り立ちしてもいいころだ」
It is time you became independent from your parents. といえば通じるかなあ。日本にはパラサイトシングルとかいって、実家に住み続ける若者が多くなっているようだが、英国ではある年齢をすぎると親から独り立ちしないといけない、というような社会的圧力が強く、家を出ざるを得なくなり、ホームレス暮らしをしている若者が少なからずいるとかいう話である。日本もゆがんだ国だと思うが、違う意味で英国もゆがんでいる。もちろん米国もゆがんだ国だと思う。

彼女は彼に以前会ったことがあるような気がした

See felt as if she had seen him before.

これは「実際には会ったことがないのに、会ったことがあるような気がした」ということだろうな。私などはあれもこれもうろ覚えで、人の顔もさっぱり覚えられないので、「会ったことがあるような気がするけれども、気のせいなのか本当に会ったことがある人なのかよくわからない」ということもしばしばである。そういう場合には英語ではどう表現するのだ?
人に会ったかどうかだけでなく、「なんだかこういうことが前にもあったような気がするなあ」ということはしょっちゅうである。déjà vuですね。デジャビュはフランス語だと思うが、英語でも既視感」はdéjà vuで通じるんですかね?
「彼はまるで幽霊を見たかのようにみえた」
He looked as if he had seen a ghost.
「彼は夢でもみているようにみえる」
He looked as if he had a dream.
と、その出来事が現在であれ過去のことであれ、その時点において「…しているように見える」ならas if +仮定法過去、その時点において「それ以前に...していたように見える」ならas if + 仮定法過去完了を用いるわけである。

もし私が君だったら、そんなことはしないね

If I were you, I would not do that.

「もし私が君だったら、総理大臣は辞めるね」
If I were you, I would resign the prime minister.
「もし私が君だったら、彼には辞めてもらっていただろうね」
If I were you, I would have compel him to resign.
「もし私が君だったら、サッカーはしなかったね」
If I were you, I would not have done soccer.
などといえばいいようである。しかし、「しなかったね」と、事後にいわれてもあまり役にはたちませんな。「私なら...しないね」というのなら助言として役に立つ可能性はあるけれど。結果みてからなら何でもいえるのである。
by xabon | 2007-09-06 22:25 | 英語